柿原とマーラ

January 04 [Wed], 2017, 10:14
看護師の勤め先といえば、病院という想像がオーソドックスでしょう。
しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院の他にも色々とあります。
保健所で保健師と協力し、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の仕事です。
また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、大抵の医療行為を看護師が行います。
看護職の人がジョブチェンジする動機としては、キャリアアップを挙げるとよいでしょう。
前職のことを引き合いに出して、たとえばスタッフの雰囲気がよくなかったとか、働きに対し割の合わない雇用条件だったというような、否定的な事由だったりすると、わざわざ株を下げることになります。
実態としてはその通りだったとしても素直に明かす意味もありませんので、ポジティブな印象を与える応募動機を答えられるようにしておいてください。
看護師が転職を考える時に、異なった職種への転職を考える人も多くいるでしょう。
けれども、努力して看護師資格を得たのですから、その資格が活きる職場を選んだ方が良いでしょう。
全然違う職種でも、看護師の資格が優遇される仕事は多数存在しています。
大変な思いをして取れた資格なのですから、利用しないのは損です。
看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが応募理由です。
どのような根拠でその勤め先がよいと考えたのかを好ましいイメージを持たせるように伝えるのはそう単純なものではありません。
たとえばお給料が良くなるとか、しっかり休みが取れるとかそうした好待遇にフォーカスするより、看護職の能力をさらに深めたい等、将来性を連想させる志願内容が比較的パスしやすくなるでしょう。
看護士の場合、求人はいっぱいありますが、希望に見合う条件の求人があるとは言えません。
看護師資格を持つ方で就職できればいいと思っている方はあまりいないものです。
できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤のないところで働きたいと大抵の方が思っているでしょう。
理想的な転職先で働くためには、情報収集が重要です。
看護師国家試験に合格するよりも、看護学校卒業の方が困難だと思う人も少なくありません。
看護学校は大変厳しく、レポートが遅れてしまったり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年してしまうようです。
それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験もパスした方には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。
看護職の人が職場を移る際も、面接試験が大切なポイントです。
面接を担当した人がネガティブなイメージを抱いてしまったら、看護職員不足であるにもかかわらず落とされることもあるでしょう。
言うまでもありませんが、勤労条件が高い水準にある勤め先だと応募者数も多くなりますから、ベストの状態で臨めるよう十分備えて面接官の前に立ちましょう。
場にふさわしい端正な装いで、イキイキと応対するのがポイントです。
キャリアアップを考えて転職を検討する看護師も少なくありません。
能力を磨いておくことで、高収入を得ることも可能です。
その職場によっても看護師の業務内容は異なっているため、自分に合う職場を検討することは必要でしょう。
内科の外来がぴったりだと思う人もいれば、特別養護老人ホームが合う人もいるので、ポジティブに転職を考えるのも良いでしょう。
看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊な体制であり、勤め先によっても違ってきます。
体制は一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているという病院が大半です。
2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。
しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。
それに、結婚する際に転職を検討する看護師もかなりの数います。
パートナーとの関係が悪くなって離婚となるよりは、転職する方が良い選択でしょう。
いつか育児をしたいと考えているのなら、結婚を機に自由時間を多くとれる職場に転職をしておくと生活に余裕ができますね。
ストレスが多くあると子どもを授かりにくくなるので、要注意です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kokone
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lkaillnswdheas/index1_0.rdf