たびにっき 家族旅行編 49日目 Edmonton-Lake Louise そのC

September 24 [Thu], 2009, 18:47
 レイクルイーズ手前にあったクロウフット氷河(crowfoot glacier).

直訳すると、カラス足の氷河。 そう言われれば、鳥の足に見える?!

この他にもボウレイク (Bow Lake)やヘクターレイク(Hector Lake)

など車窓からサッと鑑賞。

さすがに、一日で600キロ近い移動。。 疲れました。




夜、八時過ぎ、やっとのことで、ホテルに到着。 あぁ、やれやれ。

本日のお宿は、ディアロッジ (Deer Lodge)

なんとレイクルイーズまで徒歩数分のホテル。 

実はレイクルイーズにはあまりたくさんホテルはありません。

というのも、レイクルイーズはバンフやジャスパーのように

人が生活している町ではなく、観光客むけの小さなビレッジとよばれる

モールのようなところがあるだけなのです。

よって、かの有名なシャトーレイクルイーズ筆頭にちょっと良いホテルがならびます。

そのなかでも、なるべくリーズナブルなところを!!と選んだのがこのディアロッジ。

素朴なかんじのたたずまいと、露天スパから見える星空がめっちゃ素敵なホテルでした。 


疲れ果てたうちらは、そのままホテルのレストランで夕食!! 

リッチな気分を味わいました。 

とりあえず、カナダビールで乾杯!!

父はバッファローのステーキだったかな? 食べてました。 

野生動物のお肉も、カナディアンロッキーならでは。 

ほかにもムース肉やシカ肉もポピュラーです。

うちは何を食べたかな。。 すっかり忘れてしまった。。。。

明日は朝からハイキングの模様?! また早起きがんばらねば。。。






たびにっき 49日目 家族旅行編 Edmonton-Lake Louise そのB

September 24 [Thu], 2009, 16:43
氷河を満喫した私たち一行は、Columbia Icefield (コロンビア大氷原)をあとにし、

Lake Louise(レイクルイーズ)に向かいました。

コロンビア大氷原はJasper国立公園の一番南端に位置します。

とういうわけで、コロンビア大氷原を抜けると自動的にJasper国立公園をでて、いよいよBanff国立公園に入りました。 

今日の目的地はレイクルイーズ。 

ジャスパーとレイクルイーズをつないでいる世界有数のドライブコースといわれている

Icefield Parkway(アイスフィールドパークウェイ)をどんどん南下。

運転もあとひとがんばりです。

っていっても、まっこが運転してくれてるので、私は呑気に乗ってるだけですが。

レイクルイーズまでまだまだ見所は続くんだけど、

とりあえずみんなに見てほしかったペイトレイク(Peyto Lake) に寄り道しました。

Peyto Lake (ペイトレイク)までは駐車場から10分ほど歩きます。 軽いハイキング。 

その道すがら、こんな高山植物が!

     

この、左の写真がなんの植物かみんなでものすごく気になり。。 

あーでもない、こーでもないと、みんなでぺちゃくちゃ。。

結局なんの花だったんだろう。。。 インディアンペイントブラッシュ??

そして、がんばって最後の坂を登りきると。。。

ジャーーーン


     
  Peyto Lake (ペイトレイク) 

ターコイズブルーのペイトレイク。 個人的には何回見ても、この湖はカエルの足の形にみえるんよな。。
 

さあ、ここからレイクルイーズまであと40km!!




たびにっき 49日目 家族旅行編 Edmonton-Lake Louise そのA

September 24 [Thu], 2009, 13:39
 まっこの運転で、Icefield Parkwayをどんどん進みます。 ちょうど木々の色も黄色く変わりはじめ、山だけじゃなく、紅葉も楽しめます。 なかなかよいドライブ。 

二大滝をすぎ、次の目的地は Columbia Icefield (コロンビア大氷原)  大氷原とはその字の通り山の上にある氷の野原です。 大きな湖が山の上で凍ってるようなかんじです。  その大氷原から流れ出てる氷が氷河(Glacier) いくつもの氷河がコロンビア大氷原から流れでてるます。 その中でも、一番簡単に人がアクセスできるのがアサバスカ氷河 (Athabaska Glacier)

っていうわけで、本来ならジャスパーの町から一時間ほどで着くIcefieldですが、今日はいろいろ寄り道もしたため、2時間ほどかかり、4時前に到着。 到着したら、風が吹いてて、寒い。。。 服をたくさん着込み、いざ出発!!

