ログハウスをセルフビルドした成功事例の記事を雑誌やネットで見る事も多くなってきましたが

November 15 [Fri], 2013, 16:36

今回の目的は、娘一家他が休暇を利用して、ログハウスに来るため、受け入れ準備と、お付き合いでした、
この為、ログハウス関係の作業は、あまりできませんでしたが娘達が帰った後に、少し作業ができました。

娘達は8月14日に帰って行きましたが、後片付け(シーツ等の洗濯や部屋の掃除)で2日間掛かりました、
その後天気が悪い日が続き、外での作業が思うようにできなかったのですが、デッキ廻りの落ち葉避け
カバーを、どうにか取付る事ができました、カナダ ログハウスクリアーの防腐塗料の為、少し仕上がりが気に入らないので
次回デッキフェンスと同色の防腐塗料を塗る予定です。


  デッキ下廻りに落ち葉避けカバーを新設しました、材料はすべて余った木材の利用です

みなさんは 「 ログハウスのセルフビルド 」 に興味がありますか?

十数年前までは ログハウスといえば 「お金持ちが建てる家」 というイメージでしたが、 最近は日本でも ログハウスが建っているのを目にすることが増え、

団塊の世代の「第二の人生」を考えるときに 「田舎暮らし」もブームになり、 ログハウスで田舎暮らしをする人達も増えました。

また 「定年後は時間があるので、 ゆっくり楽しみながら 田舎暮らしをするための家を自分で建てたいな」と思う人も多くなり、

ログハウスの部材をキットとして購入して 自分自身で建てる、いわゆる 「セルフビルド」 が 日本でも 三の倉市民の里随分知られるようになりました。

欧米では マイホームを素人の家族や仲間と一緒に建てることは 昔からよくあることでしたが、

日本では大工さんが建てるのが普通で、素人が建てるなんて考えることは ほとんどありませんでした。

しかし最近は 素人がマイホームを建てた記録を出版したり ネットで紹介したりする例が増え、 少しずつ日本でも「セルフビルド」という言葉が

定着してきました。 ただ 一般的な在来工法では 専門的知識がないと建築が難しいのが事実で、 建築素人には手が出しにくい分野です。

その点 ログハウスなら 素人でも 積み木みたいな感じでログ組みができるし、何より ログ組みは楽しくて

家族や仲間たちとイベントの一つとして ログハウスのセルフビルドをする人が多くなってきました。
http://crawfordcontemporary.com/


ログハウスをセルフビルドする人達が多くなった一番の理由は 何でしょうか?

それは もちろん 「安い価格で家が建つ」、つまり 「ログハウスのセルフビルドなら 総建築費が安くおさえられる」 ということでしょう。

ただし ログハウスの部材は 思っている以上に量があり、 価格も高価です。 建築部材だけを比較すれば ログハウスより 在来工法の方が

安価な場合も たくさんあると思います。 それなのに 「総建築費が安くなる」 というのは 工賃、つまり 自分で作業することで 人件費をおさえるから

できることなのです。 確かに 家の建築ですから 簡単なことばかりではなく、 たまには 苦労することもあるかもしれません。

でも少し苦労することで かえって家に対する愛着も増え、 継続的なメンテナンスが必要なログハウスにも 楽しく手をかけながら暮らすことができます。



ログハウスをセルフビルドした成功事例の記事を雑誌やネットで見る事も多くなってきましたが、

成功した方々は皆さん一様に、「自分で造った喜びは大きい」という事を言われて、にっこり笑顔で写真に納まってる事が多いですよね??

このような記事を目にすると、「ログハウスメーカー自分もやってみよう!」という気持ちになりがちなのですが??

実は、成功事例よりも失敗事例の方が多いのも事実です??

一般的には「基礎と水回りはプロに任せて、後は自分達で!」というのが、ログハウスで多いセルフビルドのやり方なのですが、工程の途中で挫折してしまう方が多いのです?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lklkoo
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/lklkoo/index1_0.rdf