最近ホリエモンさんをTVて良く見かけますね。 

2010年08月10日(火) 8時22分
ホリエモンさんのTVでの発言・コメントって興味深いですね。
朝まで生テレビは毎回出て欲しいと思います。

ライブドアの配当の6500円はいいですね。 

2009年07月07日(火) 0時35分
さすがライブドアです。みんなもホリエモンに感謝しないとね。

ライブドアの巨額配当案に賛成! 

2009年06月17日(水) 12時44分
ライブドアが1株6500円の配当を出す模様です。
ワンコインで買える株で(買えた株?)で6500円の配当とはすごいですね。
株主も大喜びですね。
(ライブドアの株を売った方は、残念でした。)

当ブログはライブドア応援のため、数百株保有しております。
この巨額配当ってホリエモンのおかげ?

堀江貴文氏が検索の上位に登場 

2008年11月13日(木) 0時46分
ホリエモンこと堀江貴文氏が検索の上位に登場しました。
ライブドアですが! ベスト10に入るほどです。
最近、メディアにも登場し始めてますね。

このごろTVのワイドショーでは小室氏がよく出ていますが、
一世風靡からの転落という点で、ホリエモン氏と似ていますね。
でも、前向きに頑張って欲しいですね。

二人とも、才能があるし、周りの環境も恵まれているので、
大丈夫な気がします。

ホリエモンさん将来は総理大臣に? 

2008年11月02日(日) 1時22分
次の総理大臣になって欲しい人ランキングで。
堀江貴文さんが、今の所、5位に選ばれています。

http://lislog.livedoor.com/r/109

一位は以外にも麻生太郎氏(大丈夫かな?)
二位は石原慎太郎氏(日本と中国の関係がこじれそう)
三位は小泉純一郎氏(引退したからないでしょうね)
四位は?(論外)
五位は堀江貴文氏(やはりみんなの期待が高い?)

となっています。
民主党の小沢代表が入っていないのはどうして?

ホリエモンと辻望美の対談みました。 

2008年10月20日(月) 21時37分
これからがんばらないといけない人ということでの番組だったようです。

ホリエモン初公判 「無罪の可能性」をライブドアがサイトで 

2006年09月05日(火) 9時26分
今までホリエモン批判を続けたライブドアがサイトで
「田中弁護士「無罪の可能性ある」…ホリエモン初公判」と報道。

どうなるかは宮内被告の尋問で決まるそうですが、
ホリエモンさんが以前、部下に指示したと言う発言も
発言内容は状況や背景によっては、言葉の重みが違うとのこと、

いっそのこと無罪になったらいいと思います。

NTTドコモの子会社「アルシェール」の解散へ 

2006年09月03日(日) 12時46分
ホリエモン事件のとばっちりかもしれない。

ここの社長はホリエモンとの関係を報じられた人です。
会社にも頻繁にイタズラ電話がかかるように。
支障をきたし会社は解散?

かわいそうな出来事です。

PS。ホリエモンさんの公判が続いていますが、
   証拠不十分でホリエモンが無罪になったら
   イタズラ電話の加害者はどうされるんでしょうね?
   ホリエモンの有罪が決まっていないのでイタズラ電話は時期尚早では?

ライブドア赤字に 

2006年09月01日(金) 9時15分
ライブドアは30日、2006年9月期第3四半期は64億7600万円だったと発表。

ホリエモンのいた昨年の同期は46億9900万円の純利益だった。

今年はいくつかの認可申請が取り下げられ、痛手をこうむっている。

はやくホリエモンが復帰してくれないだろうか?

Music.jp取り放題
無料着メロサイト

東証がライブドアに感謝する点 

2006年06月11日(日) 10時45分
「ライブドアの株は安いからちょっと買ってみようかな」と株を始めた人もいる。
ライブドアの株が、個人投資家が株を始めるいいきっかけになったのも事実である。
投資家が増えることは、東証は喜ぶべきことである。よって、東証はライブドアに
感謝する部分も多いのではないだろうか。とライブドアの公式サイトにある。


東証が最低金額(投資単位)を5万円に設けるらしい。


着メロ10曲プレゼント!!
トレイダーズ証券の外国為替取引
2010年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
http://yaplog.jp/livedoorlove/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:livedoorlove
読者になる
Yapme!一覧
読者になる