おばちゃんとフルマカモメ

April 22 [Fri], 2016, 14:40
近年、葉酸が妊娠中に与える効果に注目が集まっています。


葉酸の摂取によって、胎児が先天性神経管異常などの障害を発症するリスクを下げるという目的から、妊娠初期の妊婦に、積極的な摂取を求められる栄養素なんですよね。



とはいえ、つわりや体調によっては、食事での摂取が困難な場合もあるでしょう。
無理な食事は体調を悪化指せてしまいますから、食事は控えめにして、葉酸はサプリメントなどの栄養補助食品を飲めば適切な量の葉酸を摂取できるという理由ですね。
胎児の健やかな成長に欠かせない栄養素である葉酸ですが、簡単に摂取する方法として、サプリを利用するのが、最もポピュラーですね。それでは、葉酸サプリを飲む期間はいつがベストだと思いますか?殆どの場合が、妊娠前から授乳期のおわりまでが、葉酸サプリによる補給期間に当てはまります。
葉酸が最も不足しがちなのは、妊娠初期から3か月目までだというのが、よく耳にすると思いますが、母体の健康を維持するためにも欠かせない栄養素なんですよね。こうした点から、妊娠を要望している段階で葉酸を十分に摂取し、授乳を完了するまでサプリを継続的に飲むというのが、一番理想的な葉酸摂取の方法だと言えるでしょう。

オナカの中で、胎児は目覚ましいスピードで細胞分裂を繰り返しながら成長します。


この時の成長をサポートするのが葉酸なのです。今は葉酸のサプリも入手しやすくなっていますが、葉酸単体の吸収率はそれほど高くないのです。ですから、総合サプリメントで栄養を補給するのが一番だと思います。


しかし、不足しがちな栄養素を考慮した時に、葉酸のほかにどのような成分が入ったものを選べばよいのか分からないという方が殆どだと思います。

そのような場合は、粉ミルクの成分を参考に、サプリを選んでみましょう。



妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、造血に必須の栄養素です。この効果は不妊改善にも有効で、とくに着床困難を解消するため、妊娠しやすくなるので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。葉酸で血液が増産されると、血行が良くなるのみでなく生殖機能が正常化して活発になり、不妊対策に良い結果をもたらすのです。友達の話ですが、妊活を頑張っていた頃、よく漢方を飲んでい立と思います。

その子の話によると、妊娠しやすい体質づくりのために、漢方を服用していたそうです。漢方なら、妊活中でも安心感があることでしょう。漢方を続けていた彼女は、赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、本当によかっ立と、私も嬉しく思っています。



近年、葉酸の効果への注目が集まっており、多くの産婦人科で摂取が勧められているほどです。産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。

厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。
ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方も少なくはないと思います。


万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠っ立と感じている方も、ビタミンB群に属する栄養素である葉酸は、ほうれん草や肉類、果実等にも多くふくまれています。ですから、サプリによる摂取が無くても普通の食事を摂っていたならば、葉酸の摂取は見込めているのではないでしょうか。上の子が産まれて4年たった頃から2人目不妊を疑い、病院に行きはじめました。



ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、くどく言うと怒られそうな気がしたので、まず、排卵周期を知る「タイミング療法」でトライしてみました。
月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、即、妊娠できるというわけでもなく、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。私の場合はそれが良かったのでしょう。



それからしばらくしたら、二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。治療段階で判明する不妊の原因というと、子宮着床障害のほかに排卵障害といった女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)側に原因があるものと、極端に精子の数が少ない無精子症や性機能障害といった男性側に原因があることとが挙げられるでしょう。原因といってもこのように複数あり、男女どちらかのせいにするのは非現実的です。きちんと不妊に対策を講じようと思ったら、両親供に受診して検査を受けることが必要です。


冷え性の人は妊娠しにくいと言われているのです。体が冷えて血のめぐりが悪化すると、栄養不良に代謝不良が重なって、排卵障害が起きたり、子宮機能が低下して妊娠しづらくなるのです。


冷えと冷えからくる症状の緩和にはお灸が有効です。



血行不順を緩和して自律神経のはたらきを促し、リラクゼーションも期待できます。冷え性を改善して赤ちゃんのために体の中を温かくつくり変えましょう。



葉酸は食品の中にふくまれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも食べ物から摂取しようと葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになっ立という女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)も大勢居るのではないでしょうか。ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。

そのため調理の際の加熱によって大事な葉酸が失われてしまうこともあるんです。
一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が不十分かもしれませんので、気を付けて頂戴。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Taiyou
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lls6mltoani3ta/index1_0.rdf