シゲと丸橋

April 18 [Mon], 2016, 18:06
皆そうだと思いますが、私は株式投資を始めたころ、新米でチャートの見方がわかりませんでした。



今も完全にわかるというわけではないのですが、「きっとこうだろう」といった見方があるので、それなりに使えていると思います。それでも、今でもたまに間違えてしまう時もあります。
ご存じだという前提ですが、株取引には現物取引と信用取引といった取引方法があります。やっぱり初心者には大きく資金を失う可能性がある信用取引はおすすめしません。

自分の持金以内で投資ができる現物取引から始める事をおすすめします。

入金した金額より損するリスクがないんですから。



また、優待を貰うことを目的とし、じっくり購入した株式を保有するのもアリだと思います。株式の取引をしたことがない人にとっては分かりにくいことだらけに見えるのではないでしょうか。
どこの証券業者に口座を開いて投資を始めればいいのかなど、悩んでしまうことが多いです。

誰しもが儲けたいと考えて株投資をスタートするわけですが、最終的に利益を出せる人は多くはないでしょう。株取引では株式チャートを参考にして売買するかどうかを判断する方法が一般的にあります。

そして、その1つの方法が押し目買いという名で知られている方法です。株価が移動平均線と接する値を底値だと考えて、その底値に近づいた状態で株を購入する、というのが押し目買いなのです。これまでの経験によると、今後、株価が上昇していく傾向が強まるポイントだといえます。投資の初心者が株式投資をスタートしたいと考えついたときは、できるだけ安全な資産運用のやり方を考えることが大切です。個別株をいきなり売買するよりも、最初は投資信託などから取引してみるのがよいかもしれません。また、少し理解できるようになってから実際に株式投資を開始するとよいでしょう。



株式投資について書かれた書籍を何冊も読み込んだ上で、株式投資の初心者が投資を開始する場合、数日間で売買を終わらせる投資法を選定する人も多く存在するでしょう。
スイングトレードは儲かる時には大きな利益を得られるので、とても人気がある株式の投資方法です。言うまでもないことですが、いつでも儲かるわけではありませんから、うまくいかない場合もあります。
株式投資の領域ではテクニカル指標を使って株式の投資をしている人たちがたくさんいます。



それにより、株投資の初心者もテクニカル指数についてはおおまかに書籍などで学んでから株式の売買などをスタートした方が、勝つ率が高くなると思われます株式投資をする場合は、いくら値動きが激しいとはいえ、少ない出来高の小型株式を購入することは、推奨できません。なぜと言えば、いつも出来高の少ない株式は購入した銘柄を売却したい価格で利益確定することができないからです。
私は最近、株を始めたばかりの新米で、株初心者の本を買って、勉強中です。参考にできそうな本も多いものの、「あれれ?こちらの本と書かれていることが違ってる?」と少々疑念を持ってしまうような本も読みましたが、良い所も駄目な所も一切を勉強していきたいです。
株投資で失敗しない方法などといった記事や本を結構目にします。
しかしながら、100%失敗しないことなんてありません。でも、ちゃんと勉強して、ルールを考えた上で投資するなら、成功することもありえるのが株です。

失敗を恐れたり、一回の失敗で諦めないで学んだ先に、株の楽しみが待っていると思います。1点集中型の投資を試す方には不必要に思われますが。株、債権、海外投資など、様々な投資を行う場合はポートフォリオを最大限に活用して投資するか否かを決めるべきです。


投資において最も大切だと思うのは、リスク分散型の投資の型ですからバランスの良い投資がポートフォリオでできているのか、まめに確認作業をすることが理想的です。
株が初めての方だけでなく、株式投資をする方のおおかたはできる限り手数料がチープなネット証券に口座を持つのがよいと思います。
というのは、株式を売り買いする為の手数料が安くすめば株式投資の売買がとてもすばやくできるからです。
株のデイトレードの時短期間で大もうけができる人は確かに存在します。
デイトレードという方法は、手にした株を持越すことなく当日以内に手仕舞いしてしまうやり方なので、予想できないほどに株価が下がることも少なく、リスク管理しやすいと思います。


株式投資をやる際には単元株式ではない、ミニ株式を購入する方法も存在します。
単元株では、購入する金額が高すぎて購入できない株式を入手したい時には、ミニ株でぽつぽつと買い取ることによって、一度に大きなお金を用意することなくほしい銘柄を買い取ることができます。私は、とある株式会社が株主に与える優待制度が受け取りたいために株を始めたビギナーです。


ようやく最近、株式を買ったり、売却したりするのが嬉しくなってきました。
株主優待制度も多種多様で、株式を保有している会社の製品がもらえたり、買い物をすると価格が割引になったりするので、どの銘柄に投資しようか考えてしまいます。株の購入において、時間が取れるということは大事な要素です。日本最大の市場である東京証券取引所が開いている時間は午前9時から午後3時の間ですから、より良い値段で株を売り買いするためにはこの時間に時間を取れることが好ましいのです。

この点で専業主婦の人は、初心者であっても好都合な立場で、株への投資が出来ると言えるでしょう。
株の空売りを実際に行っている株式投資初心者は少ないのが現実です。

しかしながら、株式投資を資産運用のひとつとして長期間続けていこうと検討しているのなら、使えるようにしたい技術のひとつだと思います。

その理由としては、空売りを使えるようになるということは買うほうの気持ちを理解するとともに、売る側の考え、意識も考えていくようになるので、取引の幅が広がっていくためです。



株式投資をしている人の大半は購入している株をどのタイミングで売り抜けるかという点に迷いに迷うかもしれません。しかし、一番高騰したところで株式を売り抜けることというのはだいぶ難しいことなので、「頭と尻尾はくれてやれ」ぐらいの意気込みで売り抜けられるならいいではないでしょうか。

株の始めて間もない人が株式投資をする狙い目というのは、みんなが株式投資に関心を失くし、株式市場が閑散となっている頃です。
こういう時期ですと、どの銘柄もありえないほど安く株価が放置状態になっているので、優良銘柄を買うなら絶好の時期だと思うからなのです。

株の初心者にとって苦手なのは、ずばり損切りなのです。
ついつい上がると信じたくて、手放さない場合が多いです。また、損したくないと思って、さらに損失を広げてしまうケースがあります。

絶対とか100%ということはありえないため、損失を最小限に抑える事も株投資においては、とても大事な事です。株をやるのが初めての方が、では決算書を読んでみようと思っても、書かれている内容がまったくわからないと思われます。実は、何の心配もいりません。
株を長く持たず、短期売買に決めれば決算書の内容とは関係なく黒字にできるからです。


私はこの間、株を始めたばかりの新米です。

株を買い付けて、ある程度利がでたら、ただちに売るべきなのか、反対に、長期保有した方が利益になるのか分からず、今もって悩んでいます。


長期間、所持していたら、優待も得られますし、悩むところです。



株式投資の新人から投資資金はいくらぐらいでスタートできるのかと聞かれれば、私は最低100万円程は用意しないと、株式投資にとりかかることはきついと思います。その理由はこれくらいの原資があれば上場されている多数のジャンルの中から気に入った出資先をセレクションすることができるからです。

給料はなかなか増えないのに政府は物価を引き上げようと熱心になっています。物価が上がるならば企業の収益もアップすることになって、株価上昇にもなります。
銀行に眠っている余剰資金がもしあれば、株投資を行うと良いです。

株を始めることは簡単です。
証券会社に口座を作るだけでよいのです。今ではネット証券などもありますから、取引もスムーズに行えるようになっています。株の収益については、株価の変動での利益と、会社から配当により、支払われる金銭という利益の二つがあります。株価の変動を予測するのは難しいと思っているような初心者の人は、株価が落ち着いた状態になっている一定の配当を毎期ごとに支払っている会社の株を買うことにより、配当という定期的な収入を得るというのも良い投資方法の一つだと思います。上昇や下落の幅を時系列に追って、確認するものとしてチャートを参考にするという投資家はたくさんいます。

例を挙げると、長く上髭が出た株のローソク足はこれから下がるであろうと考えることができますし、ローソク足の長さによって売買のタイミングを決める手がかかりになります。

株式投資には多様なやり口がありますが、その一つにスキャルピングがあります。


スキャルピングは、株購入から売却までを、数秒から数十秒の非常に短時間の間に決済してしまう投資方法です。
スキャルピングの良い点は、極めて短い株の保有期間に限定することで、株価下落のリスクを最小限にとどめることができるという点にあります。
株初心者は売り払うタイミングを逃してしまうことがあります。誰でも人間は欲があるので、「あとちょっと高くなってから」と考えているうちに、株が値下がりしてしまいます。

確定させて利益を出さなければ利益とはならないことを忘れないようにして自分に合った株を売るタイミングを考えておくと上手い方法が見つかるかもしれません。
株式取引には損失が出るおそれがあります。

なので、株式投資の初心者のときは、資産運用は投資信託から始めてみるのも良い選択です。

投資信託は運用の専門家が多くの有利な投資先に幅広く分けて資金を投入するので、安心できる初心者に最適の運用法のひとつと考えられます。


株投資の初心者に必ず覚えてほしい言葉にキャピタルゲインと更にインカムゲインがあります。

株式投資で利益を上げるにはこの二つの言葉を記憶しておいてください。キャピタルゲインは株の売買で生じる利鞘のことです。例をあげると、1万円で買った株式を2万円で売り渡せば、1万円のプラス分がキャピタルゲインとなるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:樹
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lliec6ecalrry5/index1_0.rdf