ドランゴが岩野

May 25 [Wed], 2016, 4:38
赤ちゃんを授かって病院が行う栄養指導や、母親学級で説明を受けた方も多いと思います。実際には、こうした機会に葉酸の多い食品を知ったという方も多いですよね。一般的に、葉酸を多く含む代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。葉酸は加熱すると溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、十分な葉酸摂取を心がけてください。
一般的に、妊娠中は当然のこととして、妊娠を計画している段階から、積極的な摂取が求められる葉酸ですが、普段通りの生活を送っていると、十分な摂取が出来なかった、という事も良くあると思います。こうした摂取不足に関する悩みは多くの方が抱えていますが、簡単な解決方法があります。それがサプリメントなんです。普段の食生活を気にかけることなく、簡単に葉酸を摂れますので、忙しくて食事がちゃんと摂れなかった、なんていう場合も安心できますよね。
大学の友達と久しぶりに集まったのですが、その時に葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。一番良いのはどこだろうという話になって、その友達はベルタが販売している葉酸サプリが良いんじゃないかと考えているようでした。友達はいつから飲むものなのか迷っていたのですが、私が葉酸は妊娠前からちゃんと摂った方が良いとテレビで見たことがありましたから、彼女に伝えました。友達が妊活を頑張っている事を知っているので、絶対に報われて欲しいと思うし、元気な赤ちゃんの顔を見せてほしいなって思っているんです。
妊活中は、ホルモンバランスを正常に整えることにも気を配る必要があります。ホルモンバランスを整えるには、ストレスを解消したり規則正しい生活を送ったり、軽い運動を行うなど様々な方法があります。その中でもヨガは、お勧めしたい運動の一つです。ヨガによって血行が良くなると、崩れた自律神経のバランスを治しますのですなわちホルモンバランスも正常に整っていく、ということです。パソコンやスマートフォンでも動画が見れますから、ヨガ教室などに通わなくとも、ご自身の都合に合わせていつでも始められます。少し息が上がる程度に体に負担をかける事で、新陳代謝を良くし、体をほぐすことに繋がります。こうした運動は崩れがちな身体と心のバランスをキープしてくれますから、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だと言えるでしょう。
一般的に、「冷え」は不妊症の一因と考えられています。体温低下で血行不順になると食事から摂る栄養素が体に有効に行き渡らず、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。最近、冷え性の緩和にお灸が脚光を浴びています。お灸は緊張をほぐして血行を良くして自然な代謝を促進し、ストレスを和らげる効果もあります。ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。
葉酸が多く含まれている野菜についてですが、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜の野菜です。妊娠が発覚してから、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。葉酸の摂取で、胎児の正常な発達に働きかけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があるらしいのです。毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。納豆や貝類を食べるのをお勧めします。葉酸は様々な食品に含まれていますから、自分に合ったものから補給するようにしましょう。
葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが必須です。では、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が無くても良いのでしょうか。妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そのような事はありません。葉酸の持つ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が注意が必要な期間ですので、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している訳であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。
妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、どれだけ大切な栄養素だからといって、適切な摂取が必要です。特にサプリで葉酸摂取をしている方にお伝えしたいのですが、サプリによる葉酸の体内吸収率が非常に高く、食事で摂れる葉酸よりも、ずっと多い葉酸が含まれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりですよね。ですから、過剰摂取に陥らないよう、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてください。葉酸の過剰摂取によって、胃腸がダメージを受けるため、食欲不振や吐き気などの副作用が出ることがありますから、注意してください。他には、胎児が喘息を発症するといった報告があります。
妊活中の方に、ぜひ読んでいただきたいのですが、妊活中には亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。亜鉛が卵巣に働きかけ、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。また、亜鉛の効果は女性に限らず、男性側も、亜鉛を摂取することで、妊娠に高い効果があることが分かっています。精子の量を増やし、質の高い精子の生成を助けてくれるんですね。妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事を始めてみてください。
なかなか妊娠できないという人は、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見れば体の状態というのがよく分かり、妊娠につながる対策を講じることもできるのです。基礎体温表を作るには、変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといった決まりがあるので、それを守ってつけていくことが大切ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ココロ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lnnhmaveaetwie/index1_0.rdf