杉浦だけど王子

April 24 [Sun], 2016, 1:52
高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い介護士は離職率が高いです。ですから、やはり、転職率も高いことが挙げられます。
そうした傾向を踏まえ、介護士専門の転職サイトなるものが増えつつあります。専用の転職サイトなら、もっと簡単に希望に沿った求人を探すのが容易に出来ますから、仕事に追われて時間のない介護士にはぴったりですね。どの転職サイトを利用すればいいのか悩む場合は、転職サイトのランキングなどを合わせて活用すると、さらに便利だと思います。
一般的に、介護士という職業は比較的高給のイメージがあります。

介護現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的などハードな職業ですが、実際の年収にのみ注目するのであれば、他の業種の収入に比べると平均して高水準を続けられることが分かっています。また、景気に大きな影響を受けないことも介護士の特徴です。
こうした安定性と給与の高さから見ると、介護士は他にないくらい優秀な職業だと言えます。オン、オフの期間を調整できて、希望に沿った仕事を選んで働ける、等などが派遣という形で働く介護士にとっての、大きな利点ではないでしょうか。


仕事は、単発のものや短期のもの、もちろん長期の募集もあり、いろいろある中から、自分に合ったところを選べます。
なので、今現在、仕事を探している人は派遣で働いてみることも一応考えてみながら仕事を探すと、選択肢がとても増えます。交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、土日祝日の休みをとることもできます。


病棟勤務のままだとそれは難しいですが、外来勤務に変えてしまえば、外来は土日はやっていませんから、介護士もお休みになります。まったく予想外の呼び出しによる出勤や、たまに休日診療の当番に回ることもあるにはありますが、でも大体、土日祝日の休みは固いです。そして、入院施設がなく、個人経営の介護施設に勤めると、診療科にもよりますが、たいてい土曜、日曜、祝日は、お休みです。笑顔で辛い人を優しく支えるという点から、介護士は人気が高いと思うのですが、未婚率が高い理由はどこにあるのでしょうか。実際のところ、介護士の結婚年齢は早婚と晩婚が極端に分かれていると分かりました。晩婚の理由として多いものは、出会いが無かったり、出世を第一にすることで結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。
いつも忙しく、様々な業務に携わる介護士という職業ですが、必要とされる度合いがとても高いですし、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。病棟のある介護施設では当然、24時間体制ですから、介護士も介護施設に24時間いることになり、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、交代で勤務することになっています。夜勤のある仕事ではどうしても、上手に生活のメリハリをつけないと充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている介護士は多いですし、増えてもいます。そんな風に、出戻ってこれるのかどうかはどういった事情で職場を辞めたかによって変わるでしょう。

結婚や、遠方への引っ越しにより辞めることになったり、あるいは出産、育児のために辞めた、というような事情なら、心理的にも、職場にとっても出戻りは簡単でしょう。
こうして、ライフステージの変化に伴って復職する人は割と多いのです。家の事情などによって、夜勤が無理なので日勤業務だけのパート勤務を希望し、働くために出戻り就職をした、というケースもよくあります。学校を卒業したり転職によって、新しい介護施設に就職する際に、どこに配属されるかは大変気になりますが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれる場合もあり、また、人事を担当する人の考えによって確定されたりすることもありそうです。全く意外なところに配属されたら慌てますが、しかしそれも、その場所にその人が最適だという判定から、出された答えとしての配属であることが多いようです。でももし、その配置に不満がやまないのなら上司にそれを伝えて、相談してみることもできます。


介護士として患者から信頼してもらうためにも、介護士は服装や外見を意識しておく事を忘れてはいけません。中でも、女性の介護士は派手なお化粧は控えて、介護施設に適したナチュラルメイクを施すのが相応しいと思います。ノーメイクという訳でもありませんから、雰囲気が良くなるでしょう。多くの介護士が持つ悩みといったら、休日や出勤日が不規則な事だと思います。休日や休みの時間に友達と遊んだりデートの時間が取れなかったりする辛さがあるようです。
他にも、そもそも人手が足りずに忙しくて休みが取れないケースもあります。
きちんとした休みを望むのであれば、たとえば、日勤のみの勤務が可能な介護施設の求人を探してみるなど、転職を考えるのが良いでしょう。介護士という仕事に就いていると、その他の職業と比べて待遇がいいのも事実です。

その結果かどうかは不明ですが、おしゃれな人が多くいるように感じられます。
しかし、時間的余裕の少ない職業でもあります。

勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けているというようなことがあるようです。給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのが最高でしょう。どうやら介護士の世界においては、人間関係の難しさが際立っていると、当たり前のように囁かれたりしていますが、単純に介護士の職場には、女性がとても多いから、ということのようです。なにしろ、女性はすぐにグループを作って何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、どうやら女の人ばかりの仕事場では、そういったことは多いようです。


職場がそんな人間関係ばかりだといい加減、疲れてしまうかもしれません。でも、女性が多数を占める仕事場であれば、これは仕方がない、と知っておくだけ知っておいて、一歩離れた所から対処する姿勢を保つのも手です。

仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、介護士の世界にもそれはたくさんあり、例としてエッセンなる言葉があるのですが、ご存知でしょうか。



実は、食事休憩をとりますよ、と他の勤務中の介護士に伝えるための暗号としてどこでもよく通用します。

このエッセンという言葉自体には、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。一昔前、介護の世界ではドイツ語が多く使用されていましたから、それが今まで細々と生き残ってよく使われ、親しまれている用語です。慢性的な人手不足を訴える介護機関も少なくない程、介護士の需要は高いため、転職がとても容易です。

転職に際しては、まず履歴書にて選考を受け、これに通れば、多くの場合は面接という形になるでしょう。

ここで、経験してきた職務であったり、従事してきたことなど話を聞いてもらったり、相手の質問に答えたりしますが、実務的なことの他に、職場仲間として適応できるかどうか、性格や人間的なところもテストされていると思ってください。
技能や知識のみならず、人としての良い面をわかってもらえれば、かなりポイントは高いはずです。

年々志望者の増える介護士ですが、この職業につくためには、看護学校などの養成期間で、それぞれ決められた年数勉強をしてから、受験資格を得て、国家試験にパスしないといけないことになっています。国家試験については、受けた人の9割が毎年合格を果たしていまして、ふつうに授業を受けていたなら、それほどまでに難しい、というものでもないのです。介護士を養成する学校というのは看護専門学校や短大など、いくつかありますが、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる看護の4年制大学に進学する人が、多くなってきているようです。

介護士は良い給料をもらってはいますが、よく見てみると、夜勤の分の手当てによって総額が上がっている場合が多いです。
仮に良い給料で介護士をしたいというのなら仕事探しの段階で、日勤だけの職場ではなく夜勤で働けるところにしましょう。


夜勤帯に働くかどうかで給料の額は違ってきます。


新卒や既卒で介護士としての就職先が見つからずに失敗が続くという場合、年齢が壁になっているかもしれません。


求人サイトなどには年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、実際には介護施設側が採用年齢を決められていることも、珍しくないのです。中でも30代から介護士を始めた、という方の場合は厳しい就職活動になることは間違いないでしょう。我が国の法律で、介護士はどういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。介護士が介護行為を行うということは、今のところ認められていないのですが、医師の指導管理下だったら、処置可能なものもあるのです。
とはいえ、患者さんの容体が突然変わってしまったり、一刻一秒を争うような事態になった時には、経験豊富な介護士であれば、部分的に介護行為も認めるべきだと思っています。

介護施設で介護士として勤務している人の中には毎日の勤務時間がばらばらであり、労働環境の大変さによってまったく違う仕事に移る方も少なからず存在するそうですが、実をいうと、介護士の資格を持っているとそれ以外の職場にとっても有益であるケースが多いのです。
考えられるのは人体の仕組みをわかっており、扱いや病気の対応にも慣れていますから、未経験でも働きやすい職場といえば、保育関係やリラクゼーションサロンなどです。

注射や採血は介護士が行う仕事の代表的なものです。好んで注射や採血をしてもらうような人は少数派でしょうが、どうしても打たれなければならないなら、痛みが少ないようにお願いしたいですよね。とは言うものの、介護士の技術によっては注射が得意な人と不得意な人がいますから、残念ながら、何度も刺し直されたり痛くされてしまう事もあると思います。これは運でしかありませんから、上手な人に処置してもらえれば幸運と思うくらいがいいかもしれないです。


