ササキリが祐(ゆう)

February 08 [Thu], 2018, 18:38
看護師の働き先といえば、病院と考えるのがオーソドックスでしょう。
でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院以外にも多々あります。
保健所で保健師と協力し、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の仕事です。
それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、医療行為は看護師が行うことが多いです。
それに、結婚する際に転職を検討する看護師も少なくありません。
配偶者とすれ違いが起きて離婚してしまうよりは、転職を選択した方がいいでしょう。
今後、子育てを頑張るつもりならば、結婚を機に自由時間を多くとれる職場に転職するのが楽ですね。
イライラが多くなりがちだと妊娠しにくくなりやすいので、注意しましょう。
看護職の人がジョブチェンジする時に困ってしまうのが志望理由です。
何故、次の勤務場所としてそこを望んでいるのかを肯定的な雰囲気で表明するのは容易ではありません。
高収入、休暇が多いといった労働条件のメリットを出すよりは、ナースとしてスキルアップしたいといった、前向きな理由付けの方が好まれ、採用に結びつきやすいと思います。
看護師の転職の技としては、次の仕事を決めてからやめるのが良いですね。
それに、3ヶ月ぐらいは使って細心の注意を払って新たな職場を探しましょう。
先走って次の仕事へ行くと、再びやめることになる場合もあるので、自分の希望する条件に適した仕事を念入りにチェックしましょう。
以上から、自らの希望の条件を明確にしておきましょう。
看護師の資格を取るための国家試験は、年に1度催されます。
看護師不足が問題となっているわが国にとっては良いことに、直近数年の看護師資格の合格率は90%前後とかなり高い水準を保っています。
看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格できる国家試験です。
他の職業と同様に、看護師の場合も何回も転職をしていると印象が悪くなるかというと、確実にそうであるとは限りません。
自己PRの方法を工夫すれば、意欲と経験があるといったイメージを与えられるかもしれません。
とは言っても、勤務の年数がほんの少しであると、採用したとしても少ししたらまたやめてしまうのではないかと思われる場合も少なくないでしょう。
ナースが仕事を変える時のステップとしては、最初に希望する給与や労働時間、保険、休暇等の条件を言語化できるようにしておきたいものです。
泊まりでの勤務は荷が重い、休暇はしっかりとりたい、できればお看取りの場は避けたい等、リクエストには個性があります。
今の日本ではナースの手が足りない職場はたくさんありますので、不満がたまるような勤め先で頑張り続けることはありません。
修学旅行やツアーなどについていって、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。
結婚して子持ちの人は土日に休むことができたり、夜勤がない職場を希望しているものです。
病院以外の場所で働くのであれば、そこで求められる専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。
看護師のための転職サイトの中に、お祝い金を受け取れるサイトがあります。
転職をしてお金を受け取ることができるのは嬉しい気持ちになりますよね。
けれども、祝い金を出してもらうためには条件がほとんどの場合にありますから、事前にしっかりと確認しておくようにするのが良いでしょう。
それから、お祝い金のないところの方がその他のサービスが充実している場合もあります。
もし、看護専門職の人が違う仕事場に移るなら、オンラインの求人マッチングサイトを使うのもお勧めです。
ナース向けの仕事紹介は、職安や求人雑誌には紹介されないことが数多くあります。
しかし、看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスであれば、クローズド案件の就職情報を流してくれる以外にも、求人元を「気風」という点からも検討できます。
言いにくい待遇などの条件のすり合わせを任せられることもあるようです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kaede
読者になる
2018年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる