宇野で守谷

April 03 [Mon], 2017, 21:05
異業種に職業を転じるのは骨が折れるイメージが強いですが、事実はどうなのでしょうか?結論としていえるのは異業種への転職は難しいです。経験者と未経験者の2人から選ぶ場合、採用担当者は経験者を優先的に採用する可能性が高いです。

ただ、どう考えても無理だというわけではないため、尽力によっては転職ができることもあると思われます。


長時間労働が原因でやめた時は「生産性に重きを置いたしごとを願望したい」、やりがいのないしごとと思っている場合は「新しいしごとにチャレンジすることで、自分を成長指せたい」という表現にすれば問題はないでしょう。

たとえ転職理由がネガティブなものも言い方によっては、肯定的なものになります。



履歴書を書くときに注意しないといけないのは、150文字から200文字で書くのが理想です。転職する動機は経歴書での選考や面接での場で非常に大事です。
相手をうならせる原因でないとしたら点数が悪くなります。
ところが、なぜ職を変わったのか尋ねられても上手く伝えられない人も決して少数派ではないはずです。多くの人が履歴書を書く際や面接の場でどうして職を変わったのか理由を伝えるのに困難を感じます。

転職を思い立ってから、しごとをじっくり探すには、時間が必要になります。



今のしごとをつづけつつ、次のしごとを探すには、転職のために費やせる時間はあまり取れないでしょう。そこで、ぜひ活用したいのが転職サイトの利用です。転職サイトに会員登録をおこなうことにより、登録会員と共にキャリアコンサルタントと呼ばれるサポートスタッフも協力して転職先を探してくれるのです。
転職を考えた場合、まず、極めて身近な存在である家族に相談をなさる方がほとんどだと思います。所帯を持っている方なら、ご家族に相談をしないで転職をしてしまうことは避けるほうが賢明ですからね。家族に無断で転職すると、このことが原因で離婚になることもあります。


どのような転職する理由が似つかわしいかというと、初めに、本当に転職する気になった理由を書き出してください。正直に話すわけではないため、自分に正直に、ノートに記入しましょう。



次に、それをポジティブな印象になるように表現方法を工夫してください。

転職理由に関することばかりだと潔くないので、長くなりすぎないようにされて下さい。

労働時間が長いという理由で退職した場合は「生産性を重視するしごとをしたい」、しごとにやりがいがなくてやめたときは「新しい環境でさらなる成長をしたい」と表現を変えると印象的に悪くないです。ネガティブな転職の訳も表現次第でポジティブなものとなります。履歴書に書くのには、150文字から200文字ほどがぴったりよいです。

転職したいときに有利になれる資格といえば、社会保険労務士、公認会計士といったところが有名どころでしょう。これまで積み重ねてきた経験を生かした転職を考えている方にもおすすめできる資格なのです。社会保険労務士という資格があれば、総務、人事関連のしごとに就職しやすくなりますし、公認会計士の資格を得ていれば財務関係のしごとに就職しやすくなります。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ラン
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる