まきまきのナポリタン・マスティフ

May 12 [Thu], 2016, 3:57
葉酸には妊婦にとって多くの効果が期待できますが、妊娠が発覚してから葉酸の摂取を心がけるようになったという方が多いのではないかと思います。ここで疑問なのは「いつまで摂取を続けるべきなのか」という事ですよね。胎児の成長のために葉酸を摂取されている、という場合は、妊娠中だけの摂取でも、もちろん問題はありません。でも、葉酸には体のバランスを整えてくれるなど、人体にとって必要な栄養素でもありますから、葉酸の摂取を続けることで日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。
近年、葉酸の効果への注目が集まっており、多くの産婦人科で妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。サンプルの葉酸サプリを配布している産婦人科もあるようです。ですが、妊娠中に葉酸を意識していなかった、という方もいらっしゃいますよね。もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でも肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。なので、食事によっても、ある程度は摂取できるのです。
妊活中の女性から妊娠初期の女性まで、妊娠に関わる女性が最も意識している栄養素が「葉酸」ですよね。葉酸は赤ちゃんが元気に育つために最も大切な成分ですが、もしも、葉酸を適切に摂取しきれなかったとすると、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、先天異常を発症する可能性があるというデータがあるのです。ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、是非、葉酸の摂取を意識してみてください。
「妊娠と言えば葉酸」というように、この二つは切り離せない関係の二つです。なぜかと言うと、妊娠初期には、葉酸が最も必要であると同時に不足しやすい栄養素である為です。この話は当然、妊活中の女性にとっても、最も重要な栄養素であることは間違いありません。妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、妊活中から葉酸を摂るようにするのが良いでしょう。
妊娠しやすい体を作る食べ物は、大豆食品(豆腐・豆乳・納豆)とお魚が挙げられます。それ以外には、卵やレバー、ブロッコリーなどにも妊娠に欠かせない栄養素を含むので、日常の食事に積極的に取り入れたいものです。また、栄養バランス良く一つの食品群に偏らないことが健康維持にもつながるのも事実です。また、体を冷やすという食べ物は妊娠を妨げるものが多いので、避けるようにしましょう。
妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が大勢居ます。ですが、葉酸というものは熱に弱いため加熱調理してしまうと、葉酸が溶け出てしまっていることもあります。結果的に、摂取量が不十分かもしれませんので、気を付けてください。
葉酸の摂取によってお腹の中の赤ちゃんの先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が科学的見地からも認められています。こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生労働省が勧告しています。実際に葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうち特定保健用食品として、妊婦に特に利用されているといったこともよく耳にします。
妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。そのため、妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症するリスクが高くなるという話があります。もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊活中から妊娠3か月の期間、日常的な食事以外に、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。
胎児のための栄養を一番に考えている妊活中の女性にとって、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、ルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。あまり馴染みのないお茶かもしれませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、妊活中の女性にも胎児の成長にも優しい、理想的な飲み物です。中でも鉄分を含有しているルイボスティーは、飲むだけで貧血を改善できるという話もありますから、妊娠発覚後も、積極的に飲むようにしましょう。
妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、血液を造る力を強めるという働きがあります。この作用は妊娠にも有効で、とくに着床困難を解消するため、妊娠しやすい状態を作り出すことが期待できます。それに、血液が増えると血行が良くなり冷えも改善され、ホルモンバランスが良くなり、不妊状態を改善するのにとても有効なのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:シュリ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lkwnhswaoonthd/index1_0.rdf