メタボパンツの使用感 

2008年11月02日(日) 5時11分
 このパンツ苦しい。

お腹を締めるので、食後が苦しい。よって自然に食べる量が減る。

現在69.8kg

まだ誤差範囲か?

うちの家系は早死にが多い。
母は、40歳台、父は50歳台で死んだ。
私ももう54歳。

病気の妻より何とか少しでも長生きしなければ、、、。

 ダイエットに関係ないが、11月25日の中島みゆき様の夜会のチケットをゲット。
26日東京品川で仕事が入っているので前日移動して、夜会を見て翌日は東京で仕事して名古屋に戻る。

メタボパンツ購入 

2008年10月12日(日) 8時47分
 糖尿病の番組をやっていた。

その中で竹下景子紹介したのが、Wacoal社製のクロスウォカー。

いわゆるメタボパンツ。体の動きを助けることで、ダイエット効果が期待できるという物。

早速購入

11/10、朝、体重71.2kg

11/10、11と着用、その効果は?

10/12、朝、体重70.8kg、、、、誤差範囲か。

少し体重の変化とメタボパンツとの相関関係を記録してみる。

沼津で仕事 

2006年03月08日(水) 12時05分
今週から、沼津のとある病院で、放射線治療の装置の入れ替えをしている。

治療担当の M 技師さんの依頼で、天井に☆(星)の絵柄にブラックライトを付けた。

放射線治療器は、放射線をかける場所を位置決めするのに光を使うため室内灯を消す。
その時、天井のブラックライトと☆の絵柄がまるで“プラネタリューム”の様に見える。

4月から稼働する予定です。













最近のCTとRT(放射線治療) 

2006年02月24日(金) 18時00分
長野県飯田市のある病院に新型のCTが入った。国内第2号機かな?
何が新しいかというと、その穴の直径が80cmから90cmに大きくなった事である。穴の直径が大きくなることによって、小錦でもCTが撮れる(ほんと?)。
放射線治療では、体の固定具を付けたままでもCTが撮れるので、放射線治療する体位と同じ体位で治療計画用CT撮影が簡単に撮れ、治療計画の精度が上がる。








またその病院には、新しい放射線治療の装置も入る。装置は “IGRT(画像で治療部位の位置確認をしながら放射線治療する)”が可能となっている。
放射線の照射口の反対側に平面検出器が競り出てくるよになっており(写真は検出器が競り出る前と後)、放射線治療をしながら体を突き抜けてきた放射線によって治療部位確認画像が撮れる。













2008年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:liveforever88
読者になる