顔の加齢印象

September 28 [Sat], 2013, 11:36
顔の加齢印象を高める主な理由のひとつが、歯に付着した”蓄積くすみ”です。一見ツルツルしている歯の表層には、目には見えないくらい小さな凹凸があり、毎日の暮らしの中で黄色い着色や煙草の脂汚れが固着していきます。
老化現象の一つであるフェイスラインのたるみは不必要な老廃物や余った脂肪が集積することで徐々に促されます。リンパ液の流通が遅れがちになると老廃物が蓄積してむくみが出たり、脂肪が付き、弛みに繋がります。
唇の両端、即ち口角が下がっていると、顔のたるみはだんだん進んでいきます。にこやかに唇の両端を持ち上げた笑顔になれば、弛み予防にもなるし、何より佇まいが素敵になりますよね。
思春期ではないのに発生する、治りにくい“大人ニキビ”の社会人が増加している。10年という長い間しつこい大人のニキビに苦痛を感じている患者さんが専門クリニックに来る。
皮膚の奥深くで生み出された細胞はじわじわと時間をかけて表面へ移動し、結果的には皮ふの表面の角質層となって、約28日経てば自然にはがれ落ちていきます。このサイクルがターンオーバーの正体です。
現代を生きる私達は、日を追うごとに体内に蓄積されていく恐怖の毒素を、色々なデトックス法を利用して体外へ排出し、どうにかして健康体になろうと皆必死になっている。
知らない内にパソコンやスマホの画面に見入ってしまって、眉間に縦ジワを寄せ、さらに口元は口角の下がったへの字(ちなみに私はシルエットから取って「富士山口」と呼ぶこともあります)になっているのではありませんか?これはお肌の大敵です。
夏場に汗をたくさんかいて体のなかの水分が著しく減少すると尿が減らされて代わりに汗のための水分が蓄えられるため、この余分な水分自体が不愉快なむくみの要因になります。
美容外科医による施術をおこなったことに対し、恥という感情を抱いてしまう人も割と多いようなので、施術を受けた人たちのプライド及びプライバシーを冒涜しないように注意が重要だ。
内臓が元気か否かを数値で確認できる性能の良い機械があります。『ノイロメーター』という医療機器で、自律神経の様子を調べることで、内臓の状況が分かるという便利なものです。
その上に毎日のストレスで、メンタルな部分にまで毒素は山ほど積み重なっていき、同時に体の不具合も起こす。このような「心身ともに毒だらけ」という意識こそが、私たちをデトックスへと駆り立てるのだろう。
よく聞くピーリングとは、役目を終えた不要な皮膚をピール(peel:剥くの意味)することで、新しくてトラブルのない表皮に取り替えようとする効果の出やすい美容法です。
美容外科とは、要は外科学の一種で、医療に主眼を置く形成外科とは違う。加えて、整形外科学と勘違いされやすいのだがこれも全く分野が異なっている。
掻痒などが出るアトピー性皮膚炎の要因としては、1.腸内・皮膚・肺・口腔内等によるフローラ(細菌叢)、2.遺伝的因子、3.栄養面での問題、4.環境面でのトラブル、5.前述した以外の見解などが主流となっている。
我が国における美容外科の来歴において、美容外科が「由緒正しき医療」との見解を得るまでに、思いのほか長い時間がかかった。

http://ameblo.jp/irurolasnokrta/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:liw77l-yq
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/liw77l-yq/index1_0.rdf