カノッサに屈辱を味わわせてやれれば、次は私が屈辱を味わうことができるのですね? 

2011年05月01日(日) 21時15分
皆さんGW(ガム・ワゴム)いかがお過ごしでしょうか?
僕は風呂場のゴムパッキンに蔓延る暗黒物質(ダークマター)をどうやって滅却させようか悩みぬいた末に何もしませんでした

とはいっても、流石にGWをそんな凡庸な過ごし方で終える僕ではありません

皆さんもお気づきの通り、最近の僕の専らのライフワークは、新しい味覚の探究、つまり食の錬金術(フード・フィロソフィー)でございます

ということで、今回もやってしまいました

肝心の対象物なのですが・・・・・・
皆さんは、覚えていらっしゃいますでしょうか? 一昨年の年末に生み出された哀しき怪物を・・・・・・

あの時私たち研究者陣は、我が手によって創り出されたホムンクルスに多大なる被害を与えられました
確かに我々は神秘の前に敗北しました ですが、同時に確かな手ごたえも感じていたのです

「カレーだ・・・・・・。カレーが悪かったんだ。カレーをなんとかすれば・・・っ!!!」



そして、2年後の今、我々は新たなホムンクルスの創造に着手することになったのです

そのホムンクルスの名は

ハヤシチュー

正直もう厨二病設定でいくのめんどくさいんで、いつもの感じでいきます

名前でもすでにネタバレ要素満載な今回の料理ですが
皆さんもご想像いただいているように、シチューとハヤシライスの混合物でございます

前回はカレー×シチューで失敗だったんで、今回はハヤシ×シチューでリベンジ!! という救えないほどアホな発想です

ということで、用意したのはこちら!


シチューとハヤシライスの市販のルーでございます
これをシュレー(カレー×シチューの俗名です)の時と同じように、1:1の割合で入れようというのです

具材は豚肉、じゃがいも、玉ねぎだけ
隠し味もなし あくまでハヤシとシチューのケミストリーを味わいたいのです

調理開始!!

玉ねぎと豚肉を軽く炒めたあと、じゃがいもとともに煮込みます
ここまではいたって定石

問題はここからです

とりゃーーーーーー


ふんぬおおおおらああああああああああああああああああああ


で、完成品はこちら


お皿にももってみました


見た目はどうみてもハヤシライス ここまでは予想通り
問題は味です

いざ実食!!

一口目をパクリ
ん?
二口目もパックンチョ
んーーーー?

まあ

うまいのか?

不味くもなく美味くもなく そこそこにスプーンが進む感覚
微妙 それは錬金術の結果としては最も忌むべきもの 錬金術には有か無しかないのです

落胆しつつ、スプーンを動かす手を止めない我々(例のごとく友人とやってます)
鍋の中にはまだ大量のハヤシチューが残っているのです

当然のごとくおかわり

ここらからだったのです いや、むしろ最初からだったのかもしれません
害のない無垢な羊の皮を被ったハヤシチューは、確実に我々の体内に致死量の毒を残していったのです

気づいたのは2杯目の一口目

あ、だめだこれ ふつうにまずいわ

思い出してみれば、シュレーの時もそうでした
1杯目は、ごはんもル―自身もあまりに熱すぎて、まともに味わうことなど不可能だったのです
我々はまた同じ過ちを犯してしまったのです

過ちに気付いたが最後 始まるのは世にも醜き言い争いです
つまり、「おめーが食えよ」戦争です 

このような争いしか生み出さない我々の行為は、やはりまちがっているのでしょうか?

いや、そうではありません 我々は希望を生み出すために身を削っているのです

なので、何があってもやめません 今後も錬金術は続けていくつもりです

っていって、飽きてやめるのが、我々クオリティーなのですが


ちなみに、ハヤシチュー完食後、しっかりとトイレに1時間ひきこもるはめになりました
ああ、錬金術って恐ろしい

自滅の回路が起動して 

2011年04月25日(月) 0時06分
北海道出身のバンドといえば、古くは安全地帯、GLAY、the pillows、最近ではtacica、サカナクションなどがいますが、まだまだ埋もれているバンドがいるのです。

そこで、一北海道出身者である私が、個人的に売れてほしい北海道バンドを紹介したいと思います
決して次回には続きません まずネタがありません

今回紹介したいのは、Ao(旧 raison d’etre)というバンドです
なぜ紹介したかというと、今さらハマってしまったからです

美メロかつ哲学的要素をもった歌詞という、B●MPやミ●チルなどといった先人たちが用いてきた邦楽のテンプレ組み合わせなのですが、これがもうよくわかんないくらいつぼに入りました

とりあえず、一度聴いてみてください
flumpoolとか好きな人にはたまらないものがあると思うのですが

他の曲もクオリティ高いし、もっと売れてもいいと思うんだけどなあ
いかんせん事務所の宣伝とリリースが少ないのが現状です

数多のバンドが生まれては消えていく邦楽バンド界
たまには、隅にも目を向けてみれば、大変有益な成果を得ることができるのです


宿題まみれの大学生が、People In The Box「Family Record」release tour Final @中野サンプラザザホールに行ってきた 

2011年04月24日(日) 2時00分
全くどうでもいい余談ですが、ライブ当日は大学で教育実習に関するガイダンスがあり、チケットはとったものの半ば諦めていたのですが、友人の助力や新幹線という名の文明の利器のおかげで、開演時間に余裕で間に合いました

むしろ余裕すぎて暇だったくらいです

サンプラザホールは想像以上にホールしてました
ビロードの垂れ幕やステージの広さが、その場がホールであることを如実に表していました
個人的にピープルの世界観はまさに舞台という感じなので、相性は抜群だったと思います

セトリです

東京
アメリカ
ベルリン
レテビーチ
新市街
泥の中の生活
火曜日
ストックホルム
マルタ
どこでもないところ
リマ
犬猫芝居
月曜日
天使の胃袋
はじまりの国
旧市街
JFK空港

アンコール
笛吹き男
She hate December
スルツェイ

ダブルアンコール
ヨーロッパ

何よりもJFK(ジョン・F・ケネディ)空港につきたと思います

僕の持論として、「自分の夢や自分の中にしかない理想の感覚を代弁してくれるアートがあれば、それは自分にとって最強である」というものがあるのですが、あの時のJFK空港は確かに僕の持論をかなえてくれました

いくら厨二臭くても、演奏にミスが目立っても、ポップでも
好きなのだから仕方ないと改めて確認できました 

あとはDVDさえでてくれれば完璧なのですが・・・・・・ それは欲張りというものでしょうか?

ポプラの樹なら脱毛しなくていい 

2011年04月10日(日) 22時25分
人は新たな味覚を求めまたさまよう―――――――――――――

ということで、またまた奇抜御飯企画
このご時世、各地で自粛の声があがっていますが、当企画もとい企画者である私と友人の食への探究心の前にはその声も虚しく響くばかりなのです

今回の企画は

ビーフシチュー御飯

です

字面だけみると、ただ単に「ホカホカ白米にコトコト煮込んだビーフシチューをかけていったただきまーーーーす!!」
という自然と目じりが下がりそうな幸せなビジョンが浮かびますが、当方、そのような安牌で企画をたてるほどバカではありません

今回、我々は

白米をビーフシチューで炊いてみました

つまり、本来米を炊くのに水を使うところを、代わりにビーフシチューをつかって炊いてみました

果して、ちゃんとお米は炊けるのでしょうか!??!?!?!?!!?

ということで、ドン!


こんな感じでとぎ終ったお米にビーフシチューをいれました
さて、どうなることやら

んで、40分後


・・・・・・
おわかりいただけただろうか?

いや、同じ画像使ってるだけなんですけど
それくらい変わってませんでした んで、案の定炊けず 米ガッチガチ

流石にこれは予測できました
なので、対抗策もちゃんと考えてあります

それは
「もっとシチューいれてもう一回炊こう作戦」です

人はこれをゴリ押しとよびます

ということでシチューを足して、再び40分後


今回は流石に違う画像です 
お米が顔をのぞかせてるでしょ?

ということで、無事炊けました 
若干米硬いけど、これはこれでおk 
しかも、おこげができてて超ハッピー!!

茶碗にもってみました

パッと見グロ画像ですけど、今回ばかりは心配ありません
だっておいしくないわけないのです 相性抜群ですもの

いざ、実食!!!!

うん、うまい!!!!!!

そりゃそうだ ビーフシチュー自体はまともにつくったもの
でも、想像してたほど御飯にシチューが染みていなくて、なんかカレーピラフみたいになってました

でも、おいしい だから幸せ

今回の企画は味・インパクト、どちらの面でも大成功!!

そう思っていた時期が僕にありました・・・

人は単純な物量の脅威の前にはただひれ伏すしかない

そう学んだ20歳の春でした
(ちなみに4合炊きました テヘペロ☆)

次回予告はしません
いつ飽きるか全くわからないのでw

ポスカをいじるオスカのもとでラスカルが助かる 

2011年04月05日(火) 23時27分
あれだけの過ちを犯しても、人間の知識欲というものは飽くことを知りません

我々人間はどうしても食に対して貪欲になってしまうものなのです
「まだ見ぬ料理を知りたい」「新しい味を味わいたい」、そして何より「何よりもおいしいものを食べたい」という原始的な欲求に突き動かされて、私は更なる高みをめざすことにしました

今回の挑戦は、うまい棒ご飯です
友人と2人でやりました

粉々に砕いてふりかけにするのでしょうか?
いいえ、炊きます

とうことで、ドン!!

ちなみに三合炊きです
水の上に浮かぶさまは、さながらノアの箱舟といったところでしょうか

味は下の画像の通り

左からチーズ、コーンポタージュ、明太子、それぞれ2本ずつです
ちなみに僕は明太子派です 時点でサラミ

で、炊き終わった結果がこれです

炊いてる途中の臭いは完全にコーンポタージュ優先だったのですが、見た目はチーズ色に染まっています

早速まぜまぜして茶碗に盛ってみました

あ なんか卵かけごはんみたい!! これはいけるかも!!!

いざ実食!!!

感想
「ん?うまい棒どこ消えた??」
見た目のわりに味がほとんどしません 臭いもなし なんぞこれ
水少なめにしたのに、なんか水っぽいし・・・・・・
率直に言うと、おいしくない
しかもリアクションもとれないし 二つの意味でおいしくない

と、まあ期待したうまい棒ご飯は散々な結果に終わりました

だが、しかしここで終われないのが探究心
新たな素材を求め、いざスーパーへ!!

そこでリベンジをかけて買ってきた素材がこれです

そう みんな大好きキャベツ太郎です
うまい棒と同じくフライ系のおかしであり、ソース味なのでご飯に味がつきやすいのではないかという発想をもって買ってきました

今回は先ほどの失敗の反省をいかして、味が濃くなるようにキャベツ太郎を大目にいれました

ごはんは前回と同じように3合炊きです これは期待できるッッ・・・・・・!!!!

んで炊き終わったのがこちらです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
我々はとんでもないものを創り出してしまったのかもしれません
その容貌、さながらかつてネット世界において猛威を奮った蓮コラ(リンク先まじでグロ注意!!)のごとき

自称‘食の探究者‘である私は、見た目のみでその料理の善し悪しを判断するわけにはいきません
いくら「どうみても腐海です。本当にありがとうございました」状態でも、食べなければいけないのです

人間とは学習できる生き物です
うまい棒ご飯の時には味がなくて苦労したので、今回はおかずを用意しました

もちろんおかずもキャベツ太郎 ごはんにもしっかりソースの色が染み込んでいます
だがしかし、軽率な判断はできません うまい棒ご飯の事例が示すように、見た目はよくても味がしない場合があるのです

よいよ実食
先ほどよりはいくぶんかましになったもののやはり味が薄い!! うーん残念!!
リアクションはやはり取りづらく、水っぽいのが気になりはしますが、むしろ少々おいしく感じてしまうほどだったので余計に辛い
我々はまたしても、探究心の挫折を味わうことになってしまったのです

肩を落としてばかりはいられません 我々は次のまだ見ぬ食材に胸を馳せながらキャベツ太郎ご飯を完食することにしました

だがしかし!!
このまま地味に終わるかと思われたこの企画 そうは問屋がおろしませんでした

残ったキャベツ太郎ご飯を完食するために租借を続けていた僕と友人は、食していくうちにある‘違和感‘を覚えました
「これ・・・ひどく水っぽいな・・・・・・」
先にも述べたように、うまい棒ご飯と同様、このキャベツご飯もやけに水っぽいのです
ふ菓子を大量に入れたのだから、むしろ水気を感じることなどなくなると予想していた僕たちは頭をかしげるばかりでした
しかし、この違和感も我々の食事を妨げる要因には成りえませんでした 我々は食事を続けました

その5分後、僕と友人の箸がほぼ同じタイミングでピタリと止まりました
我々は気づいてしまったのです 例の水気の正体に・・・・・・

その正体とはずばり


油です

よくよく考えてみるとそれは至極当然のことなのです ほとんどの成分が油でできている両おかしを水でふやかせば自然と油が抽出されていきます

つまり我々はずっと、虚飾でも誇張でもなく油ご飯を食べていたのです

この事実に気づいてからは、それはもうこの世の地獄でした

残ったご飯をどちらが食うかということについて涙目になりながら喧嘩をし、汚く罵り合いました
胃の中には常に油が堆積しており、一歩でも動けば即リバースという非常に緊張感のある状況におかれました

一つ確信できることがあります この瞬間の我々は、有史以来最も醜い2人組でした

でも仕方ないのです ガチで命の危険を覚えるレベルだったのです
以前、同じ友人とカレーとシチューの混合物であるシュレーを創り出した時もここまでの絶望は味わいませんでした
人は命の危険を覚えた時にその本来の核をさらけ出すということを改めて実感しました 
ああかくも醜きかな人間の本性(ほんせう)

ということで、今回の挑戦結果総評


やったね挑戦前のおれ!!ちゃんとリアクションできたよ!!!!


翌日、腹を下したのは言うまでもありません

巷ではろくでもないロックでもない六個のモップがトップにいる 

2011年04月05日(火) 20時27分
突然ですが、みなさん

人肉というものを食したことがございますでしょうか?

おそらく大抵の方が「何を言ってるんだこいつ?」とお思いでしょう
もしかしたら「なぜそのことを知っている・・・(ゴゴゴゴゴゴゴ」という方もいらっしゃるかもしれません

古代において、ヒトがヒトを食べる、つまり食人という行為はある種神聖な儀式としての意味をなしていたという話を耳にしたことがあります。しかし、時がたつにつれ、自然と食人行為は禁忌として扱われるようになり、現代では非人道的行為の最たるものとして認知されているといっても過言ではないでしょう。

ずばり結論から言います
今回、僕はその現代社会のパンドラの箱を開いてしまいました
誇張でもなんでもございません 私はついにヒトとしての道を踏み外したのです

つまり、私はヒトの肉を食らったのです

正確に言うとかつてヒトだったモノの肉を食らったのです

こうした超常的な事物についていくら言葉をならべても何の意味をもなしません
実際に皆さんにパンドラの箱を覗いてもらいましょう

断っておきますが、閲覧は自己責任でお願いします 
あなたの精神に多大なる悪影響を及ぼす可能性があります

それではご覧ください
これがパンドラの箱、ヒトの屍肉です!!



わかりづらいかもしれませんが、指でつままれているのが屍肉です

どうです? 青いでしょう?
なぜならこれは屍肉だからです それ以外の何物でもありません

ちなみにこの屍肉はある友人からいただいたものなのですが、当初はこのような袋に入っていました



食人経験者にはサイコパスが多いのですが、彼らはみな一様にして屍肉の味を賞賛しています
ですが、私個人の感想といたしましては、甚だ食すには堪えられないモノでしかありませんでした

画像を見ていただけるとわかりますように、まず視覚を通して食欲が奪われていきます
禍々しい青色は、さながら青色三号のようです

口に入れてひと噛みすると、スポンジを食しているような錯覚に襲われる
塩胡椒の味付けも雲散霧消とでも言うようにあまりにも味気ない

そしてなによりも臭い
その激臭は「この肉を食してはいけない」と我々の理性に訴えかけてきます 最後の楽園です


とりあえずもう二度と食いません 二度と

皆さんも人肉を食す際にはくれぐれもご注意を

すきやきふりかけに救われたかったピエロ 

2011年03月30日(水) 0時21分
どうも 久しぶりの更新なのに、早速書きかけの記事がバニッシュしてしまい、前世はガンジー、末は人気のない遊園地のマスコットキャラクターの中の人といわれる僕も苛立ちを隠せません

