引き寄せられるオーディオ 買取

January 06 [Thu], 2011, 12:23
どっちがいいのでしょう??
好みでは後のほうなんですが。。。
基本的には 前者が正解の接続方法だと思います
コンセントの接続を逆にしたからといって 故障の原因になるという話は 今のところ聞いた事はありません
これが プレーヤー側のDACを利用していて アンプとプレーヤーをアナログコードで接続しているのならばコードで音質の調整も可能でしょうけど、現時点では 好きな音を奏でる接続をするのが良いと思います。
また、低音域が強い(強過ぎる)コンセントの接続方法でも 先に質問されていたインシュレーターで調整は可能です。
一般的に「ゴム材質」のインシュレーターは低音域を和らげ音全体を誇張(?)し、「金属材質」のインシュレーターは低音域をスッキリさせ音全体をスマートに聞かせる、と言われています(一概には言えないと感じますが‥)
そのあたりは ご自身の『予算』等と 御相談のうえ いろいろ試すのが良いと思います。
と言っても、ピュアオーディオに近い構成ですが(^^;;
もう15年以上まえに、自分の耳と、音を聞けないものに関してはカタログを比較して少しずつ集めたかなりマニアックな構成になっています。
まず、アンプはパナソニックMA−10というデジタルアンプ。
これと、DVDを同軸デジタルでつないで、アナログは、marantzのプリアンプSC−23(ボリュウムとセレクターしかないのでパッシブコントローラに近い)で、アンプのパワーに直接入力して使っています。
スピーカーは、アコースティクラボのボレログランデに、YAMAHAのスーパーウーハーAST−SW100で、低音を補って聞いています。
音的にとても満足できる構成になったので変えていません、と言うよりお金が尽きた(^^;
私もそうです。今は、パソコンの音を良くしよう計画を遂行中です。
私も いつかは 「PC」の音質向上に"力"を入れなくてはならないとは感じていますが‥ でも 古い人間なのでせうか、イマイチ『PCとオーディオ』の融合に腰が退けているのが実情です。
私の生きている内に「レコード屋」が無くなり、全ての音源が「ダウンロード」になってしまう日が訪れてしまうのか‥? チョット不安ですね
 すべての音源がダウンロードとはならないと思います。
CDのジャッケトを工夫したり、特典付けたり、CDにしか入っていない曲があったりレコード会社もいろいろやっているので大丈夫だと思います(^^
 PCのほうは、安くて音がいい物を探すと事で自分の耳や、感を鍛える意味もあります。
いい音=値段が高い、という呪縛を断ち切らないといけないと考えてまして(^^
 コンセントの極性調べるのに検電ドライバーというのがあります。値段は500円ぐらいかな?
ドライバーの先をコンセントの片方に差し込むとアースではないほう(ホット)の時にネオン管が光るという物です。
 トールボーイ型にインシュレーター三点敷ですが、僕もトールボーイ型のスピーカー持っていますが、一番の問題は三点にすると倒れやすいので、四点にした方がいいと思います。
音を変えるのが目的なのであれば、インシュレーターの形状、材質を工夫してみた方がいいのでは?
 「単純にいい音が好き」これを言えるということが大事なんですよ。
オーディオ 査定にのめりこんでいく危険は、どこどこのメーカーのこれだけ高い物だからいい音なんだと、思いこんでしまうことなんです。
偏見なく「ああ、これいい音だねー」と言えることがオーディオの神髄だと僕は常々考えています。



無料でオーディオ査定します。買取も。
http://audio.kaitori8.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lo50de47
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lo50de47/index1_0.rdf