奥津がドウガネブイブイ

February 14 [Tue], 2017, 0:38
お肌が荒れているときのお手入れのやり方のポイントは、洗顔・保湿の二つです。洗顔についての注意ポイントですが、とにかく肌をこすらないことに気をつけるようにして顔の汚れを落としてください。
顔をしっかりと水でぬらしてから、できるだけしっかりと泡を起こした洗顔料をのせて、泡を利用して洗うようにします。洗顔料が残留しないように、きちんとすすぐことも大切です。きちんとメイクも良いけれど大事なのはやっぱりそもそもが美しい肌そう私は考えます。

ちょくちょく肌のお手入れを第一に行い天然のお肌をよみがえらせいつかありのままの素顔でも人前に出られるほどの自信を持てることを望みます。スキンケア、正しい順番で使っていますか?きちんとした使い方をしないと、効果をほとんど得ることができなくなります。洗顔をしてから、真っ先につけなくてはいけないのは化粧水で肌の補水を行います。スキンケアの際に美容液を使うタイミングは化粧水の後です。
その後は乳液、クリームの順番でつけていきましょう。


肌の水分を補ってから油分の多いものを最後に持ってきて、肌にフタをするのです。


通常、基礎化粧品はどこでも使用されていると思うのですが、同じく使うのであればエイジングケアの化粧品を使ったほうが良いと考え、最近、基礎化粧品を変更してみることにしました。


やはり自分の年齢にあっている商品のようで、使うと肌のツヤ、ハリが明らかに変わり化粧のノリまでもが違い、こんなことなら早くに使用を始めるんだったと少し後悔しています。私の母が顔を朝洗う場合、石鹸や洗顔フォームといったものを使いません。

母が洗顔するときに用いるのは水だけです。



母によると、石鹸や洗顔フォームで顔を洗うと、貴重な皮脂が全部落ちてしまってお肌のためによくないから水だけの方がいいと、石鹸いらない説をよく私に語ってくれます。
そんな母は65歳にもかかわらずすべすべしています。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リンネ
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる