コンサート 

April 09 [Mon], 2007, 23:42
診察が終わってから、病院からタクシーで行きました。
開場の時間が迫っていたので病院の玄関からタクシー乗り場まで小走りで行きました。
そしたらタクシーの運転手さんに「病院の職員さん?」と聞かれました。ちょうど仕事が終わる時間だったせいもあると思いますが・・。「いいえ、患者です。」と正直に答えたら、「いつもここでお客さんを乗せるんやけど、患者さんは絶対走ってけえへんねん。普通に走って来はったから看護婦さんかと思ったわ」って。それだけ元気そうに見えたって事ですね。病理の結果を聞くまではすっごく心配だったのが、これからの治療も決まって安心したことと、コンサートに行く嬉しさとで、患者に見えなかったのですね。
「なんでかかってはんの?」と運転手さんは軽く聞きはりました。まあ元気な患者に見えるからね・・・。
なもんで、明るく「乳がんで、手術したて。」と答えました。おっちゃん地雷踏んだ〜(笑)
今日の私はご機嫌だったので、おっちゃんと色々話しながら目的地まで行きました。


ホルモン療法開始 

April 09 [Mon], 2007, 20:26
病理の結果を聞いてきました。病理的には術前のマンモトームと同じ。センチネルには転移なしでした。
断端から残った癌までの距離が近いので放射線は25回にブースト5回追加です。
組織内照射で1週間で終わる方法をしたかったのですが、私の場合は元々リンパにあったこと等を考えると外照射の方が良いそうなので、外照射にします。
リュープリン+ノルバデックスでホルモン療法も今日から開始しました。
放射腺が終わってからホルモン療法かな、と思っていたので、ちょっとびっくりしました。

これだ〜 

April 08 [Sun], 2007, 23:40
ある病院のHPで乳がん手術の動画を見つけてしまいました。
「鏡視下乳房温存手術」って言う術式みたいです。
この動画は、見るのはちょっと勇気が必要かも・・・。
切る場所と癌の部位が私と似てので、まるで自分の事を見ているようです。「あんなことしてたんか〜、痛っ!」と思いながら見ました。私はこの動画よりもっと大きく切ってるけれど、、、。
「切ったところからガバッと皮を剥がして・・」と説明されたのも納得です。
それと、オペ後の切除したのを主人が「コロッケみたいやった。」と言ってたのも納得でした。
それにしても、まだおっぱいは痛いな〜。カチカチに腫れてるし、外側に引っぱられてきてるし。この状態は正常なのかな?




バルトリン腺 

April 07 [Sat], 2007, 1:16
水曜日にお手洗いに行って、あれっ痛っ、と気が付いた。
場所から考えるにバルトリン腺らしい。今までになった事はないのに・・。
これも抗がん剤の影響が残っているのかな〜。
婦人科で切開してもらうのが良いとわかってはいるが、痛いし・・・抗がん剤で体中の毛がない今、普段でも行きにくい婦人科はもっと行きにくいし・・・。行くなら乳がんでかかっている病院が良いか、なんて色々考えているうちにだんだん大きくなって腫れてきた。今朝はもう我慢の限界。土曜日に開いているクリニックに行った。
昼過ぎに少し排膿して少し楽になっていたが、まだこりこりあるし、勇気を出していきました。
ついでに子宮ガン、体癌の検査もして、超音波をしたら、ころころと1センチほどの筋腫がいくつかあり、お、まけに卵巣にチョコレート嚢腫も見つかってしまいました。
昨年8月にFEC治療で生理は止まってしまったので、それから筋腫も嚢腫も小さくなってきていたようです。筋腫はそのままでも問題ないようですが、チョコレート嚢腫は卵巣癌になる事があるので腫瘍マーカーの検査をしました。ついでに今辛いホットフラッシュの治療の漢方薬を頂きました。
今日の本命の「バルトリン腺切開は、痛かったです。乳がんより痛い」!!
チョコレートの陰に癌が隠れていませんように祈っています。
いくらなんでも、乳がんオペから1ヶ月で次は卵巣癌だなんてないでしょう・・・。
神様はそんなに意地悪しないよね。

マスカラデビュー 

April 03 [Tue], 2007, 23:43
今日は通っている音楽教室の方と先生方が私の退院祝いをしてくださいました。
レッスンに通っている時が私にとって一番の癒しの時間です。タキソテール&ゼローダで手足の爪がボロボロになっても続けたレッスンです。
ひどい時には足の指すべてに絆創膏。手も親指以外は全部絆創膏。よくそれでピアノが弾けるね、と驚かれていました。今は両手の中指と薬指に絆創膏だけになりました。
家のピアノとエレクトーンは接着剤でべたべたになっています。
痛いのに、そこまでして弾くの?と疑問に思われるかも知れません。
痛いです、特にエレクトーンは鍵盤をぐっと押さえます(アフタータッチといいます)から痛いです。
エレクトーンを知らない人には、エレクトーンはべたーと押さえるだけだけれど、ピアノは重くて力がかかって痛いでしょ、と言われますが、エレクトーンでそれなりの音を出すにはとても力が必要です。
ここでエレクトーンについて語りだしたら長くなるので、またそれは後ほどに・・。
音楽があったから、レッスンに通い続けたから、私は抗がん剤にも耐えられたんだと思っています。
今月の大人の発表会にも出ます。申し込みは去年だったので、もしかしたら出られないかも、とも思いましたが、なんとか出る事が出来そうで良かったです。
そうそう、今日のお題は「マスカラデビュー」でしたね。
最終のタキソテールが1月末。髪の毛は少し前から生え始めました。でも睫毛はなかなか生えて来ません。今日、見てみたら何本か短い睫毛を見つけました。
よっしゃ〜マスカラ付けよ!頑張ってみました。微妙〜ですが、無いよりましかな?程度になりました。
睫毛美容液を使い始めようとおもいました。(以前から睫毛が短かったので、愛用していました)

