ミソサザイで乾

August 20 [Sun], 2017, 17:40
くも膜下出血(SAH)とは90%近くが脳動脈りゅうと呼ばれる血管にできる不要な瘤(コブ)が裂ける事によって罹患する死亡率の高い病気だと認識されています。
年々患者数が増加しているうつ病では脳の中で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足し、不眠、気分の落ち込み、強い倦怠感、疲労感、食欲低下、体重の減少、強い焦燥感、顕著な意欲の低下、希死念慮、自殺企図などの辛い症状が出現するのです。
常在細菌であるブドウ球菌(葡萄球菌、staphylococcus)は紫色に染色されるグラム陽性球菌で、毒素が強烈な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と毒素が軽微なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種類に分けることができます。
陰金田虫とは、医学的には股部白癬(こぶはくせん)という病名を持ち、白癬菌が陰嚢や股部、お尻などの部位に何らかの理由で感染し、寄生してしまった病気のことであり水虫のことなのです。
AEDとは医療資格を保有しない人にも取り扱える医療機器で、AED本体からの音声ガイダンスの通りに扱うことで、心臓が細かく震える心室細動の応急処置の効き目を可能にします。
骨を折って多量に出血した際は、急に血圧が下がって眩暈やふらつき、冷や汗、嘔吐感、失神などの不快な脳貧血が見られるケースもよくあります。
「肝機能の減衰」は、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP等の値によって診れますが、ここ最近では肝機能が衰退している人の数が明らかに増えていると言われています。
脂漏性皮膚炎というのは皮脂分泌の異常によって出現する湿疹で、皮脂の分泌が異常をきたす因子としてステロイドホルモンの一種である生殖ホルモンのバランスの乱れ、リボフラビンなどビタミンB複合体の不足などが挙げられます。
下腹部の強い痛みを主訴とした病気の代表格として、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、尿管などに石ができる尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍ができる潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、卵管の病気など、色々な部位の病気がみられるでしょう。
ジェネリックという医薬品とは新薬の特許切れの後に販売される、新薬と変わらない成分で経済的な自己負担が小さい(薬の代金が高価ではない)後発医薬品のことを指しています。
外から眺めただけでは骨折しているのかどうか判別できない場合は、疑わしい部分にある骨を優しく触ってみて、もしその箇所に激しい痛みが響けば骨折の可能性があります。
急性中耳炎は、最もよくある中耳炎で幼い子どもによくみられる病気です。強烈な耳の痛みや38℃以上の発熱、ひどい鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(耳垂れ)などの耳の症状が現れるのです。
最大の内臓である肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが蓄積した脂肪肝(steatosis hepatis)は、動脈硬化や肝硬変を始めとするいろんな疾患の合併症を誘引する可能性があることをご存知でしょうか。
内臓脂肪症候群であるとは診断されていなかったとしても、内臓に脂肪が多く付く型の悪質な肥満症が存在するということで、重い生活習慣病を招く可能性が高まります。
めまいは診られないのに、長く続く耳鳴りと難聴の2つの症状を複数回発症するタイプの事を「蝸牛(かぎゅう)型メニエール(メヌエル)病」と診断するような場合が多いそうです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Tatsunosuke
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる