パニック障害ってどんな病気?治療法って?

July 09 [Sat], 2016, 18:38
近年では、パニック障害と言う言葉をよく聞くようになってきました。パニック障害は、以前は不安神経症とか、うつ病(気分障害の一種であり、精神疾患です)などと診断されることが多かったそうです。それでは、パニック障害とは一体どの程度の病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)なのでしょう。パニック障害というくらいなので、パニック発作を起こす病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)というのは何となく想像できるのです。しかし、パニック障害のパニック発作は、ある日突然に、何の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)も予兆もなく起きるのが特徴です。突然、めまいや動悸(あまりにも頻繁に起こるようなら、病院で精密検査を受けたり、人間ドックなどを受けてみましょう)、呼吸困難などという症状に見舞われます。そして、一度こういった発作を起こしてしまうと、今度いつあの症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)におそわれるのか常に不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)が付きまとうことになります。これを予期不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)と言うのです。この予期不安のせいで、いつも神経が緊張した状態になってしまい、すごく疲れてしまうでしょう。パニック障害のもう1つの特徴として、広場恐怖があるんでしょうか。これは発作が起きた時に逃げる事が出来ない事や助けを求める事が出来ない不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)、呼吸がしづらくなるかもしれない不安から、特定の場所を避けるようになります。以前にパニック発作を起こした場所や飛行機、電車やトンネル、高速道路、また、窓のない閉鎖的な空間なんかも避けてしまいがちになる為、いつもの暮らしに支障が出る可能性もあります。ただ、広場恐怖の症状の重さには人による違いがあって、人それぞれに全く起きない事もあるみたいです。パニック障害の治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)には、抗うつ薬や抗不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)薬が有用です。また、認知行動療法として暴露療法を行います。これは不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)を感じている状況や所にあえて飛び込ませ、克服することによりパニックとの因果関係を否定し、自信を付けていくという療法なんです
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:キアイ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lkm6maewsio3cn/index1_0.rdf