カラーコンタクトレンズのデメリット

February 03 [Sun], 2013, 11:53
「おしゃれ用カラーコンタクトレンズ」は、これまでつけまつげやかつらなどと同じ雑貨品扱いとされ、品質について国の基準が設けられていなかったため、安価な商品が量販店やインターネットなどで販売され、失明にもつながる目の障害が発生していた。

、おしゃれを目的に10代後半から20代前半までの女性を中心に使用されており、眼障害を生じた要因として、使用者が視力補正用コンタクトレンズの使用経験もなく、また、おしゃれ用カ ラーコンタクトレンズの購入時にコンタクトレンズが有する危険性(ハザード)の説明が行われていない実態があきらかとなった。 障害を引き起こす前に、専門医の指示をあおいだり、使用上の注意をよく読んで、適切なケアをすることが重要になる。

■報告された眼障害(167件)

「角膜炎」 46件(27%)…(症状)角膜の炎症。目痛、充血、かすみ、異物感など
「角膜びらん」 45件(27%)…(症状)角膜の剥がれ。目痛、充血、かすみ、異物感など。
「角膜潰瘍」 24件(14%)…(症状)角膜に発生する潰瘍。目痛、充血、流涙など。
「角膜浸潤」 21件(13%)…(症状)角膜の炎症。目痛、充血、異物感など。
「結膜炎」 17件(10%)…(症状)結膜の炎症。かゆみ、目脂、充血など。
「角膜浮腫」 08件(5%) …(症状)角膜のむくみ。かすみ、視力低下など。
「角膜上皮剥離」05件(3%) …(症状)角膜の剥がれ。目痛、充血、流涙など。

読者に高い支持を得ているカリスマモデルや読者モデルの多くがカラーコンタクトレンズを使用しており、モデルやタレントとタイアップしたカラーコンタクトレンズも多数販売されている。
おすすめは、星やハートがかわいいプーポンポン(POOPONPON)だ。


デメリット
角膜に直接触れる器具なので十分なケアが必要だが、レンズを簡単に入手できるようになった反面、レンズを使用するための知識やケアを怠りがちで、誤った使用方法で目のトラブルへと発展する危険がある。


これまでおしゃれ用カラーコンタクトレンズは「雑貨」の扱いであったが、目の障害が多発したために、おしゃれ用カラーコンタクトレンズも視力補正用カラーコンタクトレンズと同じように高度管理医療機器として薬事法の規制対象となった。

非視力補正用色付きコンタクトレンズは、視力の補正等を目的とせず、ファッションのために虹彩部分の外観上の色を変えることを目的とするコンタクトレンズである。他の視力補正用のコンタクトレンズが無色透明なものが一般的であるのに対し、色を付けられたコンタクトレンズであるため、カラーコンタクトレンズと呼ばれる。


コンタクトレンズは、機能の面で眼鏡よりも優れた点が多い反面、装用に伴う眼への負担が大きく、手軽さに欠け、制限も多い。洗浄や消毒を適切に行う (一部の使い捨てタイプを除く)、装用時間を守る、使用期限を守る、装用したまま眠らない(一部のタイプを除く)、自覚できる異常が無くても定期的に医師の検診を受けるなど、製品の使用説明や眼科医の指示を守って正しく使用することが重要である。


角膜に異常が起これば痛くて装用できなくなるため、角膜障害が重度になることが少ない。ただし、装着時の違和感はソフトレンズに比べて依然大きく、また激しい運動などの際にずれやすい。症例によってはハードコンタクトレンズしか使用できない場合もある。「おしゃれ用カラーコンタクトレンズ」は、これまでつけまつげやかつらなどと同じ雑貨品扱いとされ、品質について国の基準が設けられていなかったため、安価な商品が量販店やインターネットなどで販売され、失明にもつながる目の障害が発生していた。

プーポンポンは、おしゃれを目的に10代後半から20代前半までの女性を中心に使用されており、眼障害を生じた要因として、使用者が視力補正用コンタクトレンズの使用経験もなく、また、おしゃれ用カ ラーコンタクトレンズの購入時にコンタクトレンズが有する危険性(ハザード)の説明が行われていない実態があきらかとなった。 障害を引き起こす前に、専門医の指示をあおいだり、使用上の注意をよく読んで、適切なケアをすることが重要になる。

■報告された眼障害(167件)

「角膜炎」 46件(27%)…(症状)角膜の炎症。目痛、充血、かすみ、異物感など
「角膜びらん」 45件(27%)…(症状)角膜の剥がれ。目痛、充血、かすみ、異物感など。
「角膜潰瘍」 24件(14%)…(症状)角膜に発生する潰瘍。目痛、充血、流涙など。
「角膜浸潤」 21件(13%)…(症状)角膜の炎症。目痛、充血、異物感など。
「結膜炎」 17件(10%)…(症状)結膜の炎症。かゆみ、目脂、充血など。
「角膜浮腫」 08件(5%) …(症状)角膜のむくみ。かすみ、視力低下など。
「角膜上皮剥離」05件(3%) …(症状)角膜の剥がれ。目痛、充血、流涙など。

読者に高い支持を得ているカリスマモデルや読者モデルの多くがカラーコンタクトレンズを使用しており、モデルやタレントとタイアップしたカラーコンタクトレンズも多数販売されている。

デメリット
角膜に直接触れる器具なので十分なケアが必要だが、レンズを簡単に入手できるようになった反面、レンズを使用するための知識やケアを怠りがちで、誤った使用方法で目のトラブルへと発展する危険がある。


これまでおしゃれ用カラーコンタクトレンズは「雑貨」の扱いであったが、目の障害が多発したために、おしゃれ用カラーコンタクトレンズも視力補正用カラーコンタクトレンズと同じように高度管理医療機器として薬事法の規制対象となった。

非視力補正用色付きコンタクトレンズは、視力の補正等を目的とせず、ファッションのために虹彩部分の外観上の色を変えることを目的とするコンタクトレンズである。他の視力補正用のコンタクトレンズが無色透明なものが一般的であるのに対し、色を付けられたコンタクトレンズであるため、カラーコンタクトレンズと呼ばれる。


コンタクトレンズは、機能の面で眼鏡よりも優れた点が多い反面、装用に伴う眼への負担が大きく、手軽さに欠け、制限も多い。洗浄や消毒を適切に行う (一部の使い捨てタイプを除く)、装用時間を守る、使用期限を守る、装用したまま眠らない(一部のタイプを除く)、自覚できる異常が無くても定期的に医師の検診を受けるなど、製品の使用説明や眼科医の指示を守って正しく使用することが重要である。


角膜に異常が起これば痛くて装用できなくなるため、角膜障害が重度になることが少ない。ただし、装着時の違和感はソフトレンズに比べて依然大きく、また激しい運動などの際にずれやすい。症例によってはハードコンタクトレンズしか使用できない場合もある。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ももかug22
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/llwx1e1k/index1_0.rdf