シミの種類は何がある?

December 03 [Mon], 2012, 6:56
シミに効く化粧品を使いたいですね。みなさんは一口にシミといってもかたづけてしまうかもしれないですが、シミには様々な種類があるのです。今回はシミの種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)について、ご紹介していきましょう。どなたでも知ってるところからお話していきますと「そばかす」もシミの一種で、「雀卵斑(じゃくらんはん)」と呼びます。鼻を中心として鼻周辺や頬の辺りにできる小さな斑点の事で、遺伝的な物が多くあるなんです。遺伝ですと、おおよそ10歳頃からそばかすが出てくるのですが、レーザー治療を行わなけれねこのシミは取れません。近頃よくCM(コマーシャルともいいますね)で耳にすることが多くなった「肝斑(かんぱん)」、これもシミの一種です。頬や鼻、額の左右対称にできてしまうシミで、30〜四十代の女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)に多く見られるのでます。妊娠中であったり、ピルを服用している時に出来易いことから、女性ホルモン(エストロゲン、卵胞ホルモン、雌性ホルモンなどと呼ぶこともあります)がこのシミには関わっているだと言えるのです。肝班であるならそばかすとは違い、レーザー治療を行うことでシミをひどくしてしまう可能性がありますから注意してください。シミの一番の原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)であると呼ねれる紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)とはいっても、その紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)で出来やすくなってしまったのが、「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:はやとsp5k
読者になる
2012年12月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ヤプミー!一覧
読者になる