マトーヤだけどトオリアメ

January 02 [Mon], 2017, 19:28
技術の進歩した今では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。
上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどといったトラブルの事例もあるようです。
こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに起因することが多いといえます。
技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗をゼロにすることはできません。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものに関わる失敗、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題が起きる可能性もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はともかく慎重に決めてください。
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが多くの意見です。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによってかなり長い間保たせることができますが、ケアが十分でなければインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。
入れ歯では噛んだ感じがしない方や、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラントは最適です。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。
どうしても外見や噛み心地を求められるなら、何といってもインプラントです。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。
これは、人工物を埋め込んで周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが圧倒的に多いです。
しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることに努めましょう。
利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。
その点は、担当医の技量に加え、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、誰にでも当てはまることではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。
鎮痛剤を飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みの治まる気配がないときは、直ちに歯科で診てもらってください。
歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
なぜ適用されないかというと、インプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて時間も手間もかかるからです。
土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、時間に見合った医療費がかかります。
これを保険適用にしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。
骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。
ろくに歯磨きもしないでいると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。
加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、それだけインプラントの使用可能年数も左右されてしまうのです。
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
今では、どこで手術を受けても痛くて我慢できないことはまずありません。
切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みを感じることもあります。
痛みに備えて、頓服薬を処方されるので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、いろいろな検査を実施し、その結果を見て初めて治療開始となるので安心して治療を受けることができます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによって安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルト
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/lnarf4taoee3mt/index1_0.rdf