インプラントならば他の人工歯とく

January 16 [Mon], 2017, 19:20
インプラントならば、他の人工歯とくらべても噛んだときに安定しており、どんなガムでも安定した噛み心地なのはまた嬉しいですね。自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。


骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯は一緒に、ガムを噛んだくらいではびくともしな幾らいに丈夫に作られていることはいうまでもありません。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。



欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。ですから、見た目を考えればどちらかというとインプラントが高い評価を得るでしょう。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというデメリットも承知してちょうだい。完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント。ですが、便利な反面、難点もあるという事に気を付けてちょうだい。最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるりゆうではないことです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてちょうだい。
インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。
腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするかも知れません。
これはインプラント治療が最適、とされるのは周辺の歯に関係なく治療したいなどの願望があるケースです。例えば、ブリッジ治療をするためにはブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯だけを根元から再生する治療になります。両隣の歯は健常なので、削りたくないという事情のケースなら、やはりインプラント適用が一番でしょう。もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうかしることが大事です。

特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらの病気を完全に治すのは必須です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療にまあまあの危険が伴います。


最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療不可と決めつけることはできないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医でないとできないなら、国外までも捜しにいくということも考えていきましょう。



インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。
困難な条件に負けず、一生使える歯をもとめるなら可能性を追求して、可能な限りの情報を集めるしかありません。



インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになっ立ときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその都度、費用がかかります。



多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うのが一般的です。この定期検診に必要なお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず約三千円とみれば良いでしょう。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどんな歯科医にかかるかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第で相当な差があると考えるべきでしょう。この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だということを理解してちょうだい。
とにかく入念に、歯科医選びをすることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。数々のインプラント治療の問題点について、きいたことがあると思います。


その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をし立とき金属部分が反応してしまうという説があったのではないでしょうか。
それは気にしないでちょうだい。

確かに、MRI検査では磁気を使うので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属といっても磁気には反応せず、検査で問題になることはまずありません。

インプラント治療にかかる費用を合計すると普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてちょうだい。地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに費用の差になってきますので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療に取りかかることをすすめます。

歯科医院決定に大事なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。
費用が高額なので、多くは一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前はしなかった口臭がするようになっ立ということも一部で見られます。
義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。これには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、詰まった食べカスが磨聞きれずに残ってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているという可能性もあるのです。ひょっとして、と思ったら、早期に診察して貰うことが大切です。

誰でもインプラント治療ができるりゆうではないのです。その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。
保険適用のケースはほとんどなく、当然のようにすべて自由診療になってしまうので何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差はまあまああるでしょうし、自由診療のため、歯科医院によっても思いの外費用は違ってきます。そして、定期検診にも費用がかかってくるといったことも他の歯科治療と異なります。
歯科治療はすべて同じですが、インプラント治療は治療が終われば後はほっておいて良いりゆうはなく、セルフケアを怠ってはなりません。

食後の丁寧な歯みがきによる完璧なプラークコントロールが必要で、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導して貰うことが、インプラント維持のために必要です。インプラント自体は人工歯ですが、ケアが行き届かなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば上から冠のような形のクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。



根元から歯を抜い立ときの選択としては、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他になくなった歯根のかわりに、人工歯根を埋め込む方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)であるインプラントを用いた治療になります。一般的にはインプラント埋入手術を日帰りでおこないます。



使われるのは部分麻酔で、入院して手術することはまれです。糖尿病や心疾患(後天的な要因が元になる場合もありますが、先天的に持病があったり、遺伝によって発症する可能性が高くなることもあるでしょう)などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。


腸骨など自家骨の移植手術であれば入院して手術するケースも実際にあります。
自分が当てはまるという方は、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ワカナ
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる