ちー子の皇帝

September 23 [Fri], 2016, 16:00
看護師にとって当然のことですが、やめてしまいたくなることも少なくないでしょう。仕事そのものの失敗のみならず患者さんとのトラブルなどもあるのです。ですが、それだけではなく、やりがいがあると思うことはいっぱいあります。先輩が激励してくれたり、温かな言葉をかけてくれたりと周囲の人々にサポートしてもらっていることを実感する日々です。気になる看護師資格の難易度ですが、どのくらいだと思いますか?試験の合格率ですが、90%前後となっています。試験内容自体が、専門学校や大学の講義を勉強しておけばそんなに難しい試験ではありませんので、全く看護師の資格取得は難しいものでもないようです。最近の交代勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として看護師があります。外来の看護師であれば日勤のみということもありますが、多くの病院では、病棟の方に人材を割くのでまだ経験が浅ければ、確実にシフトを組んで働くことになるでしょう。妻の話ですが、まだ子供が小さかった時に看護師としてシフトに入っていたために、夜勤の時は代わりに私が子供を見るのですが、上手く寝かしつけることが出来ずに大変だった思い出があります。改めて言うまでもなく、医療関係の代表職である医師と看護師ですが、二つの間には大きな違いがあります。分かりやすい違いは、医師がすべきことは患者さんの診察を行い、そしてそれに沿って治療を行うということや、予防指導を行ったり、そのために必要な薬の処方を行うといったことが仕事です。対する看護師の仕事は、お医者さんに従い、診療の補助をして、患者さんの医療的、心理的援助を行うといった仕事内容になります。看護師資格の一番のプラス面といっても過言ではないのが、結局のところ、たとえブランクがあったとしても、再度、看護師として雇ってもらえるということでしょう。その理由は、看護師は専門職という位置づけであることと現場の人手不足の問題が大きな原因といえます。どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は極端に言えばすでに50代になっていても再び働くことができます。病気の治療では患者との信頼関係が重要になります。患者に不信感を与えないためにも、看護師はその外見に問題がないのか気を付けておく事を忘れてはいけません。女性の看護師の場合、派手な化粧はなるだけ控えておいて、広い世代に好印象になるナチュラルメイクにしておくのが相応しいと思います。スッピンとはまた違って、きちんとした雰囲気になるので、周りに与える印象が変わりますよ。病院では、看護師が一日中途切れないよう、交代制という形の勤務になりますが、そのため、多くの病院では、申し送りを行っています。入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、追加されたり改められたりした諸々の伝達事項を次に勤務を始める看護師に口頭で報告説明する決まりです申し送りでは、大事な情報がもれなく相手に伝わり、理解してもらえるように、簡素に正確に報告しなければなりません。あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることも求められます。一般的に、看護師の休みは、クリニックや病院の勤務形態によって異なっていますから、一概には言えません。3交代勤務の場合、先にシフトが組まれていますので、出勤や休日がカレンダー通りではないことも珍しくありません。一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、上手く活用して、平日に旅行に行く人もいるようです。検査や治療に当たっては採血や注射がつきものですが、これは一般的に看護師が行います。普通、好んで注射をされに行くような人はそうそう多くいるとは思えませんが、実際に打たれるとしたらベテラン看護師に注射してもらいたいですよね。ですが、痛みを感じるかは看護師の腕によるところもあって、注射が得意な人と不得意な人がいますから、残念ながら、何度も刺し直されたり痛くされてしまう事もあると思います。これは運でしかありませんから、上手な人に処置してもらえれば幸運と思うくらいがいいかもしれないです。一口に看護師と言っても、それぞれの科の診察内容次第で、看護師に求められる技術や処置の方法も異なります。看護師のローテーション研修は、配属部署以外を回るのですが、自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、いち看護師として視野を広くして物事を捉えられるようになり、多くの知識を身に付けることが出来ます。将来を考えるキッカケになりますから、看護師としてのやる気も湧きやすいようです。引く手あまたの看護師は就職しやすく、さらに転職に際しても簡単なことが多いです。希望の転職先に履歴書を送って、書類選考をパスしたら、多くの場合は面接という形になるでしょう。これまでの経験や職務について、志望動機など話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、実はそういう技術や経験についての話と同じくらい、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかり注視されていることを、知っておきましょう。技能や知識のみならず、人としての良い面をみてもらうことができれば、上出来です。一口に看護師といっても、その職場は多種多様で、様々な科を併設した総合病院から町医者までかなり違いがあります。意外なところでは、介護施設や保育園も看護師の職場です。会社によって給料が変わるもので、当然ながら、看護師の場合も同じでしょう。総合病院と町医者とでは収入は違ったものになるでしょう。ですので、一口に看護師といっても、平均年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。皆さんは看護師の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、看護師になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが看護師の帽子といえるでしょう。そうはいっても、昨今では、徐々に看護師の制服も変わってきているのが現状で、近いうちに特に帽子が意味をなさなくなるという事態に陥る時が来るかもしれません。過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは残念だと思いますが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。いつ働くか休むかをコントロールしやすく、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などをかなり自由に選択可能、というのがあえて派遣で働くということを選んだ看護師にとっての、主なメリットでしょう。働く期間も様々で、単発、短期、もちろん長期の募集もあり、自分の条件に合わせて選ぶと良いですから、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合は望めば派遣で働くこともできる、ということも考慮に入れて求職活動をしてみてはいかがでしょうか。いま日本においては、インドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、「外国人看護師候補生」というものの受け入れを推進しています。しかしながら、日本語を使った看護師国家試験にもし、3年以内に受からなかった場合、母国へ帰国することになります。勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、同時に、国家試験のための勉強を行う必要があり、かなり過酷な条件であると言えるでしょう。病院に初めて看護師が就職を果たした時、配属先がどこになるか、というのはどうしても気になるものですが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれる場合もあり、また、人員配置を担当する人の考え方一つで決められてしまうこともあるでしょう。