RMTSSP 農村の創業、どんな商売をして良い

September 12 [Fri], 2014, 18:18

今都市の生活と仕事の圧力が比較的大きく、多くの若者が自分の故郷に戻りたい創業を行い.農村の創業、どんな商売をして良いですか?農村の創業の良いプロジェクトがありますか?以下はみんなに推薦に適して農村の創業の良いプロジェクト.



無公害野菜店



農村の創業、どんな商売をして良いですか?開の1家の専門は無公害野菜の店、規模は大きくも小さく.もし資金充足、部屋を借りるに30〜40平方メートルの店舗で、店址選出住民の文化の程度が高く、収入高い団地の近く.この類の消費者の生活が比較的にこだわり、だから彼らのためにサービスを提供する店はきっとうまく環境衛生などを行い、グリーン食品の宣伝の仕事.消費者が認められるのでさえすれば、自然に訪問する.これらの中で高収入の消費者、一般の仕事より忙しくて、店で販売を高める考え洗浄済み野菜と適応満足現代住民の速いリズム、高い効率の生活需要.商売が軌道に乗り後、まだ適当に拡大経営範囲を他のいくつかの副食の供給の増加.



有機野菜



有機野菜、人々はもはや見知らぬ、スーパーで有機野菜の態度はもう嫌になってたから高い人気をそっと.庶民の生活水準の高まることに従って、食の需要からすでに衣食型から栄養型に転換し、グリーン食品などの野生キノコ、無土野菜など、迎合の市場の発展と国民の消費の需要は、市場範囲の拡大、市場占有率はますます高くなって、これも引き起こして市場の見通し.どんな商売をして金を儲けることが?これについては投資小の創業プロジェクトはグリーン食品の開発と生産、洗浄済み野菜社、薬膳館、精進料理屋など.



農味果物店



農村の創業、どんな商売をして良いですか?今は市販の果物、砂糖漬けは本当に多品種が多く、都会の年の人は時々昔が懐かしくて農村の正月の正月用品、餅、パイ子、仁の切れ、瓦角の丁、メートル泡糖、パーマの皮の切れ、砂炒め番ポテトチップスなど.実は、これらの農味果物など、大人、子供も好き.城にする1家の加工兼卸売小売の農味果物屋、きっといい効果.独自に開いて農家の味たっぷりの店舗を、自分の特色をすれば、きっと頭角を比較的に手厚い利潤空間.



開の大衆デザート店



デザートの特徴は老若咸宜、爽やかでおいしいし、手軽に軽く.デザートの店の品種を提供し、主に:例えばリョクトウのガムシロップ、小豆のガムシロップ、ゴマ汁粉やタピオカスープ(露も)などは、いくつかの制作簡便な甘い熱い食べ物や冷凍食.技術のは自制双皮乳、双皮乳の折から社会の各界の人士は普遍的に愛され、特に年男女は愛のなおさら甚だしい.もしあなたがクリエイティブな話、自制出網リンゴ味、いちご味、チョコレート味……の双皮乳、それはもっと中年年男女の好感を受けますか?言わない双皮乳、網」

関連記事:


2014年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/lkjhgf707/index1_0.rdf