名案思いついた 

June 10 [Sun], 2012, 19:25

発想の転換。


「住みか」を探すからダメなのであって


平日…深夜バイト(コンビニとか?)→1限へ
睡眠は空きコマに取ればいい。
どうせ保健室が空いてるし。

休日…土日限定で友達の家にお世話になるか、
     カプセルホテルに泊まればいい。



これなら両親の許諾とか要らないんじゃね?

天才ktkr


いまは大量にドーパミンが出ているので

明日になったらこの記事を見て

「このバカなに言ってんだ」

って思うかもしれないけど

真っ暗だった世界に

光が見えた気がした。


私、親のところに戻らなくても暮らしていけるかも。

地獄を回避できるかも。

夢がひろがってきた。



とりあえずバイトの面接をガンガン受けよう。

やる気出てきた。





弓が引きたい。

おはようございます。 

June 10 [Sun], 2012, 6:45
いま居候している家の友達(一人暮らし)が試合へと出発しました。

朝練+大会のつらいコンボ。

私も本当は出場するはずだった大会。


くやしい


休部中なのがくやしい


出られないのもつらいけど、

友達のつらさを分かってあげられないのがつらい。

せいぜい同じ時間に起きて

見送るぐらいしかできない。

なまじ去年の経験からその大変さは知ってるから

余計にもどかしい。



友達がこころの中で

「お前は出なくていいからラクだよなー」

とか思ってると思うと息が苦しい。

いや、彼女はそんな性格悪い人じゃないけど

被害妄想です。



一人暮らしの家に

人間が転がり込んでくるストレス

私には想像もつかない

迷惑かける側なので。


私まで落ち込んでられない。

職探ししなきゃ。


ブログを見てくださった方で、

どうにか一人暮らしできる方法をご存じだったら教えてほしいです。


◎現状

・両親には、「もう顔を見せるな。お前のことは存在しなかったと思うことにするから、何も持たずに出て行け」と言われた。家を出ることは決めていたのでこの宣告には感謝した
・自宅に戻って暮らすのは精神的に無理(もう殴られるのはイヤ)
・未成年(あと4か月で20歳)
・大学生の賃貸物件契約には両親の許諾が必要(両親にはサインを拒否されている)
・住み込みバイトも両親への確認が必要
・大学の寮に入るにも両親の許諾と収入証明書が必要(もらえそうにない)


20歳を過ぎていても学生であれば一定収入がないので、両親の許諾が必要とのこと。
お先真っ暗です。

両親と和解すれば一番良いのは分かっていますが、

何より私のこころが拒否していますし(細かい内容はのちのち過去編で語るつもりです)

向こうも拒否しています。 家の鍵も回収されたし。

無料法律相談的なところに電話してみましたが、

「両親と和解するか、結婚して戸籍から外れるしかないね」

というお返事でした。

ですよね...



身近な人で、

「親に絶縁されてこんな形で暮らしている人がいる」

という方がいらっしゃったら、お話を聞かせていただきたいです。

甘えているのは重々承知です。


大学の学費も、後期分からは出してはもらえません(当たり前ですが...)

学費が払えなくなったら、休学・退学も考えています。

それでも、家に戻ることは考えていません。


いま、必死になって一人で生きる方法を探しています。

似たような例をご存知の方は、情報をいただければ幸いです。



朝から重たい話ですみません。

これ「つぶやき」カテゴリに入れるべきじゃなかったかな...

明らかにつぶやきじゃない

過去編その1(ことの発端) 

June 09 [Sat], 2012, 18:30

去年の4月、大学に入学した。
両親は喜んでくれた。
「大学でたくさん勉強してね」と言われた。

高校卒業まで、部活にも入らず、趣味らしい趣味も持たず、ずっと勉強してきた。
途中、学校でいじめにあって登校拒否になったり転校したりとちょいちょいハプニングはあったけれど、
全体的にみると学生として悪くはない生活を送ってきた。
夜遊びもしたことはなかった。

正直言うと、勉強を続けてきた理由は、「知識を深めたい」というよりは
「勉強を続けて偏差値の高い高校大学に合格すれば、いじめっこもいなくなるだろう」
という浅はかな発想であったため、
いくら知識が増えても満足はできなかった。

結論を言うと、どれだけ偏差値の高い学校に入っても人を馬鹿にする人間は必ずいるし、
ねじまがった心を陰湿な形で他人にぶつける迷惑な人もいる。
加害者のメンツが変わっただけで、いじめは続いた。
ただ、良い成績を取ると、少しだけいじめが和らいだ。
「あの子はお勉強ができるから、仲よくしておきなさい」なんてマンガみたいな展開になっていたのかどうかは知らないけれど、
とりあえず勉強ができればなめられにくくなるんだと知ったのは中一のことだった。

どんなに訴えても2か月間何も動いてくれなかった担任が
急に「いじめっこたちを呼んで、叱っておいたからね★」なんてどや顔で報告してきたのは、中間テスト3日後のことだった。
タイミングの問題もあっただろうが、
大人に対する信頼は完全に失った。

もうあんな思いをしたくはない。
男子の集団に囲まれてはやし立てられるのはこりごり。
その一念で中高6年間勉強をつづけ、結果的に学費の安い国立大学に合格した。

実際、両親からは
「伊純は自慢の娘だ」
と何度か言われた。
酔っぱらっていたり、親の欲目があったりしたとは思うが、
それなりに誇らしかった。


大学に入って、周りを見渡すと
DQNっぽいひとがたくさんいてものすごい怖かった。
いじめの一件以来、男性恐怖症とコミュニケーション障害気味になっていた私にはつらすぎる世界だった。

今までずっと勉強してきたのは、
静かな場所と、自分が心から気を許せる人たちが欲しかっただけなのに
今の私の周りにはどちらもない。



無性に嫌になった。



そんなことを親には言えず、
また周りの人におびえながら4年間勉強するのか...と考えて
中学時代と何も変わっていないことに気付く。

自分が情けなくなって、
なら私が変わればいいんだと思い立ち(この時はすごい名案を思い付いたと思っていた)

中学時代と違うことをしよう
→部活動に入ろう
という結論に至った。

大学といえばサークル活動、というイメージがあったけれど
「サークル」と名のつくものはほとんどといっていいほど規制がなく(悪く言えばゆるく)、
私の苦手な、軽くてうるさくてチャラい人がたくさん入っていた。

(差別的発言を多用していますが、
当時の私の心中はまさにこんな感じであったので
ご理解をいただければと思います。
人を見た目の印象で判断することの愚かしさは充分にわかっているつもりです)

その点、ある程度規則の厳しい部活動だったら
「大学で遊びたい」と思っている人たちはまず間違いなく入らないだろうし、
部員というつながりの中で、大切な友達ができるかも。

そんなよこしまな動機で、私は部活動に入ろうと決めた。
ただ、今まで誇り高き帰宅部だった私の体力でまかなえる部活があるのだろうか。
熟考の末、弓道部に見学に行くことにした。
高校生の時にテレビで見て、弓というものにあこがれていたし、
イメージとして茶髪やピアスの人はいないだろうと考えたからだ。

見学初日に弓を引く先輩方の姿に魅せられて、
即日入部届を出したのはいい思い出。



これがきっかけで今のがんじがらめな私がいるわけなんだが、

不思議と私は入部したことを後悔してはいないんだ。

今の状況は、なるべくしてなった。

堂々とそう言える。

ただ、未来が見えない。



私と弓道部との出会いはこんなものだった。
これから、この弓道部が私の人生に大きく関わってくる。
言い過ぎかもしれないが、事実そんな状況だ。

しかし、そんなことを知るはずのない当時の自分は、
ただ「何か新しいことが始まる」という期待感でいっぱいだった。





過去編その1  終了



次回予告:想像を絶する弓道部の厳しさに...



※過去編は、時間のある時に少しずつ更新していきます。
前の記事でも書きましたが、私は今、一寸先は闇な状況なので
これからの生活のことも考え、行動していかなくてはいけないということもあるし、
また、一気に過去を思い出してしまうと
私のなかで整理がつかずに記憶の隅に追いやっていることも思い出してしまい
不安定になってしまうからです。

こんなに時間のある土曜日は一年半ぶりだと気が付いた 

June 09 [Sat], 2012, 14:15

バイトの面接に行ってきました。
ろくに気の利いたことも言えなかったので、アピールは出来なかったかな。

携帯電話が無いのがイタい。担当者の方がすんごい不審がってた。

現実逃避のために、大学の図書館でPCいじってます。
ネットの求人情報って電話応募が出来ないやつがあるから困るな。
土日祝日は電話通じないし。

自己紹介がてら、バトンに答えました。(回ってきてないから自分で取ってきたやつ)

バトンの回答だけ見ても、謎が深まるだけな気もしますが...。

少しずつ、現状説明もしていきます。
求人情報検索の合間に。

見た人はすぐやるバトン
Q1 今、どこに居る?
大学の図書館。
Q2 今、一番近くに誰が居る?
知らない女子大生。
Q3 今 どんな服装?
長袖カットソー&ジーンズ。
Q4 今、何食べたい?
食欲がないので要らない。
Q5 今、何飲みたい?
プレミアムカルピス。
Q6 今、真後ろには何がある?
勉強してる大学生たち。
Q7 今、まわりを見渡して、いちばん目についたものは?
窓についた雨滴。
Q8 今、誰に会いたい?
神龍。
Q9 その人に今伝えたいことは?
食欲をください。賃貸物件契約書に署名してくれる保証人をください。自活する際の法律に詳しい人を紹介してください。
Q10 今一番歌いたい曲は?
B`z さよなら傷だらけの日々よ
Q11 今頭の中でパッと思い浮かんだ言葉もしくは台詞は?
地獄を一度くぐっちまうことさ。ツキの女神はいつだって、その先にしゃがみこんでいる。(アカギ)
Q12 今の体調は?
多少目がかすみ、立ちくらみがする以外は良好。
Q13 今どんな気持ち?
真っ暗でみじめ。

絶賛混乱中 

June 09 [Sat], 2012, 11:51

はじめまして。

伊純と申します。



わたくし最近少々厄介な状況になっています。


とはいっても、すべては自分で蒔いた種。


その収穫を友達にも手伝わせているいまのありさま。



恥ずかしいやら申し訳ないやらで気が狂いそうです。


だからここで少しでも吐き出させてもらいます。


しばらくは自分語りになるかとは思いますが、


付き合ってやるぜ、という方はどうかよろしくお願いします。



コメント欄を利用しての叱咤、罵倒もお待ちしています。


客観的な意見を欲しています。





ブログ作成したら疲れた。


語る内容をまとめてからまた投稿します。



バイトの面接行かなきゃ。


2日間なにも食べないとさすがに視界がまわる
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:伊純
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/liveformyself/index1_0.rdf