めぐさんとキョンちゃん

May 16 [Tue], 2017, 11:12
近頃よく聞くグリーンスムージーなどもテレビに登場する機会が増えていますが、薄毛対策には、果物がいいといわれています。果物から豊富に摂取できるビタミンやミネラルが、タンパク質の生成による髪の毛の成長を助けてくれるでしょう。果物を毎日のように食べると、タンパク質が生成され、髪の毛が成長するのです。注意が必要なのは、果物は素早く体内に吸収されるため、何も食べてない状態から摂取することが大切です。一般的にマカと聞くと、滋養強壮や精力剤を思い浮かべますが育毛についての効果が期待できるという話を聞いたことがありますか。どうして薄毛になるのかという要因の一つに血行不良があります。それにより、髪の毛を育てるための栄養が毛乳頭へと行き渡らないということが考えられます。アルカロイド・デキストリン・ビタミンEなどの成分がマカには入っているのですが、体の血行を改善する効果があると言われています。血の巡りが良くなることで育毛も促進されるというわけですね。数多くある薄毛のタイプの中でも中でも難しいと言われるのがおでこの部分で、さらにごまかしがききません。つい生え際に目が行くようになったら、まずはAGA検査をお勧めします。AGAではないタイプの薄毛であれば頭皮を柔らかくするようなマッサージや、浸透力で育毛剤を選んでみると良いかもしれません。手遅れになる前に、おでこ対策を始めるのが肝心です。乱れた食生活や睡眠サイクルなどを続けていると、健康的な発毛サイクルに悪影響を与えて抜け毛を増やすばかりか、回復の阻害因子となってしまいます。育毛を考えているのであれば、現在の生活習慣を振り返り、改善できるところは改善していきましょう。とりわけ大事にしていきたいのは食生活と睡眠です。仕事で家にいる時間が限られていて睡眠時間を増やせないという人は、朝起きるまで良質な睡眠を維持できる環境を整えることから始めてみませんか。3食を他人任せにしている人は、寝起きや入浴後にコップ一杯の水を飲む習慣を追加するなど、はじめの一歩を踏み出してみることが大事です。睡眠不足のほか偏った食生活、血中コレステロールを高めるスナック菓子などのとりすぎは、まさに薄毛・抜け毛のための習慣のようなものですから、少しでもマイナス要因になるようなことを減らしていきましょう。これら生活習慣の改善なしに育毛剤を使っても、期待したほどの効果を得るのは難しいでしょう。育毛剤ブブカについての評判を、ネットで目にすることが増えました。育毛効果が高いという評判で、医薬品と勘違いされる方もいそうですが、処方箋不要の、誰でも買うことができる医薬部外品の育毛剤です。さて、このブブカには「褐藻エキスM−034」という、海藻からとれた天然成分が含まれていて、これが薄毛や抜け毛の治療薬として、一定の効果が認知されているミノキシジルと、同等の効果を期待できるとして、話題になっています。それに、天然成分「オウゴンエキス」の働きにより、男性型脱毛症を起こす要因になるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を7〜8割程阻んでくれるそうで、これは、テストステロンをDHTに変える酵素、5αリダクターゼの活動を「オウゴンエキス」が抑制することによるものです。褐藻エキスとオウゴンエキスの働きを紹介してきましたが、この他にも数多くの選ばれた成分が配合され、育毛を促してくれます。髪が薄くなってきたり、抜け毛が増えたりするのは、程度はどうあれ、心配になります。そういった不安から、多くの人が育毛について、真剣に考え始めるようになるでしょう。育毛の方法というのは、本当に色々とあります。育毛シャンプーを使ってみたり、育毛剤でマッサージするのもおすすめです。また、ブラシでぽんぽん、と頭皮を叩くことを習慣にする人もいるようですが、これに関しては一点、覚えておいてほしいことがあります。それは、決して力一杯頭皮を叩いてはいけない、ということです。これをすると大切な頭皮が傷んでしまうかもしれないからです。力づくで頭皮を攻撃するのではなく、やさしく適度な刺激を与えるようにして、頭皮の環境を破壊しないように、注意しましょう。近年こぞって発売されている多くの育毛剤の中には、エタノールが配合されるものも中には存在しています。お酒の成分としても知られるエタノールには、抗菌作用があるとされており、必要な成分が頭皮へと届きやすくなるような効果が見込まれています。しかしながら、痒みや炎症を引き起こす可能性もあるため、アレルギー体質の場合には注意が必要です。育毛のために頭皮マッサージをするときは、椿油を取り入れてみるのも良いでしょう。オレイン酸を多く含む椿油は、アトピーや敏感肌でも使える低刺激オイルとしてすでに多くの出荷実績があります。頭皮を軟化させる効果があるほか、水分を保持できずに乾燥しがちだった皮膚を守って健康な状態にするという効果を得ることができます。一度に多くの油を使用すると洗髪時に負担がかかりますから、最初は少なめに、あるいは気になる部位から使ってみるのも良いでしょう。肌トラブルや老化の原因となる過酸化脂質の分泌を抑える効果もあるので頭皮の状態が回復するのを助け、育毛につながるでしょう。頭皮マッサージ以外では、髭剃りあとのケアにも同様に使えるほか、いま使用しているトリートメント剤に代えて椿油を使用すると、乾燥時のドライヤーの熱から髪を保護し、スタイリング剤を使用しなくてもまとまりやすい髪になります。一般的に、シャンプーには汚れを落とす力が求められます。その力が強いのは良いことなのですが、そういった普通のシャンプーを使うと、強い洗浄力のせいで頭皮を傷めてしまい、炎症が広がったせいで、なかなか育毛が進まない、という人もいます。そういったこともあって、今少し注目を集め始めているのが、ベビーシャンプーです。その名の通り、新生児にも使用可能な、弱酸性シャンプーであり、普通のものと比較すると、ずっと低刺激で、肌にやさしいシャンプーです。また、赤ちゃんのため、皮脂を落としすぎないように作られていますから、普通のシャンプーを使うと、少ない皮脂がさらに減って、乾燥肌が酷くなるといった人でも安心して使えるシャンプーとして重宝されているようです。植物育成用のピンク色のLEDライトはニュースでも話題になり、記憶されている方も少なくないと思います。こうしたLEDの有効利用のひとつとして、医療や育毛への応用を期待した研究が進んできて、育毛サロンのコースでも見かけるようになりました。LEDというのはさまざまな波長を組み合わせて光の色を作るため、用途によって細かな調整が行われています。繊細なものですから、オフィスや自宅の照明がLEDだからといって、育毛効果が得られるというものではありません。同じ理由で、店舗ディスプレイ用のカラーLED球にも育毛効果はありません。家庭用育毛LED機器も販売されていますが、女性用の美容機器に比べると製品数もユーザーも少なめですから、できるだけたくさんの商品のクチコミを集めて検討したほうが良いでしょう。気になる副作用もないため、ほかの育毛方法と組み合わせやすく、相乗効果も期待できます。メリットが多いため、きちんとした商品選びが大切でしょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さくら
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる