エッセイ 

February 23 [Sat], 2008, 2:11
エッセイはあまり堅苦しくなく、ふだんは慣れ慣れしい感じで読めて、でもたまに言う作者の一言がピリっと効いているのが面白い。

たとえば林真理子の言うことはいつもスルドい。たとえば「結婚を否定する女はバカだ。誰がなんと言おうとも」なんて今の社会では反感を買うようなことをきっぱりと言っていたり。
大島弓子は(マンガの方でだけど)、受験の失敗で自殺うんぬんとかって悩みつづける男の子を、猫の立場から見て「それは下劣な悩みだ」なんて言うところが、うーん!とかって思います。

大島弓子の「サバの夏が来た」と「サバの秋の夜長」っていうのはとてもオススメです。エッセイというか、マンガのエッセイです。
どちらも作者の飼っている愛猫「サバ」との日常を描いたエッセイのよーなかんじなんですが、変わってるのはそのサバが擬人化されて、人の姿で出てくるところ。だけど違和感もなくフフ、となんとなく暖かい気持ちで読めるのは、大島弓子の人柄というか才能がすごいのかなーって思います。
1日24時間生活ならぬ25時間生活をするので周りのペースト合わず、真夜中に起きて部屋の掃除をしたりする・・・ていう、普通とはちょっと違った感覚がおもしろい。ただテレビを見てるだけでも「私の前からソ連が消えたのよ」「あら私もよ」とか。普通の日常でもこんなに面白く書けるのはさすがだと思います。

さっきも書いたけど、林真理子のエッセイは図書館によく置いてあるのでよく読みます。ananの後ろに連載されているシリーズとかです。やっぱりお金持ちらしく買い物も信じられないような衝動買いをしたりして、読むと「スゲーな」って感じです。そのくせダイエットは幾度となく失敗していたり、とか、交友関係もタレントとか社長とかと華々しいわりに、イケメンやかわいい女の子に対して、おせっかいオバサン目線のように語ったりと、反感を買わないようにするキャラは元々なんだと思うけれど、とてもうまいと思います。(エラそーだ)

村上春樹のエッセイは食べ物の記述がおいしそうで好きです。ウインナ・シュニッツェル(だっけ?)とか、よくわかんないけどおいしそうな感じ。

島田しんすけの経営学に関する本は、読んでみたら意外に面白くなかった。テレビに出ているときはすごーく面白いと思うんだけど、文章に起こしてみるとわりと普通のことを言っているということなのだろーか?

あと昔は好きだったけど、作者が年を取るにつれて面白くなくなったエッセイとかってあると思います。やっぱり年を取ると凝り固まってくるというか、考えの偏りが激しくなるんでしょーか。自分と合わない人のエッセイを読んでいると、たまにムカついてしょーがなくなったりとかします。
うちの姉はそれでも「自分と合わない人の本をあえて読むのがいい」とか言って読んでいますが。

☆ハロウィン☆ 

February 15 [Fri], 2008, 6:11
HAPPY! HALLOWEEN!!

っという事でMAY's Garden Spa では10月27日28日の

2日間限定でスタッフ全員が仮装でお客様をお迎えいたします♪

六本木ヒルズでもハロウィンパレードや期間限定の特別メニューが各店舗で楽しめます!

サロンで初めての試みです!

楽しいおもてなしが出来る様にスタッフ一同、盛り上がっております☆☆☆

みなさん是非このレアな2日間にいらしてくださ〜い(^o^)/

ハーモニールーム 

February 07 [Thu], 2008, 19:44
さて、ベイ舞浜の部屋、ハーモニールームです。

部屋に入ったときの第一印象は
「プレジャールーム(サンルートの)みたいだな〜」
でした。

グリーンの部屋だったせいもあるとは思いますが、照明の
感じとかもそっくりに感じました。

ベイ舞浜はハーモニーがベイビュー・シンフォニーがパークビュー
が基本ですが、私は「東急ビュー」でした。(ーー゛)

円形なので仕方ないですが、「呼び方考えろよ!」と思いました。

ベッドの寝心地ですが、私はエクストラで寝たんでよくわかりません。^_^;

ここ3日ほどお留守でしたので・・・ 

January 29 [Tue], 2008, 20:07
11月3日(土)
●「ナショナルジオグラフィック」の雑誌を求めて本屋へ行って店員さんに尋ねたのですが、「当店ではそのようなものは扱っておりません」と言われる夢。
意味は不明

11月4日(日)

●死んだおばあちゃんが出てくる夢
「祖父母」
夢の中に出てくる祖父母は、あなたを影から見守り、正しい方向へと導いてくれる存在。なんらかのアドバイスやメッセージを運ぶ役割を持っている場合も多いので、彼らの発言や表情などにも注意しましょう。特に既に亡くなった祖父母が夢に出てくる時は、現実の問題を解決するヒントとなるようなことを教えてくれている場合が多いようです。祖父母の表情が穏やかになったりにこやかな場合は自分の決めた道は自信を持って進んでいくべきだと告げています。

