石垣の赤沢

September 15 [Fri], 2017, 3:04
それほど経済的に余裕はないけれど、そこそこのかにをそこそこの値段で買えたらうれしいですよね。

かにをいつでもどこでも注文して食べられるようになりたい。

そんな夢をかなえるにはかにを通信販売で買うのがいいと聞いたことがあり、試してみました。かにを産地直送でお取り寄せできる通販は、何故こんなにおススメ度が高いかというと、家の近くのスーパーで売っている引取り手のない冷凍庫のかにの惨状を見るにつけ、贈り物にも出来るような鮮度のいいかにの数々が、いつでも購入できるのはうれしい限りですね。更に価格が安いのが特徴でたいていのかになら、通販のほうが安いものが多いと言うのですからますますびっくりですね。オプションで珍しいかにが出回ることもあるそうなので、たまにチェックしてみるのも楽しいですね。自分の周りでも、かに通販でかにを買うのがおすすめと自然に思っています。


少し前には考えられなかったことですが、最近のネット通販の普及はものすごく、自分が選んだ産地から、好きな種類のかにを宅配便で手に入れられるようになったためです。最近は通販でも、生のかにを扱うことが増えているので、家族からかにのリクエストがあったときはわざわざお店に行くこともなくなりかに通販で決まり、と思っています。


かにのシーズンになれば、どうしてもかにを食べたくなりますね。

北海道など、かにの産地から直接買える通販のサイトを一手間かけて調べてください。かにはどこで買っても同じだと思う方もいらっしゃるでしょうが、産地直送も、ネット上なら難しくはありません。
訳あり品など、送料を払ってもまだお得なかにが結構見つかります。


おいしいかにを食べたい方、たくさん買いたい方は、産地からインターネットで購入するのがお財布もお腹も満足できます。


かにの食べ放題は、結構よく見かけます。


その味はどうかというとどうも、ひとくくりにはできないようです。地域差は大きいでしょうし、同じ地域でも店による差はあるでしょうが、多くの話を総合すると、専門店で食べ放題を行っている場合、おいしいといわれるところが多いようです。かにを専門にしていないお店だと専門店の味を越えることはないといわれても仕方ないでしょう。


専門店で食べ放題があるところは多くありませんが、本当においしいので、行ってみて損はありません。



秋も終わりに近づくとかにの味を思い出すことでしょう。
まして、寒い時期に食べるかに鍋はみんな納得のおいしさです。


鍋を食べたいとき、もうひとがんばりできれば、かにをスーパーなどで買うと少々もったいないので、早起きして、市場へ買いに行くとよりとれたてに近いかにを入手できるでしょう。通販をまめにチェックして、かにを買うのもおいしい鍋への近道です。蟹にも色々ありますが、渡り蟹という種類は聞いたことがありますか?正式名をガザミという、内湾に生息する大型の蟹で、かつては東京湾でも獲れたそうです。

現在では有明海や瀬戸内海といった浅海に生息します。近年、国産品は貴重になってきています。
六角形の横長の甲羅を持つ、比較的大きなサイズの蟹であり、特にメスの卵巣が格段の美味として知られ、また蟹ミソや身の肉も美味しいので、日本各地で食用として重んじられてきました。調理法としては、塩茹でや蒸し蟹などにする方が多いようですが、パスタや味噌汁など様々な料理に活かせる万能の蟹といえます。
かにを通販で買うときの注意点は、思わぬところにあります。安く大量に買うと、危険なことがあるのです。おいしそうな毛蟹がたくさん手に入り、全部ゆでて、彼女と二人で食べ尽くそうとしていると身体が冷えてくるのがわかりました。
でも、おいしくて食べるのをやめられません。

しまいには歯の根が合わないくらい震えてしまいました。

皆さん、おいしいかにがたくさん手に入っても、かにの食べ過ぎ、特にビールを飲みながら食べるのは危険です。

どうか、おいしいものは少しずつ食べてくださいね。
料理に蟹を使うとき、蟹の保存状態に合わせた注意点があります。

その注意点のうち特に大切なことと言えば、冷凍蟹をいかにして解凍するかという点です。大概の方は早く解凍してしまいたいからと水に蟹を浸からせた状態にしてしまいます。もしそのようにしてしまうと、蟹の良さである旨味が消えてしまうため冷蔵庫に入れたままゆっくりと解凍しましょう。
数年前では考えられなかったくらい、かに通販の量と質は他の通販食品同様の充実ぶりです。

通販初心者が調べようとすると、実際に見ないで選ぶのは難しく、嬉しい悲鳴をあげるかもしれません。今は通販の人気ランキングも充実していますので、いくつかのぞいてみてください。



初心者でも後悔しない、値段と味のバランスが獲れた品は多くの人気ランキングで、確実に上位に選ばれているでしょう。ここでご紹介したいのが、モズクガニの話です。

意外にも、高級食材の上海ガニとはかなり近い親戚に当たります。



背中の細かいまだら模様は、ヒョウ柄にも見えます。
甲幅8センチ程度と、食用がにの中でも小さい方です。
また、重さは170グラムから180グラムの個体が多いと考えてください。

雄より雌の方が大きいのも特長です。


出汁用や丸ごと食べるために、日本の各地で地味に利用されてきました。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:瞬
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる