宅地建物取引主任者の重要性

May 19 [Mon], 2014, 15:54
でも勉強方法って本当に人それぞれですし、最初はしっかりテキスト読んで覚えてっていうのが効率的に思える人もいるんでしょうね。
そのためには自分の働く環境での有利な資格を目指していく事が大切なんです。
行政書士や司法書士として活躍する際にも宅建があるとさらに有利になりますし扱える事案も多くなるようです。もちろん不動産関係の仕事ではこの資格がかなり大活躍ですよね。
しっかり勉強すれば必ず合格できますし、早いうちから準備し始めて一発合格目指したいですよね。
勉強ってやっぱりキライと言うか苦手です。
なんだか資格をとるために頑張っているような(笑)
不動産や法律関連でいったらやはり宅地建物取引主任者をとるべきだと思います。
これから法律系の資格をとろうとしている人にとってまず最初に挑戦してみようかなというきになる資格だと思います。
注目の資格としては宅地建物取引主任者がありますね。ちょっと難しそうな名前ですが不動産関連のお仕事にはかなり強い資格になります。
子供ができるまえまではバリバリ働いていた私。
勉強が苦手なので、ちょっと苦手意識あるんですけど子供が成長してからなにか仕事就けたらうれしいですし、自分にとっても自信になります。
でも、宅建って名前からしてもけっこう難しそうですよね。
負けず嫌いなのでこの一度の失敗がなぜかヤル気に火をつけるという不思議な結果になってしまったわけですが、ばっちり合格してスキルあっぷするぞー!
上司からはばかにされるし、今年こそはばっちり資格試験を突破して見返したいなと思っています。
国家資格の登竜門、宅建

宅地建物取引主任者ってすごそう

宅建とるとスキルアップ?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lmpiqbi3
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lmpiqbi3/index1_0.rdf