タイトリストCB 712成功していると説明した      

October 23 [Wed], 2013, 16:56

  
   パワーを引き出すような体や手の使い方をするのではなく、望ましいスイング・プレーンにクラブヘッドを乗せ、正確にコントロールされ たボールが打てるように下半身と上半身 (特に 腕と手) を使うのが正しい考え方である。
  
  従って、ストロング・グリップでフルスイングをしている人は、特に、同じグリップで ショートゲームのスイングもすべきなのか と言うことを 一度 良く考えてみる必要があると言うことだ。打ちたいショットによって、タイトリストCB 712アイアングリップを明確に使い分けること、そして、距離の短いショットでは そうしたショットに適したグリップでクラブを握ることの意味を良く理解した上で、色々なショートゲームのテクニックについて 研究して欲しいものだ。
  
  パッティング・スタイルの研究というページで様々なパッティングのスタイルの名選手がいるが、最も 多くの選手が ペンデュラム (Pendulum) ストローク、即ち、タイトリストCB 712振り子のように肩と腕、そして、パターを動かして 手首や手の力を 極力 利用せずに (パター・フェースの ローテーションなしに) パットをするスタイルで成功していると説明した。
  
  ここでは そのペンデュラム・ストロークの特徴、メリット、注意点などについて解説する913 D3 ドライバーストロンググリップです
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/livivian520/index1_0.rdf