北京は来週の火曜日からインフルエンザワクチンの接種

July 09 [Wed], 2014, 20:45

から来週の火曜日から11月30日、北京を集中的にインフルエンザワクチンを接種する.老人の60歳以上の戸籍で私の身分証を無料接種.小中学校の学校の学生は学校の統一組織は、学生の親の同意を得るの下で、学生は学校の接種.市民が12320ホットライン電話または登録北京衛生情報網調査.



まで今年、市は7年連続で老人のために、学生が無料でインフルエンザのワクチン接種を受け、予備的研究によると、この措置にインフルエンザの高発の学校の学生のコントロールが流行性発熱2006年と比べると下がって90%以上.


モニタリングによると、最近北京インフルエンザ活動が低レベル状態.でも、現在インフルエンザH3N2型インフルエンザウイルスに活躍し、伝染性が強い、誘発して集団性伝染.北京市インフルエンザ流行の特徴は毎年10月から翌年3月はインフルエンザ季節.涼しい天候につれて、北京は次第にインフルエンザの高発季節.11月予想、インフルエンザは発病して急速に上昇期に入り、12月から来年1月インフルエンザピークを迎える.


は表明を研究して、1―15歳児童インフルエンザワクチンを接種する保護効力は77%−91%;60歳以上の高齢者インフルエンザワクチンの接種後、保護インフルエンザ関連の呼吸道の疾病の効力は58%、高齢者インフルエンザワクチンの接種が、減少27%−70%インフルエンザと肺炎の関連の入院,激安tシャツ,http://www.alsel.net/.


■保障


ワクチン低温流通体係パイロット全行程の監視


今年、ワクチンの確保品質、順義区試行ワクチンの全行程の低温流通体係の監視、すなわち出場から、運輸、ストレージ接種まで、各過程は低温保持.今年年末の前に、北京を選んで県で試験を行っ順義区パイロット70万元を投資して全行程で、全市のリアルタイム監視管理システムの試行低温流通体係を通じて、パソコンや携帯電話など、区CDCや接種単位がリアルタイム監視から全区33軒104台のワクチン接種単位低温流通体係設備内の温度や超温警報等の状況.ワクチンの接種が屋外に設置した電子ディスプレイは、リアルタイムで受け種者を見て接種の冷蔵状態.しかもこの設備は毎分記録温度に一度、いつでも記録を検証する.


■日本

なぜ

を毎年インフルエンザワクチンを接種する?


市疾病コントロールセンター:インフルエンザワクチンの接種後に体内で発生の保護性抗体、通常2週間以内には保護効果.抗体は人体の内に1年続け、その間にも有効抵御インフルエンザに襲われる.しかし、インフルエンザウイルス株をほぼ毎年が、対応のワクチンの調合指図書も変わるので、毎年接種が必要.


ワクチン接種後にはインフルエンザか,インフレータブル,http://www.mootor.net


市疾病コントロールセンター:研究報告の証明、70%―95 %のインフルエンザの接種者で二度とインフルエンザ保護.もしインフルエンザ季節の中で、ウイルス株を変えたワクチンを提供できない、あるいは有効に保護するが、この状況は滅多に起こる.季節性インフルエンザワクチンのみ有効、鳥インフルエンザ予防効果はない.

>
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/lmnop2303/index1_0.rdf