テイラーでまさきち

June 21 [Wed], 2017, 11:11
不倫の疑惑があるからといって調査まですることはないと考える人は多いです。ただ、浮気は深入りしてからでは遅く、きっかけも多いので、男だらけの職場でも安心してはいられません。

取引先や出入り業者など「たまに来る」女性のほうが浮気はしやすいですから。挙動が不審で浮気の疑いがあるなら、不倫の調査に詳しい探偵業者に依頼すれば、不安を募らせることもありませんし、精神的にも負担が少ないと思います。浮気調査に対して探偵に払う費用は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。

実費に含まれるのは、電車やバスなどの交通費、写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、調査の際の食費が上乗せされることもあるようです。
時間給は、人数×時間で算出した費用です。
調査にかかる期間が短くて済めば請求金額も少ないです。

不倫調査の依頼を受けた探偵業者は、刑事ドラマで「あるある」みたいな方法で調査をすることも、ないわけではありません。

行動追尾や張り込みは言うまでもなく、行動範囲やパターンを分析し、場合によっては周囲に聞き込みなども行うことがあります。


また、社外秘ということで教えてくれない調査方法もないわけではなく、頼まれてもお答えできないとのことでした。


探偵業者に調査を頼んで証拠を得て、ようやく浮気を止めることができたとしても、もう一度、禁じられた恋に手を出してしまう人は少なくないようです。帰宅時間がルーズになったり、メールや着信履歴などでまたあの不倫が始まったのかと相談に訪れる人も少なくないです。その前の浮気に対する処罰が甘かったために反省に至らなかったということも考えられますので、二度目や三度目ともなれば更なる厳格な対応も考えなければなりません。

興信所を選ぶ際の指標となる探偵能力というのは、企業としての大きさが一応の目安にはなると思います。フランチャイズで幅広いエリアをカバーしている会社は、調査手法や機材について新しい情報を多く保有していて、時代の移り変わりに合わせた改善を繰り返しています。大手業者は仕事の品質を維持向上させるため、調査員はもちろん内勤の相談員などの指導育成が徹底しており、当然ながら調査面にも反映されているように思えます。
アラサーの会社員です。

妻はひとつ年下で専業主婦をしています。情けない話ですが、先週、むこうの不倫が判明しました。
妻は独自の理由を並べ立てて勝手に怒り、謝罪の言葉もなにもありませんでした。頭がパニックです。


妻から傷つけられるとは思いませんでした。

このままにしておくつもりはありません。

私にも考えがあります。

相手に気づかれないで誰もが浮気していると分かるような証拠を手にするためには、しっかりした機材と技術が必要になります。



浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは残念ながら証拠とは言えません。

浮気を探偵に調査してもらうなら、非常にコンパクトなカメラを使って覚られないうちに十分証拠となる写真を撮ることができます。


調査業や探偵業は「はじめて」の利用者が圧倒的に多いそうです。
ですから、もし悩んだら、相談という形で問い合わせてみるのも良いでしょう。
業者の場所や連絡先等は、広告で見ることもできますし、ネットが使えればHPを見るほうが詳しいでしょう。相談してみると、どの程度の調査でいくら位のコストになるか仮見積もりを出してもらえます。
無料で見積ってくれるところもありますし、納得いくまで検討してみることも大切です。
不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまでになることもあります。離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、金額は低いです。それに、不倫した相手が不倫を認めない時には根拠が必要です。無関係な人からみても明らかな不倫の証拠を用意しなくてはいけません。GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに忍ばせ、常時、移動の内容を監視し続け、現在地を確認したり記録されたデータを後で読み出し分析することもできます。