11月5日(月)
●気がつくと電車の中にいる。ヴァイオリン教室に向かっているが、何故か間違えて一駅間違えて乗ってしまう。そして「今日はヴァイオリン休みなんだ!あたしはなんてバカなんだろう!」と情けなくてたまらない。電車の中では若い子にいちゃもんつけられるわ、超ロリータな感じの子がエプロン一枚で裸だったりするわ、訳分からない夢。
「電車」
電車は、他人と協力しあって、何らかの目標を達成させることを表します。ですから夢の中で同じ電車に乗り合わせた人は、あなたの協力者やパートナーだと考えられます。乗り合わせた相手が異性、特に好きな人や恋人である場合は恋愛が順調に進むしるし。相手と更に不快関係を築くことができるでしょう

 こんなところでしょうか。漠然とした夢だと分かりやすいけれど、エプロン一枚の少女、と頭のどこで考えられたのでしょう(笑)夢に出てくるその子にあたしはとても嫌悪感を持っていました。犯罪だろ!

水曜日 

January 15 [Tue], 2008, 16:39
今日は水曜日。10月最後の日なのであります。

明日からは11月。早いなぁ。
明日からちょっと体にいいことはじめなきゃー!

今日までラクしよー(* ̄∀ ̄)ノ

再開 

January 04 [Fri], 2008, 20:26
しよっかなって感じ。



とりあえず・・・



HappyBirthday to me〜
HappyBirthday to me〜
HappyBirthday Dear かみと(ちゅっか自分やね)
HappyBirthday to me〜



というわけで自分を祝うためのブログ再開カウントダウンでした。

雨にけむる高野山 

December 22 [Sat], 2007, 5:14
奈良県から上がる高野山は道が狭い。一車線しか無い道路が延々と続く、
その上、車の通行量が多くて対向車を避けるのに
ツァーバスの運転手はまさに腕の見せ所でした。

延々と登りに登ってもう山はないよと言うくらいの山頂に突然
高野山の町が開けた。驚きました。
どちらを見てもお寺さん。しかも巨木に囲まれた門構えの立派な建物の多いこと。
それだけでも霊場に来たという感じです。
50軒以上の宿坊が在るそうです。

泊りは宿坊です。
歴史を刻んだ堂々とした建築の宿坊で廊下も部屋も広い。
中は意外と近代的な部分も取り入れてあり、お手洗いは温水洗浄器
小用もセンサーで離れれば水が流れるし
お風呂も石造りの立派なものです。
宿坊ならではの体験 朝6時半のお努めにも参加しました。
超近代的なコンクリー造りの本殿、畳の間に正座して
立派な体格のお坊さんの大きな声のお経を聞きました。
奥の院は杉の巨木の中です。空気はおいしいし
身も心も洗われてすがすがしい。
高野山に行って良かった。

10月28日の天気 

December 13 [Thu], 2007, 0:03
2007年10月28日
(旧暦2007年9月18日)
天気:曇→晴

<松本市>
最低気温:  9.3℃(平年比+4.5℃)
最高気温: 19.7℃(平年比+2.7℃)
日照時間合計: 8.0時間
降水量合計:  0mm

<安曇野市穂高>
最低気温:  8.6℃(平年比+3.6℃)
最高気温: 18.7℃(平年比+2.4℃)
日照時間合計: 8.8時間
降水量合計:  0mm

みゅう が女神になった日 

December 06 [Thu], 2007, 6:33
1988年2月18日
生まれのシーズー「みゅう」です^^



1995年10月16日
手術、入退院を繰り返したすえに永遠のお別れとなりました。
この世の中に生きていてこんなに悲しい事があるんだと思うくらいに悲しくて悲しくて・・・。
父と母がお見舞いに行って病院を出た直後にたった一人で保育器の中で逝ってしまったみゅう。。。ごめんなさい。。。
そのままでずっとそばに居たかったけど、悲しいだけだからと家族みんなで泣きながら、翌日は火葬する事に。。。
お骨を入れた小箱をずっと、ずっと抱いていました。



12年・・・経ったようには思えません。
どんな事をしても忘れられないから、忘れないように
毎日何度も「みゅう」の名前を呼んで話をします。
会いたい、会いたい、会いたいから私が死んだらみゅうと一緒に海に流してもらう約束をしています。(Queenよりは長生きします^^)
でも、きっともう生まれ代わっているでしょうねぇ。
可愛い、可愛い女の子に。家族みんなから愛されてしあわせに暮らしている事でしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lmiaur1275
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像康之
» エッセイ (2008年02月24日)
アイコン画像ネオニート
» 水曜日 (2008年01月20日)
Yapme!一覧
読者になる