DVD 

2006年03月08日(水) 20時23分
DVD焼いています。
ただひたすら30枚

部活動の記録を卒業生に
記念品として贈ろうと考え、
知り合いにビデオを編集してもらいました。
かなりイイできです。
これで彼女たちが喜ばなかったら、
ホントがっかりどころの話じゃ
済まないなあ。
たぶん泣く

それにしても、
DVD焼いてる時って、PC使えないから
仕事ができなくてちょっと不便ね。

ちなみに、画像はnatural様からお借りしたものです。
楽器の写真がとてもステキ。

県庁の星 

2006年03月07日(火) 20時33分
織田裕二スキ。
で、見てきた県庁の星。
おもしろかったです。

エリート公務員の野村(県庁さん)。
建設会社の社長令嬢と婚約し、
老人福祉施設建設のプロジェクトも手がけ、
民間企業との人事交流に借り出されたけれど、
結局プロジェクトからはずされ、婚約は破棄され、
どん底まで落ちてしまう。

しかし、ここで県庁さんは終わらない。
スーパーの大改革に乗り出し、最終的には県庁も…!?

こういう公務員さん、議員さんが本当にいたらいいのにね。
ムリだろうけど…。

スカウト 

2006年02月03日(金) 23時56分
アンチ生徒指導部の私のもとに、
生徒指導部副部長の先生からスカウトされてしまった。

うーん…。

私がなぜ「アンチ」になったかというと、やり方が強引だから。
もともと、うちの学校は特別指導の数も少なく、
生徒指導のやりやすい学校と言えば、やりやすいのかもしれない。
でも、生徒減にともない、部活動も削減することになったわけだけで、
生徒手帳に記載されていない、強引なやり方で
廃部させようとしていることに、無性に腹が立ったんだ。
生徒部の言い分もわからないわけではないんだけどね。

今の私の校務分掌は教務部。
学習に関することがメインの仕事。
カリキュラム、時間割作成・変更、成績、
入試、転入学関係の仕事をする部署で、
小さなミスすらも許されない、結構厳しいところ。
と言いつつも、私はミスだらけでひたすら謝っているわけだけど。
そんな部署なので、生徒に接すると言うよりも、
学校運営に深く携わっていると言ってもいいかもしれない。

やはり学校現場は生徒にもまれてなんぼって感じもしている。
ということは、生徒部に移るべき? でもなー。
…なんて、今いろいろ悩んでいるところ。
教務でもっと仕事を覚えたい気持ちも強い。
まだまだわからないことが多いのだし。

実は部活動でも同じようなことで悩んでいる。
今まで2年間は副顧問でやってきた。
校内で一番大きな部活で、活動内容も結構激しいほうなので、
副顧問でありながら、他の部活と掛け持ちすることだけは免除されてきた。
(臨時で馬術部ってのはあったけれど、年にたった2回だけだし)
でも、転勤したら、どこかの正顧問任されるとしたら、
私に何ができるのだろうか、と悩んでしまう。
そしたら、やっぱり最初の学校でいろんな経験を
積んでおいたほうがいいのかな、とかね。
でも、今の子どもたちがとてもかわいいし、
新体制になって苦労したこと子たちと結果を出したい、
自分も同じ場所にいたい、という気持ちも大きい。

悩むなあ。
来年度も今年度と同じように、
希望は出さないで、全部教頭先生に一任しようかしら。

TSUTAYA 

2006年02月02日(木) 21時32分
たまたま入ったTSUTAYA。
本を買おうと思って寄ったんだけど、CD買ってしまった。

レジでいつも店員さんに「カードはお持ちですか?」
と聞かれるわけだが、私は会員になっていないので、
「持っていないです」
と毎回応える。
しかし、毎回そう応えるのも、なんだか最近めんどくさくなってきていたなあ、
などと思っていた矢先、
「ただ今キャンペーン中で、カード無料で作れますよ」
などどニコニコして言われたら、これは入るしかないのかと、
とうとう申し込んでしまった。