高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、このところ次第に介護機関を利用する人口が増加しています。ということはつまり、介護機関で働く介護士に関してもどれだけいても足りないという程、実際には、人手不足が深刻です。


けれども、それほど人手が足りない状況だと、それによって求人も多くなりますから、たくさんある中から条件のいい働き先を見つけられる等の大きなメリットもあります。



介護士も長く勤めて周囲の信頼を得ていくと出世していきます。


具体的には、婦長と聞けば分かりやすい役職ですが、また別に主任などの役職があるのです。昨今の介護士不足の影響で、看護学生やパートの介護士も珍しくなくなってきましたから、正介護士もそれだけで役職が上がっているといえるでしょう。
収入に関しては階級が上がって役職になれば優遇されますが、その責任も大きくなることを理解しておきましょう。

同じ介護士であっても、正社員とパートでは少し差があります。正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、これがパート勤務であれば、多くの場合、時給計算で報酬が支払われます。では、パート介護士の時給はいくらくらいか見てみると日勤業務のみのケースですが、下は1300円くらい、上は1800円くらいとなっていて、この辺がパート介護士の時給としての相場です。
パートとしては結構良いように思えますが、人の命に関わる責任の重さや常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、どうしても安く感じてしまいます。
介護士として外科で働く際の長所と短所を理解しておきましょう。これから手術を受ける患者や術後の患者の看護を実践することで、介護士に必要な力を身に着けやすいという事でしょう。短所は何かというと、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、長期に渡って落ち着いて患者との関係を構築していくということが難しい点があります。



業務を交代制で進めていく中での極めて大事な仕事の一つとして、多くの介護施設では、申し送りを行っています。


入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、その他報告しておくべきいくつかの事項を直接、顔を合わせて報告説明する決まりです伝え忘れなどミスのないようにし、また、相手がきちんと理解できるようになるべく簡素に話すことが大事です。


あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることも大事なことになります。基本的に定休制の会社員とは異なり、介護士の休みは働いている職場でそれぞれ異なるようです。


中でも3交代勤務の職場においては、先にシフトが組まれていますので、休日出勤や平日休みも普通です。一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、ご自身のスケジュールに合わせてシフトを組むことも可能ですので、上手く活用して、平日に旅行に行く人もいるようです。介護施設が統合されたり閉鎖されたりすることが相次ぎ、医師不足あるいは介護士不足が叫ばれています。
日勤に夜勤にとイレギュラーな勤務をしながら急患にも応じなければならないので、たくさんの介護士がとても大変な思いをしているという現実があります。徐々に男性介護士も増加していますが、今のところはまだ女性の仕事という状態なので、どうしてもストレスが溜まりやすかったり、自分のタイミングでトイレにいけないため、便秘を患っている介護士も多くいるということは理解できる話です。一般的な認識では介護士は給料が安定している仕事だと位置づけられていますからもし、ローンを組もうとすることがあったとしても、審査で引っかかるということは殆どないでしょう。


とは言え、勤務形態が非常勤であるなどで安定していない介護士についてはそうとは言えないことも多いです。スムーズにローンを組むことが出来るのはどういった場合かというと正職員という形で勤務中の介護士の場合には当てはまることなのですが、介護士であっても勤務形態が非常勤となると、ローンを組む際にスムーズにはいかないことがあります。私がなぜ介護士になりたいと思ったのかというと、中学での職業体験でのことでした。介護施設を訪問し、そこでの介護士さんの働きぶりを見て感動したのがきっかけです。



将来は、あんな仕事をしたいと思って高校卒業後、看護学校を経て今は介護士です。いやなこともありますが、充実した日々を過ごしています。毎日、介護士として頑張っている中、辛酸をなめるようなことも多いでしょう。そしてつい、楽な病棟はないか、などということを考えるようになってもおかしくありません。なかなか言い切るのは難しいのですが、比較的のんびりできる病棟として知られているのは、人命にかかわらないし、残業が少ないということで、眼科、整形外科、精神科などでしょう。
しかしながら、介護機関の種類や、高度な治療が必要な重症患者さんの受け入れはしているのかによっても、ハードさの度合いは違ってくるはずです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yu
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ll2jb7ooheslet/index1_0.rdf