遼“無のインプラント 杉並境地”で今季初首位

May 17 [Thu], 2012, 1:38
"この3週間、不安定なドライバーショットに悩み、スイング矯正に取り組んでいる石川が今季初めて首位に立った。スコアに一喜一憂せず、結果にこだわらない“無の境地”が、逆に好結果を生んでいるようなムードさえ漂うインプラント 再生療法 吉祥寺。391ヤードの3番ではグリーンエッジまで約40ヤードのフェアウエーに運んだ。549ヤードの7番(パー5)はアイアンで2オンを狙った。精度アップしたドライバーの飛距離を生かしてアプローチをピンに絡め、2日連続で7バーディーを量産した。しかし、ホールアウトすると練習場に直行。約1時間、父・勝美氏(54)が見守る中、ドライバーの調整に没頭した。石川は現状を「日に日にいいスイングができる回数は増えている。前半は3、6、7番といいスイングができた。家族葬見積りなど葬儀の低価格プラン
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/liuruoyun123/index1_0.rdf