なんか店員さんに負けたみたいで悔しい。
でもいいや。無料だったし。ポイントたまるみたいだし。

THE 有頂天ホテル 

2006年01月31日(火) 0時19分
登場人物があまりに多すぎて、その人数一人一人にエピソードがあって、
おなかいっぱい的な要素はあったけど、
クスっと笑っちゃう要素はたくさん。
次から次へとトラブルを巻き込んで、巻き込まれて…。

見た後、何か残るか? と問われれば、ちょっと疑問は残るけど、
でも、笑えたのは確かです。

一時復活 

2006年01月02日(月) 10時45分
あけましておめでとうございます

久々に童話に遊びに行こうと起動したところ、
新しいパッチが必要とのコト。
でも、今はそのパッチは配布されていないんですね。
そんなわけで、最初からダウンロード。
復活するまでだいぶ時間かかるのね…。

童話はだいぶ変わってました。
いろんな称号が頭の上でクルクル。
すごいねー。ビックリです。

結局やることが見つからず、作業放置。
やっぱり童話ってまったりしててよいね。


贋作:罪と罰 

2005年12月28日(水) 0時24分
なぜかはわからないけど、わざわざ東京まで見に行ってしまった。
今考えると、ちょっと不思議。

野田秀樹の作品は今回が初めて。
ほんと、言葉遊びって感じ。
次から次へとテンポよく話が進む。
コロコロと話が転がり、飛んでいき、どんどん遠くへ羽ばたいていく。

罪と罰も読破できず、
幕末の志士たちのことも詳しくわからない。
だから、たぶん、内容をきちんと把握できたか、おもしろさが伝わったか、
というと、甚だ疑問は残るけど。

でも、興味深い作品だった。これはほんと。

ホワイトクリスマスディナー 

2005年12月25日(日) 23時59分
おいしかったの一言に尽きました。
前菜からノックアウトです。

仙台ロイヤルパークホテルのGFにある七つ森という
鉄板焼きの店に行ったのですが、
世界三大珍味のキャビア・フォアグラ・トリュフが出てきましたよ。
フォアグラのおすしにはメロメロ。
でも、トリュフはイマイチよくわかんない。
香を楽しむものなんでしょうけど、
一般ピープルの口ではレベルが高すぎてダメなのかしら?
やはりブルジョワの食べ物なのかしら?

ま、なにはともあれ、幸せいっぱい・おなかいっぱい。
飲み会で二次会三次会…と
居酒屋をハシゴして10000円以上はたくなら、
こういう素敵なディナーを楽しみたいものです。

吹き納め 

2005年12月24日(土) 16時06分
今日は朝から楽器下ろしをし、3年生との吹き納め。
今までやった曲を全て(?)吹いたんじゃないかな?

今日も私は涙涙。。。
たぶん3年生と同じくらい泣いたかもしれません。

とくに、吹奏楽コンクールの曲かな。
6〜7月は本当にゴタゴタが続き、
なかなかまとまらない中、
一つのものを仕上げた、あのときの感動がまた蘇ってきました。

そして、この前のマーチング全国大会の曲。
これも、体育館をあてがうのに苦労し、
なかなか練習できない中でも工夫して作り上げた演技。
埼玉でやったときよりも、
みんなの心がこもっていたような気がしました。

部長と2人の総務の子がいたから、
ここまでやってこれたんだと思います。
感動をありがとう。
月曜日からは新体制でスタート。
ちょっとドキドキものですが、まだまだ頑張らなくっちゃ。

光のページェント サンタの森の物語 

2005年12月23日(金) 23時58分
寒かったー。
でも、よかった。
楽しそうにやっている姿、きちんとお客さんにも伝わったよ。

3年生はこのページェントのパレードで部活を引退。
このメンバーで音楽を奏でるのは最後とあって、
なんだか涙がほろり

3年生の皆さん、本当にありがとう。
去年からの顧問だったので、
あなた方とは2年間一緒に活動してきたわけですが、
たくさんの思い出が次から次へと溢れ出てきます。

また遊びに来てくださいね。
そして、1、2年生のことを、優しく見守ってあげてくださいね。