矢萩のインパラ

February 09 [Tue], 2016, 9:22
国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、医療従事者として手助けしたいと考えている看護師の方も多いのではないでしょうか。海外でも看護師の需要は大きくなる一方で、看護師は常に求められているのです。当然ですが、海外では意思疎通をはかるためにも、英語が必要不可欠なのです。本気で看護師として海外で働くことを夢見るのならば、英語をしっかりと学ぶべきでしょう。看護師の勤務は交代制ですが、それ故に、申し送りというものが必要になります。その日その時、担当していた患者さんについての情報であったり、看護の業務に必要な諸々について次に勤務を始める看護師に口頭で話します。申し送りでは、大事な情報がもれなく相手に伝わり、理解してもらえるように、簡素に正確に報告しなければなりません。あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることも重要な点になるでしょう。健康上の問題を抱えやすい高齢者人口が増加するに伴い、ここ数年でどんどん治療が必要な疾患や、怪我が増えているのです。ということは、看護師に関してもどれだけいても足りないという程、現在、医療機関はどこでも人手不足のようです。しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、それを解消するべく、求人も増えるわけですから、たくさんある中から条件のいい働き先を見つけられる等のメリットも確かにある訳です。基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、看護師をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、寝不足や疲労から体調を悪くしたり、知らずにストレスを溜めていた、ということはしょっちゅうです。そういう看護師の仕事を続けていると、それなりに医療についても学んできて、詳しくもなりますから、他人の状態、容態について医師の判断を予測できたり、自分自身の身体や健康についてもかなり深く理解できるようになるでしょう。入院施設のある病院に勤める看護師は、絶対に夜勤が必要になる職業です。実際、夜勤はどのようなシフトで動いているかというと、その病院が2交代勤務なのか3交代勤務で働いているのかで全く違うのです。普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。また、3交代勤務の場合、勤務時間は短くなりますが、同時に休みも短くなって厳しいスケジュールに追われる傾向にあります。就職先として考えている病院がどういった交代勤務を採用しているのか前もって知っておいた方が良いでしょう。一般的に、看護師は離職率が高いです。そのため、転職率も同じように高い傾向があります。そうした傾向を踏まえ、看護師専門の転職サイトなるものが増えています。このような転職サイトを活用すれば、さらに効率よく自分の希望する条件の求人を探せますから、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の看護師にぜひ利用してもらいたいです。最近では、転職サイトをランク付けしたサイトも登場していますから、これらも合わせて活用すると、さらに便利だと思います。昔の看護師といえば、女性が担うものというイメージがありました。ですが、ここ最近の傾向としてどこでも看護師の名称が使われ、男性が働くことも多くなってきました。実際の現場に必要になる看護師としての能力を考えるならば、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に仕事の基礎になる体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった能力も今の看護師に求められる大切な能力だと言えます。街コンでは多数の方と知り合うことが出来ますが、これに参加を申し込む看護師は多数います。同僚の大多数が女性、ということも多く、なかなか男性と関わる機会がなく、結婚相手を探したいという看護師たちが街コンへ続々と参加しています。「看護師」というと、街コンにおいても、もてはやされる仕事です。ですが、たとえカップルが成立しても仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、結果として、破局、ということもままあるようです。看護師として働くことは、ドラマのようにうまくはいかないのが現実です。普通やることもたくさんあるのですが決められた労働時間以外の業務もあったりして時間通りに帰れないということはよくあるのです。しかし、もし忙しくて疲れがたまっていたとしても、にこやかに患者さんやそのご家族に対応しているのです。ほんの少し前まで文句を言っていた人が打って変わって笑顔になるのです。看護師はさながら女優だなと感じます。病院で働く看護師は、病気を抱えた患者と接する機会が多いため、不信感や不安を与えないために、髪形に注意しておきましょう。患者からどう見えているのかを考えながら、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることが良いでしょう。病院の雰囲気や方針次第で、髪形への規則の厳しさが変わるということを理解しておきましょう。収入面において、看護師という仕事は、他と比べると、女性の仕事としては、とても高い額の給料となっております。病院という医療施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、多めの残業や夜勤への手当などが確実に支給されるからです。他の人より夜勤をたくさんこなしていたり進んで残業をたくさんする人の給料をみると、普通に働いている他の人と比べると、かなり高くなるでしょう。看護師は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、育児との両立を目指す看護師にとってとても難しい問題となっています。子供が小学校に入るまでならば24時間保育を行っている保育所の利用や病院に託児室があるのなら、そちらを使うということもできます。それでも、小学校入学を機に、一気に対応してくれる預け先が少なくなってしまうということが問題として浮上します。ですので、看護師の中でもパートの勤務に変えていくという方も多くいるということです。一般的に看護師の職場というと病院を思い浮かべますが、その病院といっても複数の科を持っている総合病院から、地域の町医者まで規模は様々です。あるいは、介護施設や保育園などに常駐する看護師もいます。給料は勤めている会社によって違うものですが、看護師も同様でしょう。総合病院と町医者とでは貰える給与に違いがあるのです。これらの事を考慮すると、看護師だからといって平均年収には、大幅な違いがある事を知っておきましょう。もし転職される場合には、看護師であっても当然、履歴書が要りますが、気を付けるべきことが存在します。何に気を付けるべきかと言いますと、履歴書に書くことの中でも特に志望の理由の書き方です。どうするのが良いかというと、雇用条件や労働環境の良さを志望理由とするのではなく、成長に繋がるといったことや、過去に働いてきた経歴を生かせそうだからといったような意欲溢れる動機がベターでしょう。病棟勤務に就いている看護師の勤務形態ですが、2交代制か、最近は3交代制の方が多いようですが、交代制を敷いてみんなが夜勤を務めます。日勤と違って夜勤は職員が大きく減ってしまい、そんな状態で夜間に患者さんから腹痛など、体調の悪さを告げられたりなど、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。もちろん通常業務もおろそかにできませんから、結果として夜勤の作業量は、日勤よりも多くなる場合がほとんどです。看護師として、初めての病院勤務を始めた新人であったり、違う病院から転職によって働き始めた看護師に、現在の職場での経験が足りないという名目で、間違いなく残業をしているのに、相当する手当がきちんともらえないケースがあります。賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、雇用された人の経験やスキルは関係なく労働に関する法律に、明らかに違反しています。勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、こなした分はしっかり、働いた人に支給されるべきでしょう。日夜、病院で働く看護師は休日がどのようになっているのか気になりますよね。実際には勤めている現場でそれぞれ異なるようです。その中でも、3交代制での勤務形態の場合、先にシフトが組まれていますので、出勤や休日がカレンダー通りではないことも一般的です。別の見方をすれば、休日を好きに設定できるというメリットがあるので、上手く活用して、平日に旅行に行く人もいるようです。病院での勤務は、おおまかに病棟勤務と外来勤務に分かれますが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。それから病棟勤務と違って、外来勤務では、夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。忙しいかどうかは、病院や、診療科によっても違ってきますが、人気のある診療科や医師のいるところでは大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。どんなスキルが必要になるか、ということもどの診療科で働いているか、どういう病院かによって大きく違ってくるはずです。私の仕事は病院事務です。普通は仕事中に看護師さんとの接点はありませんが、常にみなさん忙しく働かれています。夜勤をして家事をして育児をしてと本当に忙しい毎日だろうなと思っています。でも、私が思ったよりも忘年会の時に、うまく対処されているなと感じたのが、なんと子供を連れてきている看護師さんが少なからずいらっしゃるんです。先生達も、歓迎している様子でしたし、和やかで楽しい会となりました。どうやら看護師の世界においては、人間関係の難しさが際立っているなんてことを、聞いたり実感したりすることがあるかもしれませんが、職場に占める女性の比率がとても高いということが、その主な理由であると考えても良いでしょう。というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くて顔を合わせる度に、娯楽として誰かの悪口に励んだりもするでしょうし、女の人が多い職場であれば、こうしたことはよく起こっているのでしょう。あまり健全ではない、そんな空気の中にいてあまり良い気分もしないでしょうが、そんな風になりやすいのも、ただ単に女性の数が多い職場だから、と知っておくだけ知っておいて、一歩離れた所から対処する姿勢を保つのも手です。数年間、専門機関で学んで資格を取得する看護師は、言わずと知れた看護のスペシャリストであり、需要が高く、求人が途切れることは殆どありませんし、転職も容易です。自身の結婚、出産あるいは転居など諸事情による転職も多いですが、転職する人の中には、看護師としてもっとスキルを磨きたいがために、転職を望む場合も少なくありません。そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。そうでなければ肝心の転職自体、できない恐れがあります。今よりもっと専門的な看護の知識を得たい、とか、規模の大きな病院に移り、今よりも更に多くの症例に接したい、といったような向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。看護師になって最初に勤めた病院では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。その時、自分にはもっと向いた仕事があるかもしれない、などと迷ってしまったのでした。さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、転職という選択をすることにしたのでした。決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。ネットに頼ったり、本を買ってきて参考にしたりして試行錯誤を繰り返しながら、とにかくなんとか書けましたけど、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、ちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことがいやでも思い知らされた出来事でした。看護師の資格というものの最も強みとなる点はというと、何てったって、ブランクがあったとしても心配はいらず、再度職に就くことが可能だということでしょう。理由として、看護師が専門職だからということと人が足りていないことが大きくかかわっていると言えます。「転職先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、状況次第ですでに50代になっていても再び働くことができます。多くの病院で看護師不足が叫ばれていますが、これは大きな問題です。原因は様々ですが、その一つとして過酷な労働環境があります。法改正によって、医師の仕事を看護師が担当できるようになったため看護師にかかる負担が増え、労働時間も長くなりますから、休みも簡単には取れません。交代制の勤務が大半なため、出産後に夜勤で働くことができずに、辞める道を選ぶ人も多いのです。日々、看護師の激務に追われて働き続けていくと、つらいこと、大変なこともあります。そしてつい、楽な病棟はないか、などということを頭の中で検討していても、おかしなことではないでしょう。一概には言えないものの、割合に楽できるかもしれない診療科としては、残業の少なさから、精神科、眼科、整形外科などがピックアップされるようです。とはいっても、病院にもよりますし、症状がどれくらの患者さんを受け入れる病院なのかにより、仕事内容がきついかどうかは、変わってくるでしょう。看護師さんとお医者さん。大きく異なっている点があります。分かりやすい違いは、医師がすべきことは患者さんの診察を行い、そしてそれに沿って治療を行うということや、予防のためのアドバイス、薬剤の処方を行うことが主な仕事です。それに対して、看護師は、お医者さんに従い、診療面で医師の補助をしたり、心身ともに患者のケアするのが主な業務です。看護師というものは働く時間が規則的でないことやキツい仕事だということも原因となり、他の仕事に移る人も結構いるということですが、「看護師資格を持っています」という事実は、意外に違う職種の現場においても役立てられることがよくあるといいます。具体例として、人体の仕組みをわかっており、扱いや病気の対応にも慣れていますから、保育関係やリラクゼーションサロン等といった仕事では、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。業務の多さ、責任の重さ、なによりその忙しさにより、看護師の仕事はかなり厳しいものですから、しんどさを覚える場面も多いはずです。勤務形態も二交代だったり三交代制で、夜勤につくことになり、誰でも不規則な夜勤の入り方で生活時間が狂い、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。基本的に立ち仕事でもあり、上手く身体を休めないと当然のように疲れを蓄積していき、慢性的な頭痛や腰痛などが発症し、そこでやっと、自分自身の受けている身体の負担について感じる事になってしまうでしょう。免許が必要な専門職である看護師は医療や介護など、様々な場面で求められています。ですから、再就職を考えたとしてもすぐに叶うでしょうし、少し念入りに求職活動を試みれば、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。近年においては、ウェブ上のサービスとして看護師を対象とした転職、求人を扱うサイトなども豊富にあるようですので、活用しつつ、最適の仕事先を見つけてください。多くの看護師が持つ悩みといったら、不規則な勤務形態ではないでしょうか。休日や休みの時間にデートできなかったり友達とも簡単に会えないなどの悩みをよく聞きます。あるいは、単純に休みを取る暇がないケースもあるでしょう。規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、日勤のみで働ける病院であればそれが可能ですので、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Naoki
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/llvi9ebeyetcru/index1_0.rdf