移動手段に、車を使わない人の場合は、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。これで相手がどこをどう移動して、どのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。配偶者の行動追跡調査で探偵社を利用すると、調査していることが相手にばれないか心配になるのは無理もないことです。ただ、探偵は便利屋と違って専門家ですし、察知されることはほとんどないと思っていいでしょう。また、これは大事なことなのですが、浮気調査を依頼したあと、依頼人の「態度」に変化が表れたりすると、むこうが不審に思って用心した結果、調査がしにくくなるということならあります。最低でも調査終了までは、いつもと同じように生活するようにしましょう。
奥さんがだんなさんの浮気に気づいて探偵事務所を訪れるというドラマの展開は、そんなに珍しいものではありません。素人が探偵と一緒に行動するシーンもあって、わざわざお金を出して頼むまでもない気がしますよね。しかし、調査対象が用心している場合などでも秘密裏に追跡したり写真を撮影することは、簡単な仕事ではありません。
先方にバレては余計なトラブルに発展しかねませんし、その道のプロである探偵社に任せることを強くお勧めします。
探偵業を営むには取り立てて特殊な資格等は要りません。


ただし、2007年に施行された探偵業法にのっとって、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて探偵業開始届出書と添付書類(誓約書も含む)を公安委員会に提出した後、公安委員会の朱印と届出番号いりの「探偵業届出証明書」の交付を受け、許可を受けることが大原則です。



野放しというわけではないのです。やはり不倫の証拠写真というと、ふたり連れ立ってラブホテルから出てくる場面につきるでしょう。個人でも良い機材があれば撮影できるかもしれませんが、よほど高性能なレンズでない限り不鮮明になることが多いです。証拠として認められる品質のものを得たいなら、最初から興信所などを手配するにこしたことはありません。
探偵や興信所の調査員になるには特殊な資格は不要です。ただ、不倫調査などのように具体的な仕事をこなすには、一定レベル以上のスキルが要求されます。まともな会社は職員の教育には本当に熱心です。



しかし一部の業者では調査の現場にほぼ素人のアルバイトさんを投入していることもあるという話ですし、気をつけなければなりません。支払った額にふさわしいスキルを持つ調査員が調査することが確実な成果につながるのです。
探偵は依頼されたことのみを調査すればいいということではありません。浮気の実態を調査し始めると、想定の範囲外のトラブルが起きてしまうこともあります。
そんな場合には、まず依頼者の立場を何よりも先に気にしてくれる探偵が信じられる探偵と言えるでしょう。信頼できる探偵かを確認するのには、相談中の相手の印象を見るようにして慎重に判断する事を心掛けてください。同一電話番号から電話を頻回にまた、掛けているその電話番号に掛けていたりしたらそれが浮気相手とのやり取りであるのは非常に高いと言えます。


その後、その電話番号の持ち主を突き止めるだけでいいのです。

ですが、気の回るパートナーですと、浮気相手と電話をしたあとに電話番号の履歴を毎回削除しているということもあります。



浮気の慰謝料の請求は、いつでもできるというわけではありません。
相手が誰だかを知ってから3年間というのは結構短い期間ですよね。

さもなければ実際に不倫があった時点から計算して20年と規定されており、それ以後は時効です。時効が迫っているときは裁判を起こすことで、時効はなくなります。
期限まで間がないときは、裁判を起こすのも考えに入れましょう。信頼性の高い探偵事務所に出会う方法としては、評判や口コミを調べるのが大切です。当たり前のことですが、その探偵事務所が運営するサイトに記載された口コミを見るのではなく、全然関係のない掲示板や相談サイトに載っているような口コミをチェックするといいでしょう。該当する探偵事務所と金銭的に無関係の人による口コミは、ずっと信頼性が高いと言えるでしょう。

名前が知れている以外にも探偵業務を行っている会社は多いので、選ぶときには人気や評価を基準にしたほうがいいです。
ちょっとウェブで調べてみると、興信所や探偵社の評判がわかるでしょう。

地域性もある仕事ですから、地元近辺で評判の良い会社を選び、依頼すれば、調査を任せても安心でしょうし、しっかりと浮気の証拠を押さえてきてくれるでしょう。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リュウセイ
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/llu3skretwia5y/index1_0.rdf