亀田パパ・亀田史郎氏、美人ホステスへのセクハラ証拠画像独占スクープ!! 

November 17 [Sat], 2007, 11:52
11月某日、午前2時、東京・小岩のカウンターバー。カウンターのみ10席ほどの店内はホロ酔い気分の客たちでにぎわっていた。と、そんなほんわかムードをブチ壊すように「バーンッ!」と蹴破られるようにドアが開き、

「なんや、貸し切りやないんかい!」

とわめきつつ、取り巻きを従えた男が、肩をそびやかして入ってきた。
なんともガラの悪いこの男、“亀田3兄弟のパパ”・亀田史郎氏(42)である。





亀田史郎氏、まずはカウンター内のママに向かって挨拶代わりのパンチならぬ、胸元へのおさわり攻撃というセクハラ暴挙に出た。

⇒独占スクープ亀田史郎美人ホステスへのセクハラ画像1

「キャーッ」というママの悲鳴に「グフフ☆」と満足そうな笑みを浮かべて席につく亀田史郎氏。

と、思ったら、すぐさま、「臭いっ、タバコ臭いっ!」とバカでかい声を張り上げる亀田史郎氏。

あわてた取り巻きの一人が「オレ、ちゃうよ」と首を振ると、「誰や、オレの嫌いなタバコ吸うとる奴はッ」と大きな声を出して、メンチを切った。亀田史郎氏の相変わらずのヒールぶりはここでも健在だ。



亀田史郎は、よく小岩のコリアンバーで飲んでいます。いつも数人の取り巻きを連れ、お気に入りの店を4〜5軒ハシゴするのが常。亀田史郎はどの店にも気に入っている女のコがいるようですが、彼女らに『温泉旅行に行こうや』としつこく誘い、やたらカラダを触りたってセクハラしまくり。ホステスからの評判はよくありません」(飲食店関係者)

確かに店内での亀田史郎氏は傍若無人な振るまいが目立つ。店が混んでいるにもかかわらず「あとで連れがくんねん。席空けとけや」とこれみよがしな大声で繰り返す亀田史郎氏。まるで、他の客に「はよ、店を出ていかんかい」と言わんばかりなのである。

かと思えば、

亀田史郎氏は「昔やったら、なんやオマエ、コラッ!っていうとるでェ。でも、いまはケンカできへんからなぁ」

 と、いかに自分はケンカが強かったかという自慢話で盛り上がる。
すっかりシラけた他の客たちが席を立つと「あいつら、帰りよったで」とニンマリの亀田史郎氏。


そんな困った"オッサン"亀田史郎が少し静かになったのは、隣に別の店のホステスと思われる女性が座ってから。

彼女はママと親しげに韓国語で話す。どうやら、亀田史郎のお気に入りのコらしく、コワモテ顔もゆるみっぱなし。



亀田史郎氏は彼女に話すときは声のトーンが落ち、盛んにカラダをクリンチ、もとい、密着させていた。

⇒独占スクープ亀田史郎美人ホステスへのセクハラ画像2

 そのうち、興に乗ったのかマイクを掴むと吉田拓郎の『旅の宿』、近藤真彦の『夕焼けの歌』などを熱唱。これが意外にうまく、さすがリングで歌ってばかりいた次男・亀田大毅のパパだけのことはあると妙に感心。かくしてカウンターバーでの“亀田祭”は延々と続き、午前4時すぎ、ようやくお開きとなったのである。



亀田史郎はコリアンクラブが大好きで、以前は地元の亀有でよく遊んでいましたよ」(前出・飲食店関係者)

この数日前にも、亀田史郎氏が小岩のカウンターバーにいたのを目撃されている。その日の亀田史郎氏はかなり泥酔した様子で、「ラーメンまだか。ラーメン」とホステスに連呼していた。
「こら、史郎とヤったオンナ」とホステスに絡む取り巻きを「そんなこと、いうなや」となだめつつ、厨房から届いたラーメンをうまそうに食べ、「マッサージ行こうや」とふらつく足で夜のネオン街に消えていったのである。

海の向こうのメキシコでは三男・亀田和毅がアマチュアの大会に挑戦中。長男・亀田興毅も同地で地道な練習に励んでいるというのに、亀田史郎ときたらこんなことをしていたのである…。



⇒独占スクープ亀田史郎美人ホステスへのセクハラ画像3

⇒独占スクープ亀田史郎美人ホステスへのセクハラ画像4



P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:livebeem
読者になる
2007年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる