渡会が小野寺

July 13 [Wed], 2016, 14:02
ハイテクが日常生活に浸透している現代では、不倫の可能性がある人の現在位置をGPSを使って簡単に見つけられるようになりました。

調べたい相手にGPS搭載のスマホを持たせることができれば、誰でも簡単に、ほとんどリアルタイムでどこにいるかが分かってしまうのはすごいですね。
それで罰則があるというわけでもありませんし、誰にも知られずに自分だけで浮気を見つけるときには、便利です。


ただ、位置情報だけでは証拠にはならないのでご注意ください。

以前も夫は浮気していたのですが、再びそんな素振りがあったので、探偵を頼もうとウェブで調べたところ、出るわ出るわ、自社サイトを持っているところって意外と多いんですね。
何社か問合せをしていくうちに、思慮深く相談にのってくれたスタッフさんのいるところに頼むことにしました。いくら浮気を疑っていても、あれだけの証拠を目の当たりにすると、やはりショックでしたね。
自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。しかしそのような場合でも、不倫を始めるより前に、家庭内で別居している状態であったり、二人の間に亀裂があったと認められる場合、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。


慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、あなたの年齢、結婚歴等いろいろな事を鑑みて裁判所に委ねることとなります。
探偵業者に調査を依頼する場合、その調査にどれくらいかかるかの平均的な費用に関する知識が不足していると、見積書を見てビックリなんていうこともあるでしょう。



2時間で2万円台あたりを想定している必要がありますから、安いものではありません。

行動調査の時間を増やせば、費用負担は増えるだけですから、どこまで払えるか自分で見極めることが大事です。


探偵社に入ってくる事案でもっとも多いのは身辺調査だと思います。



基本は浮気ですね。奥様の第六感的にあやしいから、とりあえず不倫の有無だけ知りたいという依頼から、ガッチリ証拠をつかんで欲しい(離婚するから)など、ニーズに応じた調査を行います。

特に、不倫の相手方に慰謝料を請求するときは、確実な裏付けが必要ですから、探偵に依頼するのが一番だと思います。配偶者の不倫に悩んでも、探偵に頼むのは離婚支度のようでどうかと思う。なるほど、もっともです。でも物は考えようで、離婚しない人も多いですし、そう深刻に考える必要はないようにも思えます。

離婚云々はさておき、浮気の証拠があれば何にしても有利なのは確かです。あえて知らないでいることも、結局は自由だとは思いますが、白黒つけたいと思うなら、その道のプロ(探偵)に相談することを視野に入れても良いのではないでしょうか。これから配偶者の浮気について、興信所で調べてもらおうと考えているなら、ついつい手頃な価格のところを探しがちです。

しかし安さの根拠も定かでない会社は注意が必要でしょう。

安い価格からしても粗雑としかいいようがない調査を行っている場合もあるので、これから依頼するのであれば、他社と比べてみて、その価格でその業者に任せて大丈夫かどうかも調べておくと良いでしょう。浮気に走るきっかけというのは主に、配偶者との日常生活に飽きたという自己中心的な感情です。
異性として恋愛対象になるという気持ちの高まりが浮気へと走らせるようです。


そういった事態を避けるには、双方の言い分を尊重し、お互いに我慢したり苦しいと感じていることは何かを話してみて、認識するのも大事です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuu
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/llggeniamespny/index1_0.rdf