鬱かな〜 

April 02 [Mon], 2007, 12:06
先週あたりから何にもする気がしません。
術後すぐは温存手術が出来て、リンパ郭清せずに済んだ喜びが大きかったのですが、
しばらくしたら、おっぱいの痛みから乳がんを実感してしまって、色々な怖さが出てきました。
抗がん剤治療中は、乳がんであることを自覚できていたはずですが、おっぱいは痛くなかったです。
ところが、術後はおっぱいそのもの、癌のあったところが痛いのです。
改めて乳がんなんだ・・・・と思うと、最初にあったリンパの転移、腫瘍の大きさなどを考えるととても怖くなります。
ところが、術後に挨拶に行った時、職場の人は癌をとってしまったんだからもう大丈夫でしょ。と励ましてくれます。
励ましでくれてはるのはわかりますが、私の心の中では「取ったから終わりじゃない・・」とその励ましを素直に受け入れることが出来ません。決して悪気があって言われているのではないって言うのも判っています。でも、だめなんです・・・・。
私も自分が癌になったから、こう言っていますが、もし自分が逆の立場ならきっと、同じ言葉で励ましているつもりになっていたと思います。
励ましてくれる言葉を素直に受け取れない自分にも嫌になります。
なんでも良いほうに考えてめったに腹を立てる事がなかった私が、少しのことでもカチンカチンくるし、すぐに涙も出る。先日は主人の何気ない言葉にとても悲しくなって、生まれて初めて泣き叫びました。あんなに大声で泣いたのははじめてでした。やっぱり病気と抗がん剤で始まったうつと更年期症状のせいなんだろうな。
こんな時はやっぱり無理せずに薬に頼ろう。抗がん剤治療中にもらっていたワイパックスを飲んでみる事にします。

抜糸しました 

March 27 [Tue], 2007, 23:10
傷の具合は大丈夫って事で、抜糸しました。
乳房にはあまり感覚がないので、痛くはありませんでした。
まだ張っているので、破裂しないかちょっと怖いけれど、大丈夫だそうです。
糸を取ったら、ちくちく突き刺さるのが無くなって楽になりました。
お風呂も入っていいそうです。
抜糸って、保険請求上は「手術」になるのですね。支払い時に金額をみてびっくりしました。
3割の負担額は2800円ほどでたいしたことはないのですが、
今日した事は抜糸だけ、ちくちく28個を取っただけで医療費は9000円ほどになるのですね。

退院1週間目 

March 20 [Tue], 2007, 23:15
退院して初めての診察。相変わらずおっぱいは張っています。退院時にはこのまま様子を観ておこうと、そのままにしていたのですが、今日は痛そうだから少し水を抜きましょう、と言うことになりました。
超音波で確認して注射器に23Gの針でブスッ。あっ、痛くないわ。この辺はまだ感覚が鈍いからね〜、と。あまり抜いてもだめだから、張りがましになる程度の量(70cc位)を抜いてもらいました。水って言うより見た目は普通の血です。張りがましになったので少し楽になりました。

今日は退院後に初めて自分で運転していきました。シートベルトが当たると痛いです。
そりゃそうですね、服が触れるだけでも痛いんですから・・・。
左手でシートベルトを緩めながらほとんど右手だけで運転しました。
一番不安だった車庫入れも出来ました。良かった。
でもやっぱり運転は緊張したので、帰ったら疲れてしまいました。


思い出しながら 

March 16 [Fri], 2007, 18:38
3月13日に退院してきました。
最初は、自分の記録にと、乳がんの宣告からずっと書き留めて行こうと思っていました。
けれど、思ったより副作用は辛く、とてもパソコンに向かえるような状態ではありませんでした。
FECによる急激な更年期症状(鬱、ホットフラッシュ、不眠)、吐き気、倦怠感・・。
タキソテールによる手足症候群(手足の爪が取れそう、痛くて歩けない)、だんだんひどくなる倦怠感、更年期症状・・・etc
こんな副作用は当たり前なので仕方ないとあきらめていました。
でも、私の副作用は人一倍強かったのです・・・・。
こんな状態でも仕事を休めない時もあり・・・・辛かった・・・。
色々な薬に頼りながら、色々な人に励まされながら、本当によく頑張りました。
手術が終わった今、ちょっと自分を褒めてあげたくなりました。
そして、いまからいっぱい思い出しながら書いておこうと思います。
でも、まだおっぱいが痛みます。無理しない程度にぼちぼちさかのぼって書きます。

お見舞いその2 

March 11 [Sun], 2007, 23:58
今日は大学の同級生がお見舞いに来てくれました。
大好きなマンゴをお見舞いに持ってきてくれました。
今日はあらかじめ2時半頃に行くから、と聞いていたので、昼食を食べてお化粧していました。
そこへ、担当医の先生が来て「あら、お出かけ?」って。「いいえ、気分転換にお化粧でもしようかなと思って。」というと、「それは良い事やわ。」って。
そっか、入院中やからお化粧したらあかんわけでもないのですね。
まあ今までも朝に眉だけは書いていたのですけれど・・。
喫茶室で延々とお話していました。
病室に帰ってきたら看護師さんが探されていたようで、すみません。

2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:littleviolet
読者になる
Yapme!一覧
読者になる