全く意外なところに配属されたら慌てますが、しかしそれも、その場所にその人が最適だという判定から、導き出された結果としての配属であるはずです。ですがもし、配属先での仕事があまりにも自分向きでない、など疑問に思うのなら、指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。そしてまた、外来勤務では土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。夜勤もありません。外来勤務が忙しくなるかどうかは、病院による部分もありますが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だと多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、かなり忙しいことになり、その上待たされた患者からのクレームも増えます。求められるスキルもどんな病院か、診療科はどこかによって、変わってきます。看護師といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、別段、看護師が仕事で寿命を削っている、ということはないでしょう。とはいえ、夜勤に出る必要もあって、生活が不規則になりがちで、疲れが取れなかったり、寝不足になったり、知らずにストレスを溜めていた、ということはしょっちゅうです。さて、看護師として長く働き続けると、医療にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、人の身体がどんな具合か、だけではなく、それだけでなく自分自身の身体のことも異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。一般的に、看護師として勤務する人は女性がかなりの割合を占めている職業なので結婚であったり、出産であったりで一度職を離れる人も多く比較的離職率が高い職業です。その他にも、勤務時間が一定でないこと、キツい仕事だということも原因となり、離婚率についても高くなっているようです。自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのも離婚してしまう人が増える一つの原因になっているかもしれません。転職活動の場面においては、看護師の場合にも履歴書を書かなければなりませんが、気を付けなければならないことがあります。何に気を付けるべきかと言いますと、履歴書の項目の中でも特に大事な志望動機をいかに書くかです。志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、見ただけでやる気を感じられるような志望動機がいいと思います。専門職だけあって、看護師という仕事についていると、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。きっかけが結婚や出産だったりその人の都合で職場を変えることもありますが、そんな中、もっと上を目指したいために転職しようとする人も大勢います。そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。そうでなければ転職させてもらえないことだってあるかもしれません。より幅広く看護の経験を積むために、多くの科がある病院に勤務したい、大病院で最先端の治療に接したい、というように看護師としてグレードアップを目指したい気持ちを前面に出した志望動機が望ましいです。昔から「白衣の天使」と呼ばれるほど男性から人気が高い看護師が、未婚率が高い理由はどこにあるのでしょうか。実際に、看護師が結婚した年齢を調査してみると両極端だという事が指摘できるのです。挙げられる理由としては毎日の仕事をこなすのに精いっぱいで恋愛から遠ざかってしまうことや、地位を上げるために結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。皆さんは「看護師は給料を多くもらえている」という印象があるかもしれません。実をいうと夜勤の分の手当てによって総額が上がっている場合が多いです。仮に看護師としてより多く稼ぎたければ、勤務時間帯を重視し、日勤だけのところを避け、ハードにはなりますが、夜勤帯の勤務が出来る勤め先を探しましょう。夜勤で勤務できるかどうかで給料の差は大きくなります。病院にもよるのですが、看護師がもらえる報酬は、他と比べると、女性の仕事としては、けっこう良い給料をもらうことができます。人命にかかわる緊張感のある仕事だということや、各種手当、例えば夜勤、残業につく手当も確実に支給されるからです。他の人より夜勤をたくさんこなしていたり進んで残業をたくさんするというような看護師ですと、給料はもちろん、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。どこの業界にもこういったものはあるようですが、看護師の世界で通用する業界用語のひとつに「エッセン」というものがありますが、なんだかおわかりでしょうか。食事をとってきます、と他の勤務中の看護師に伝えるための暗号として現場でよく使われています。このエッセンという言葉自体には、デタラメでも略語でもなく「食べる」のドイツ語です。昔、この世界ではドイツ語の医療用語が盛んに使用されていた事実があって、そんな習慣が業界用語として残っているのです。ともあれ便利に多用されているようです。看護師がどんな風に思われているかというと、白衣の天使という呼称があるほど、往々にして、良い印象を持たれていることが多いと言えます。しかしながら、昨今の看護師の働き方の実情を鑑みると、収入としては決して少なくはありませんが、なかには夜勤や長時間残業の看護師も多くいるのです。良い面だけを見るのではなく、現実問題として看護師の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると優しい言葉をかけてくれる看護師は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。でも、その労働は過酷なものであることが多いのです。具体的には、覚える必要のあるいくつもの作業や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。このような仕事のストレスで、こころの病に侵される看護師も珍しくないのです。看護師に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプやこれといったストレス発散方法が無いという場合は、特に注意が必要になります。看護師というものは勤務時間が一定でないことに加え、キツい仕事だということも原因となり、他の仕事に移る人も結構いるということですが、「看護師資格を持っています」という事実は、意外にそれ以外の職場にとっても活用できるというのもよくある話です。考えられるのは病人への対応や体の仕組みに関する知識があり、人の体を扱うことにも慣れているので、未経験でも働きやすい職場といえば、保育関係やリラクゼーションサロンなどです。少子高齢化の影響は様々な所に波及しており、とりわけ医療職に就く人たちがもっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。そういった理由で今日でさえも看護師が不足していることが指摘されているのですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。年々多くの看護師が輩出されているのに、なぜ看護師がそんなに足りていないのでしょう。それには職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も一つの理由といえるでしょう。私の知人は看護師として病院で働いていたのですが、大病を患ってしまっていったん退職しました。でも、病気を治したら復職して昔と変わらず看護師として勤務しているのです。空白期間が出来ても、資格があれば比較的復帰が楽になりますよね。やはり資格が大切なことが改めて分かりました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rune
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lksoieshiaydtp/index1_0.rdf