マツキスでしまゆり

May 19 [Thu], 2016, 10:00
転職活動の際は、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格を持っていれば採用へのアピールになってくれるかもしれません。
このMOSという資格、実はマイクロソフト社が公認しているPCスキルが一定レベルにあることを証明する資格になります。
この資格を得るということは、つまり、ほとんどの企業において一般的に使用されているマイクロソフト社のワードやエクセルといったソフトに関する知識やスキル等を証明できるのです。

転職する時、資格を持っていないよりも転職先が期待しているスキルに近い資格を所持している方が有利になる場合もあります。ただ、今の時代、期待されているのは、資格よりも実務の経験で、資格をとっていなくても実務の経験が長い人の方が就職に有利かもしれません。転職における履歴書の記述方法がよくわからない人もおられるかもしれませんが、近頃では、ウェブサイトに履歴書の書き方の模範なども掲載されていたりするので、参考にしながら、履歴書を書いてみるのもいいでしょう。

ただ、みたままを書くのはいけません。人事担当者にしっかり読んでもらえるような記載方法をご自身で考えるようにしてください。



時と場合によっては、転職に失敗することもあるでしょう。最悪なことに転職前の仕事より合わなかったり、仕事量がふえても給料が変わらなかったり、新しい会社になじめなかったりすることもあります。転職をして良かったと思うためには、念入りに調べる事が重要です。



また、自らを売り込む力も必要なのです。

焦る事なくがんばるようにしてください。

専門職というのは、その求人の条件として指定資格を有していることなどと提示されている求人もありますので、転職して専門職に就くなら資格を有する人が有利となるのです。
それに、資格を持つ方とそうでない方とでは、人事部が履歴書を確かめる時にも差が出ることでしょう。転職活動は在職中から実行し、転職先が決定してから辞めるのが理想です。辞めてからの間が自由になりますし、ただちに就業できますが、転職先がなかなか決定しない想定もありえます。

無職の期間が6ヶ月を超えてしまうと、採用通知が来なくなる傾向になりますから、勢いで現状の仕事を退職しないようにしましょう。

大企業になるに従ってボーナスも高額になる傾向があるといえます。転職に伴って大きく収入をアップできる可能性が高いので、大手企業にチャレンジしてみるのもいいのではないでしょうか。


とはいえ、大手企業への転職を成功させるのは中小企業への転職以上に困難ですから、そんなにこだわりすぎないのが得策でしょう。正社員と比較すると、待遇に大きな差異があるとされている契約社員の待遇についてですが、実際の給料の額には、一体どれくらいの差が生じるのでしょうか。あるテレビ番組の情報では、一生の取得額でみると、およそ8000万円の差があるという調査結果が出たそうです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Tsubasa
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lkoafuunryoe5l/index1_0.rdf