八ヶ岳生活(日記篇5)。

September 28 [Wed], 2011, 3:01
9月13日(火)八ヶ岳南山麓の風は秋。たくさんのトンボが畑のまわりを飛んでいる。虫たちの声が絶えない。ただ、日の光が強く、昼間は暑い。日陰屋内にいると気持ちいいが。「三分の一湧水」などの木陰は理想的空気だ。我ながら実に「いい土地」を選んだものだと思う。そもそも30年前のことだ。カウンセリングの仕事をしていて、子どもが学校に行くようになったので「センセイ、八ヶ岳に招待します。姉が住んでいるのです。」とその子の母親が言った。その母親の姉とは、当然全く関係ない間柄だったのだが、あまりにもその子の母親が言うものだから「甘えて」おじゃますることにした。そうしたら、すごいいいところ。早速、労金(労働金庫)から借金して購入した。1坪約3.3万円だった。80坪強。今思えば、自宅のローンと重なって、1ヶ月14万円のローン。ものすごく厳しかったが、結果的に「いい買い物」になった。当時のわたしのこづかいは1ヶ月2万円。そんな状態を12年間づけた。バブルに踊る時代に1ヶ月2万円のこづかいはきかった。しかし、それもいい思い出となった。今は1ヶ月1.5万円のこづかいだが、当時の「工夫」、当時の「実績」があるから、なんとかなるだろうと思っている。1ヶ月15万円から20万円のこづかいを遣ってきて貯金通帳カラにして、自宅もわたしの弟が建てた、その家を「オレが建てた」と言っていた親父の人生と、このわたしの人生。あまりにも違う。わたしはわたしに誇りを持。「身の程の生活」「質素倹約の力」。「貧」こそ「生活力」となる。わたしが実証している。わたしはさらに自己実現へと向かう。アル中になった親父とは大違いだ。9月14日(水)きょうも日の光がまぶしい。暑いくらいだ。ただ、屋内は涼しい。理想的空気の中でこの文章を打っている。東京は猛暑だったようだ。きょうは電気ガスなどの支払いに行った。1ヶ月平均で換算すると、電気代2500円ガス代1800円水道代1000円保険1500円町内会(ゴミなど)500円交通費10000円冬場は石油代金が加わるから、月平均2万になるだろう。自宅の光熱費税金保険などが月平均3万円。合計5万円だ。食費雑費で2.5万円。実質の小遣いは1.5万円。財布の中のこづかいを見ると、まだ1万円以上ある。おお、すばらしい何せ、喫茶店3回行ったのと、「核シェルター」ライブの時に交通費と喫茶店代と会費で合わせて3000円かっただけだから。野菜米卵缶詰などはすでに買ってあるし、この分だと、今月も5000円貯金ができそうだ。9月15日(木)きょうも真夏のような光。太陽の当たるところは暑い。東京は猛暑だろう。庭にいて言えば、草採りの成果が出て、芝は消滅。代わってクローバーやヘビイチゴや山イチゴやオオバコが増えた。来年が楽しみ。イチゴジャムができる。クローバーオオバコ料理もできる。9月中旬、青ジソは花咲き葉はしおれだし終わった感があるが、赤ジソは元気。また、赤ジソジュースをくった。大鍋に半分。沸騰している時に砂糖を大さじ2杯入れてみた。火を止めた直後、クエン酸を大さじ2杯入れてみた。飲んでみると、飲みやすい。一般にはこれがいいかも。「食品衛生士」の資格でもとって販売すっか9月16日(金)近所の人(結構知られている造形作家だが、野菜栽培やキコに詳しい人)から、毒キコと食用キコの違いにいて訊いた。草花で言えば、根本のところが紫色などそのキコの色とは異なる色をもっている場合は毒と考えられるとのことだ。ひとの目安と見ていいだろう。彼から、傘が赤い色をしているタマゴダケというキコにいて訊いた。毒々しい色だから毒キコと思いがちだが、食用。そこで、赤い傘のキコが食用と思ったら大変。ベニテングダケという猛毒のキコがある。ベニテングダケには白っぽい点々があるからすぐに見分けが付くというのが素人で、長雨が降ると、ベニテングダケの点々は消えてしまうのだそうだ。食用タマゴダケとベニテングダケの区別をどこでけるか。草花でいえば「茎」の部分が黄色なのがタマゴダケ。白いのがベニテングダケという。その他、いろいろキコにいて教えてもらった。彼は造形作家としても先輩だが、野菜栽培「決戦非常食」の面でも先輩。9月17日(土)トマトが病気になった。赤くならないで、青いまま腐っていく。近所の人に訊いたらその人の家のトマトもそうだという。残念だがしかたない。原因いて訊いていこう。今のところ、サトイモピーマンダイコンは順調だ。肥やしなしでよくもまあ育ったモだと思っている。来年は堆肥が役立から相当の量の収穫があると思う。9月18日(日)10日ぶりの雨喫茶店に行ったら、人類が他の動物よりも優秀な知能を持ようになったのは宇宙人の力によるものとまじめに言っている客がいた。自営のようだが、思うようにいかないと言う。「当たり前でしょう」と思ったが、こういう人の話を聞いて心理分析するのはおもしろいから黙って聞いていた。「原発事故」「公害」「貧困」「差別」などを思うとき、はたして人類の知能は「優秀」であるか。たしかに、科学的知識は持ち合わせたが。日本の今の状況からして、そういう観点をもようになる時と思うが、あの客はもっていないのである。五官にいては犬猫の方がはるかに鋭い。彼の説をもってくれば、宇宙人は人類という間違った生命体を作ったということになる。なんのために。9月19日(月)秋晴れ。八ヶ岳富士山赤石山脈武甲連山が見渡せる。世間は三連休。山梨の名産ブドウナシは今が盛り。山梨の名産とは言うものの、わたしは、ある店で桃巨峰をごちそうになったその時以来、モモともブドウともナシとも縁のない存在だ。そういうものを食べることのできる身分ではないから、あきらめている。名産よりも空気だ。空気はタダでおいしい。それだけで十分と自分自身に言い聞かせている。でも、巨峰の食べられる身分になりたい。トホホホホ。9月20日(火)13日から本日まで8日間の出費(食費とこづかいとの合計)、約4600円。1日600円平均だ。米ミソしょうゆなどの調味料はすでに買ってあるからのぞくが、実に金のかからない生活だ、うれしい。ちょうどいいあんばいに、もらいものの野菜もきてきた。本日一端、相模原に戻る。家計簿を見ると13日ナス100円おにぎり3ヶ100円(残り物だから店の人がおまけしてくれた。)14日豆腐150円納豆150円15日井戸尻遺跡訪問交通費入場料などで約1000円16日挽き肉(100g)130円油揚げ150円17日喫茶店500円納豆150円18日喫茶店400円豆腐150円19日喫茶店400円ニラ100円20日インゲン100円発泡酒まみ(来客用)約1000円この調子だと、今月も5000円貯金ができるfinelog.jp 悪質
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lj8tjj6z3p
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/lj8tjj6z3p/index1_0.rdf