下平でグランディスオオクワガタ

May 23 [Tue], 2017, 0:27
妊娠が発覚した後、ご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょうか。赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、妊娠中だけの摂取でも、もちろん問題はありません。しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、赤ちゃんを産んだ後も、葉酸を摂取し続けることが日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。
葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても妊婦への積極的な摂取が求められています。産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。とはいえ、妊娠初期に葉酸を積極的に摂っていなかったと不安になっている妊婦さんも多いと思います。もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。葉酸は自然の食品にも含有しています。例えば青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、普通の食事を摂っていたならば、多少は葉酸を摂れていたと思います。
妊活中の女性から妊娠初期の女性まで、妊娠に関わる女性が最も意識している栄養素が「葉酸」ですよね。葉酸は赤ちゃんが元気に育つために最も大切な成分ですが、もしも、葉酸を適切に摂取しきれなかったとすると、胎児にどのような影響があると思いますか?葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、先天性の障害などを発症するリスクが高まるというデータがあるのです。また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、より積極的な摂取が求められます。
妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は切り離して考えることは出来ません。その理由は、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。この話は当然、妊活中であったとしても例外ではありません。実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。ですから、適した母体で赤ちゃんを授かることが出来るように、妊活中から、積極的な葉酸の摂取を心掛けることをお勧めします。
スムーズに妊娠できる体を作る食べ物といえば、大豆食品(豆腐・豆乳・納豆)とお魚が挙げられます。レバーも良いのですが無理だという人は、卵やごまなどはどうでしょう。母体作りに必要な栄養が豊富に含まれますから、意識して食べたい食品に入ります。ただ、過食は毒にもなりますので、バランス良く多くの食材から栄養をとるのが理想的な食生活というのに変わりはありません。一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は産後までは我慢したほうが良いですね。
葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーを食べるようになったという妊婦さんも少なくないですよね。ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。そのため調理のために加熱することでどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が足りていないかもしれません。
葉酸の摂取によって胎児の健やかな成長を促し、先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が認められています。そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が勧告しています。実際に補助食品や葉酸サプリメントも多数販売されており、葉酸が多くの方にとって必要不可欠な栄養素だという事が分かります。また種類によっては特定保健用食品として、妊婦に特に利用されているといったことも多いそうなんです。
妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。細胞分裂が行われる、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる危険性があります。細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊活中から妊娠3か月の期間、日常的な食事以外に、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。
胎児のための栄養を一番に考えている妊活中の女性にとって、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。一般的に、妊活に効果があると言われるお茶はタンポポ茶ですとか、ルイボスティーが良いようです。これらのお茶はカフェインが入っていません。いつ妊娠してもおかしくない妊活中の女性にも、胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。中でも鉄分を含有しているルイボスティーは、飲むだけで貧血を改善できるという話もありますから、赤ちゃんを授かった後も、飲み続けるのがお勧めです。
妊娠初期の女性に欠かせない葉酸は、細胞の分裂を促進し、新しい血を造り出すのに有効な栄養素です。さらには妊娠にも効果的な役割を果たし、子宮の状態を改善して着床しやすくし、妊娠確率が上がることが期待できます。また、葉酸で血液が増えれば新しい血液が体内サイクルを整え、生殖機能そのものが底上げされ、不妊対策に良い結果をもたらすのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Dan
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lknhcueah6qst6/index1_0.rdf