シャネルスーパーコピー 清朝阮元と書道:世代へみん

August 29 [Mon], 2016, 18:28
▲▲桂花図』『頌壷銘』金文

阮元は揚州学派のリーダー、乾隆帝は、嘉?、光に向かって「極三三重臣、朝の寵遇、世代のだろと仰がれる時代の文宗.阮元で訓詁の学、校勘の学、目次の学、法令制度の学、史学、金石学、術の数の学、文章の学、性道の学、故実の学などの多い領域を収めた注目の業績に力を入れて、そして一生文献の整理、匯集、撰、刊刻、素晴らしい成績を上げる.その生涯著の書、いくつかの共通の図書目録統計によると、約30種類以上のゆえに、阮元本学の貢献と書道の上の業績、かえって彼の学術盛名たりして、今は阮元書道の貢献と彼の書道の芸術を簡単に述べますか.     ;;


首唱南北本派論、深い影響を与える


阮元とりあえず南北本派をコンセプトに、力を合わせるツイ碑学、相前後して書いた『南北本派論』、『北碑南貼り論』2作、中国書道理論研究史で、非常に重要な地位を占めて阮元.


から書道審美的にもし帖派書道は美しいスタイルなら、碑派に属する本法則は一種のさの風格、碑本風派が求めるのは1種のシンプルなの美、質実剛健の美、雄強い豪気の美.阮元首唱南北本派論を妍美瀟洒な古代墨跡帰を南派帖学を古拙、飾らない、豪快な石碑を北派の碑学の範疇に.清朝の暦260余年、中国書道史上は書道中興の王朝.帖学から乾隆時期にいくつかの取りが全盛、法帖学のみんな、乾隆帝は、嘉?年間の??.清朝中期、古代の吉?、貞石、碑版大量出土、台頭金石学、当時、?石如開いた碑学の宗は、阮元和睦を南北本派論、包世臣?起提唱北碑での崇碑の風一時大盛.世を碑学を北派、帖学を南派.碑学は借り帖学の衰えを機に発展の勢い,オメガスーパーコピー.見渡すが清代、書道、継承、変革への革新、その成果が現れたと并?漢、いくつかの造詣が書道の皆さん、この時期、阮元書道で収めた成果はきっとそれを中国の書道史上一裏塚式の人物.


金石考証蘊蓄


阮元金石考証方面の造詣は、決して経学、著述盛りだくさんで、それに伴い、彼は60年近くの公式の生涯.任云?総督の間で、60代の阮元、1つの中国書道史により記載の重要な発見は、雲南省陸上涼訪問が『かまど竜顔碑』,ブランドコピー.その跋雲:この碑文体書道の漢晋正伝、求の北にも稀、乃雲南第一古石、その永護の宝,ルイヴィトン財布スーパーコピー.は年前後、金陵甘氏作『永和右?れんが拓本跋』は、雲南の返送いたし、否定《蘭亭」を王羲之が本の可能性を否定され、古来と規範の王羲之法帖の価値、転」

関連記事: