ナース求人サイトの口コミ

April 01 [Fri], 2016, 8:07
医療に関することで、看護士が許されている行為は、これまでは範囲を限って、行われてきました。
しかしながら、ドクター不足の要因があったり、必要な時に即対処するためにも気管の点滴を行うなどの一部分の医療に関する行為を行えるようになるようです。

許可されることになったことは、研修をある期間受けて、失敗しなくなってから看護師が必要だと感じた時、行う事を決められるのが特徴です。



この職業を選んだ人にとっては大きな利点ですが、看護師というのは常に人手を探しているところもある程、需要の多い職業です。



そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、丁寧に探してみれば、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。近年においては、ウェブ上のサービスとして転職や求人を看護師に特化したエージェントがたくさんありますから、上手にそういうものも使って自分にぴったりの仕事先を見つけることができるといいですね。
看護師は患者の治療に関することに限らず、入院患者の身辺的なサポートもしています。クリニックで、看護師のように慌ただしい職員は存在しないでしょう。それだから、看護師の仕事内容にあった処遇にしてほしいです。


現在わが国では、インドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、「外国人看護師候補生」というものの受け入れを推進しています。



けれども、候補生は日本語で出題される看護師国家試験を受験して、仮に、3年かかっても不合格だった時には、帰国しなければならないと決まっています。

就労と日本語の勉強と国家試験に受かるために勉強をしないといけませんから、とても大変だというのが現状です。
看護師が活躍できる場所は、クリニックや病院の他にも存在します。

「グループホーム」という介護施設の分類があるのですが、その様な場所においてもまだまだ看護師は足りていません。


グループホームで生活しているのは、認知症患者の方であるため、十分留意したうえで関わらなければなりません。

様々な職場がある中で、介護に関わりたいという看護師はグループホームに就職するという選択肢もいいのではないでしょうか。

修学旅行やツアーにお供し、怪我や病気の簡単な処置や病院への手配を行う看護師もいます。子供がいる結婚している人は土日の休日があったり、夜勤がないという勤め先を必要としているものです。

病院とは違った場所で働くには、そのケースに応じた専門知識を持っている認定看護師や専門看護師などの資格があると、就職しやすくなります。看護師が、別の医療機関に転職希望の際は、どう行動すべきでしょう。看護師に限ったことではないですが、転職を望む際には、いろいろな原因が存在するものです。

家族の転勤、それに、妊娠や出産などの理由で勤務条件の変化、労働環境への不平不満、人間関係など、それぞれ頭を抱えてしまうことがあることと思います。
世間では、看護師は白衣の天使と呼ばれることもあるくらいですから、世間一般では好意的な印象を与える仕事であると思います。

しかしながら、看護師がどのように働いているかを考慮してみると、もちろん待遇はそれなりですが、その実は、夜勤や長時間残業の毎日を送っている看護師も多数いるのです。肯定的側面を見るだけではなく、看護師の勤務の仕方の実情というものを理解することが必要です。



看護師さんは大変な仕事が多いですね。


過労死を招かないように気にかけた方がいいでしょう。

満足な条件でない場合、早期の転職を念頭に入れてみてください。

長期の治療を要する病気になれば、存分に働くことも厳しくなります。ご自身の体は周囲の誰も守ることができません。私が看護師の仕事に身を投じたいと思うに至った志望動機は、いろいろな病気やケガ、体調不良を抱えているクランケの手助けをする、看護師としてのやりがいを感じたためです。



私もその昔入院中に、看護師さんには、とてもお世話になり、この先は私も一人の看護師として、クランケの手助けをしていきたいと決意しています。
病気で苦しむ患者にすぐに対応できるように、看護師は夜勤が必須の職業です。


実際、夜勤はどのようなシフトで動いているかというと、2交代制と3交代制のそれぞれの勤務形態で異なります。

普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。3交代勤務の夜勤は時間的に過密なスケジュールが組まれてしまうケースも珍しくありません。就職しようとしている病院がどのような勤務形態なのか前もって知っておいた方が良いでしょう。

ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。社会が高齢化していることもあり、近年においては一段と治療が必要な疾患や、怪我が増えているのです。なので、病院で勤務する看護師についてももっと多くの人手が必要とされているのですが、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。


けれども、それほど人手が足りない状況だと、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、転職先に困ることはない、というメリットも確かにある訳です。看護師資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。


実際にはどのくらいだと思いますか?看護師国家試験の受験生の合格率ですが、90%近くが毎年合格できているようです。試験内容自体が、学校で理解していれば合格できますので、特別に高難度な資格ではありません。きついながら、やりがいも大きいのが看護師というお仕事です。

どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、回復して退院した患者さんが、後になって、病院まで挨拶をしに来てくれるような時でしょう。それに、やはり患者さんの家族の方から笑顔でお礼を言ってもらえたりすると、大変に感動したりします。
看護師の仕事はとにかくつらいハードワークなのは間違いがありません。

そういう訳で、もしも仕事で、やりがいを得られなくなった時には、退職したいと思って、悩むでしょう。



なんでナースはたくさん動くのでしょうか。オフィスワーカーと比べると動いている時間が多いといえます。ストレッチャーや車椅子を運んだり、ナースコールで呼ばれると、すぐに病室に直行したりするからです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yu
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lkeshhiannhpte/index1_0.rdf