色々と前口上があったのだけれど、もう面倒くさいから全部カットしまーす

本日の内容は、2010年度個人的名盤&名曲セレクションです
2011年もその4分の1を消費しようかという今宵、「大体の機関が4月からが2011年度と銘打ってるから大丈夫^^」という偽装保険のもと色々なことを気にせずやっていきたいと思います

今回の選定は非常に困難を極めました というのも、ほとんどのバンドが前作よりも個人的にグッとくるアルバムをぶつけてきたからです
一昨年のの個人的ベストアルバムはオーガのフォグランプだったのですが、昨年でたオーガのアルバム「浮かれている人」はそれを超えていたりします それほど良盤ぞろいだったというわけです

うだうだいってもあれなので、早速発表に移りましょう

2010年度個人的ベストアルバムは

ファンファーレと熱狂
ファンファーレと熱狂andymori

Youth Records 2010-02-03
売り上げランキング : 3275


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


andymoriのファンファーレと熱狂でした!!

むせかえるような熱気あふれる曲の端々からのぞけるキャッチーもといポップさがたまらなく愛おしい!
日々の生活の混沌とそれを優しくつつむ偉大なるガンシズ川 まさに彼の国、インドのようなアルバムでした

インド行ったことないんですが 

いやほんと良いアルバムなんで聴いてみてくださいw

次点に
BEAT CRUSADERS/LOST CRUSADERS
school food punishment/amp-reflection
モーモールルギャバン/黒なら結構です
凛として時雨/still a Sigure virgin?

がきています

ビークルはラストライブの音源集 最後の最後、本当にいいライブだったと思います 素晴らしい音源です
sfp(便宜上こう略しときます)も、アーティスト内ベストアルバムとまではいきませんが高いクオリティを披露
モーモールルギャバンはどポップなのに歌詞が変態というアンバランスさがたまりません
そして時雨 1位ではないですが、今回個人的に良作すぎました チケットが取りづらくなって哀しいですが、仕方ないです
 ほんといいアルバムですから

次は曲部門 相変わらず1位は選びません いや、選べません


People In The Box/旧市街
間違いなく2010年度個人的化け物曲1位です これを3人でやっているという現実が辛すぎます そしてPVのクオリティ
ピープルファンにはたまりません

BaseBallBear with山口一郎/kimino-me

ベボベとサカナクションのフロントマン山口氏のコラボレーションによってうまれたこの曲 ライブでのクオリティは微妙だけど、CD音源ではちゃんとサカナクションしてます 曲の構成がずるいと思う

サカナクション/ホーリーダンス

シングルのカップリング曲がいいバンドは良バンドとはよくいいますが、現代のバンドではサカナクションがその法則に当てはまっているのではないかと勝手に思ってます 踊りたくなります

とまあこんな感じでやってまいりました
もう少し紹介したい曲・アルバムあるのですが、あまりにも出しすぎると丸裸になってしまいますのでここれへんで自粛

どうでしたでしょうか みなさんの知ってるアルバム・曲はありましたか?
できればコメント欄にでも、この記事をご覧いただいたあなたの2010年度良盤・良曲を教えていただければと思います

それでは、また来年お会いしましょう!!




そろそろカナダ旅行記書かないとなあ

テスト前だったにもかかわrず、懲りずに大学生が「ストレイテナー Tour STOUT@ZEPP TOKYO」にいってきた 

2011年02月10日(木) 23時33分
すでにライブから5日もたってしまいましたが、レビューですw
久しぶりのゼップ 今回はボッチ参加でしたので、中盤後方でわりと静かめに観ていました

まずは、対バンのMO'SOME TONEBENDER

youtubeで何回かライブ映像を見ていたのですが、かなり無骨な3ピースロックでライブもいい感じだったので期待していたのですが・・・・・・

ライブが始まるとその幻想はぶち殺されました

3人編成だったはずが、なんか脱サラした布袋寅泰みたいなギター兼サンプラーが加入していたし

過去のライブ映像では、まるで北斗の拳にゲスト出演でもしそうな男臭さをだしていたベースが

いきなりベースももたずに、いかしたマイク(笑)で盛り上げ役やるし

しかも曲の途中でライフセイバーを振り回すし それが本当に無駄にうまいし



と、「無骨ロック?何それおいしいの?」状態でした・・・w
いやでも、ライブ自体はなかなかよかったです ギタボの人は相変わらずかっこよかったし
確かにロックでしたよ ええ 
ギターとベースが無双すぎましたが

モーサムのアクトの後、約30分もの長い転換を終え、いよいよテナー

セトリだー

VANISH
KILLER TUNE
SPEEDGUN

PLAY THE STAR GUITAR
BIRTHDAY
FREEZING

Lightning
Man-like Creatures
CLONE

バンダライズ新曲)
BERSERKER TUNE
瞬きをしない猫

TODAY
CLARITY
ネクサス
Melodic Storm

アンコール
シリーパーク?(新曲)

今回はセルフカバーアルバムSTOUTのツアーだったので、新旧入り混じったよりどりみどりなセトリでした

特に個人的にテナーの曲の中で一番好きなFREEZINGを聴けたのはまさに僥倖
これで一つこの世への未練が減りました

初めてのテナーのライブで一曲目に演ったCLARITYも、まさかまた聴けるとは思っておりませんでした
これもアルバムのおかげです ありがたや

新曲2曲もかなりよかったです
ホリエさんがとてつもなくギター弾きたい衝動に駆られていることがひしひしと伝わってきました

でも、一つ難をしめすならベースの音がかなりちっちゃかったなあと モーサムのときからでしたが
自分のいた場所が悪かったのかもしれません 少し残念

最初は「今日は静かに観てやるか・・・」と妙に通ぶっていたのですが、やっぱ無理でした キラチュン聴いたらもうダメでした

次のライブは3月のピープル、そしてアジカン うひゃひゃひゃ たのしみだじぇ



そういえば、春休みが始まりました
正直、人生最後の安息の長期休みです がんばって充実させていきたいと思います

つって、春休み一日目は、パワプロ7のサクセスをもくもくとやってただけだったりするわけで

もうだめかもわかりませんw

「ランドールの鼓動ってたったいま止まったばかりらしいよ」「へ〜。とりあえず、君は少し眠ればいいよ」  

2011年01月19日(水) 21時27分
本日、私めなまいきながらにも誕生日をむかえました

サークル仲間からは、「ようやく30歳だね、おめでとう♪」なるお声をよくいただくのですが
まってください


ただでさえハードモード設定の私の人生における最後のチャンスであろう20代という輝かしい(perhaps)時間をいたずらに奪わないでください 

せめて30歳を間近にした男の郷愁くらいは味わわせてください


ということで20歳になりました


そんな20歳になった私の決意はこちらです





ちなみに、「メタモルフォーゼ」と読みます

そんな決意をした私に友人がくれた誕生日プレゼントはこちら



今なおこの状態で、骨盤をなんとかすればどうにかなるなら嬉しいことこの上ないです

そして、美脚、美肌、美尻の前に明らかに美を追求すべき場所があるはずなのは気のせいでしょうか

とりあえず韓国、その後モロッコにいってきます
帰ってくるころには、表紙のおばさんクラスにはなってるはずです では

胸騒ぎ敏郎にならうPS2の壊し方 

2011年01月13日(木) 0時34分
DJ Kaoriというアーティストのリミックスアルバム に サカナクション の曲が収録されたというCMをみて どんなアレンジなのかなあと興味がわいたので聴いてみたのだがイントロとアウトロだけいじってあってあとは原曲まんまっぽかった

調べてみるとこういうのが基本的なDJの仕事らしい

ライブでやる分には盛り上がるんだろうけど わざわざCDにする必要があるのだろうか

これじゃあなんのテーマもない最新J−POPの寄せ集めでしかない気がするのですが・・・

DJ プレイや彼女のファンの方々はこのことについてどういう思いがあるのだろうか

こういったアルバムが20万枚売れるらしい

音楽の需要ってほんとに不思議なものだなあと感じた今日の夜

ストレイテナーの新譜「STOUT」がかなりいいです 幸せです
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:raf
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1991年1月19日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:群馬県
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-日本のロック中心 洋楽またはジャズを知りたい今日この頃
    ・読書-そろそろ明治時代の作品を読みたいなぁ
読者になる
がんばりましょう うん
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる