磯貝が新谷

June 29 [Wed], 2016, 17:11
Googleが推測現実の世界に本格参入するのはタイミングの問題だった。既に段ボール製の簡潔VRヘッド取り計らい「カードボード(Cardboard)」を500万個も売り上げる。そして今年のクリエイター専門祭礼グーグル I/Oで、やっと大きな一歩を踏み出した。次世代のOS「Android N」でVRをサポートするだけでなく、モバイルVRをセールスすべくVRプラットフォーム「デイドリーム(Daydream)」を発表したのだ。
「デイドリーム」はヘッド取り計らい、VR仕打ちタブレット、VRまろやかから成っていらっしゃる。まずはヘッド取り計らいだが、Googleが直リリースするのではなく、誰でも応用できる構想挿し絵を提供する。コントローラーは先方のオキュラスのものにしばしば通じるが、大きな違いは実ブランクにおける自らのところをトラッキングすることで推測全容ブランク内に溶け込むようになっておることだ。こういう効能によってオキュラス・リフトやXbox Oneのコントローラーよりも優位に立ったと当てはまる。

メイン画面にあたる「デイドリーム・ホーム(Daydream Home)」にもオキュラスからの感が生まれる。
「デイドリーム」仕打ちのタブレットについては、オキュラスと組んでヘッド取り計らい「Gear VR」を開発したサムスンや、独自のVRヘッド取り計らい「Vive」を開発したHTCの他、LGやエイスースなど8クリエーターを伴侶業者として発表した。不可欠解説は公表されていないが、「デイドリーム」のポテンシャルを最大限に引き出すにはなんともハイスペックなタブレットが要求されるだろう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リク
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/llsraa5bissg9t/index1_0.rdf