このコロンビア大氷原での一番のアトラクションは、Snocoach(スノーコーチ)と呼ばれる大きな車に乗り、実際にアサバスカ氷河の上を走り、そして氷河の上に降り立てるというツアーです。 お値段50ドル弱。。 でも、一回は乗ってみる価値はあると思います。 氷河の上はめちゃめちゃ寒いけど。。。  氷河の上を歩き回ったり、 氷河から直接流れてきてる水を飲んだりと皆楽しんでくれたようでした。 

           

左 コロンビア大氷原から流れ出るアサバスカ氷河  右 Snocoach (スノーコーチ)

おまけ  氷河からのおいしい水をくもうとする母



滑りそうで危ない。。。笑

たびにっき49日目 家族旅行編 Edmonton-Lake Louise その@

September 24 [Thu], 2009, 13:00
エドモントンのホテルで一泊し、朝8時ごろ、いざLake Louise(レイクルイーズ)に向かって出発!! まっすぐ運転しても8時間弱かかる道のり。。 まっこと二人で運転で一気にいってしまいます。 まずはお昼ごろJasper(ジャスパー)に到着目標。 高速はスキスキ。 なんともラクラクな運転。 しかもちょっとずつ紅葉っていうか黄葉が始まってて、なんだかきれい。 通常Edomonton-Jasperの道のりは何もなく、非常につまらない道のりなのですが、黄葉のおかげで母喜ぶ。 そして、なんか赤い実を見つけては喜ぶ(笑) 旅行に誘ったほうとしては、こんなに簡単に喜んでくれるもんなのかと逆に感心(笑) 



そんなこんなで、無事にお昼頃ジャスパーに到着!! お昼ごはんがてら、もとバイト先であるパン屋でパンを買い、私のお気に入りの湖の近くでちょっとピクニックをすることにしました。 今回の旅行、前半はお天気が良さそうなのに、後半ジャスパーに戻ってくるころは天気が怪しそう。。なので、天気のいい間にお気に入りの湖を見てもらおうという作戦でした。



いつみても綺麗なEdith Lake(エディスレイク) 夏はこの湖でよく泳ぎました。 風があったので、ざんねんながら湖に山が反射してなかったのが少々残念でした。 ま、でもお昼もばっちり食べたことで、ジャスパー国立公園を縦断して、いざレイクルイーズに向かいます。 ジャスパーとレイクルイーズ間はIcefield Parkway(アイスフィールドパークウエイ)と呼ばれる世界でも指折りの綺麗な景色が見られるというドライブコースです。 ドライブしながら途中、いろいろ見所があるので、寄り道しながら、観光しながらで進んで生きます。 せっかく綺麗な道なので、運転をまっこにしてもらうことにしました。 さすがに父と母は時差ぼけがちょっときつそう。。でもお構いなしに、どんどん見所に止まり、観光していきました。

まずは。。 ジャスパー国立公園の二大滝

      

左 Athabasca Falls (アサバスカ滝)  右 Sanwapta Falls (サンワプタ滝)

せっかくなので、母とまっこの後ろ姿つきで。。(笑)

たびにっき 48日目 家族旅行編 Edmonton (エドモントン)

September 23 [Wed], 2009, 22:09
カナダ横断旅行も終盤を迎え、いよいよ今日から10日間父と母とまっこがやってきます。 わーい。 みんなでカナディアンロッキーをめぐる旅をするのです。 っていうわけで、ジャスパーから、うちのゲストハウスのオーナーの車に乗せてもらい、いざエドモントンへ。 ジャスパーとエドモントンは車で4時間。 いつものバスだと6時間。。 車、本当にありがたや。

今旅行3度目のエドモントン。 ずいぶん街の勝手もわかってきた為、気分も楽々。 とりあえずみんなが到着するのが夕方なので、それまでレンタカーでアウトレットモールにでもいってみようかとうきうき。 まずはホテルにチェックイン。 今までの貧乏旅行ホステルとは大違いの素敵な部屋。。 さすが家族旅行すばらしい!! 無事ホテルにチェックインし、とりあえずレンタカーをしに出発。 これでみんなを颯爽と空港まで迎えに出向く予定。。。。。。。。

が。。。

案の定ここで問題発生。 突然クレジットカードが通らない。。え。。。?!?! 
受付の人にいろいろ試してもらうも、どうやら使いすぎのようで上限オーバーしているらしい。
一枚しかクレジットカードを持っていないためどうしようもできない。。 やばい。。

こうなったらもうアウトレットどころではなく、どうやって空港にいくか大問題。 レンタカーはあきらめ、
とりあえず市バスで空港に行くことにしてみる。 ネットで空港の行き方を調べ、いざ空港へむかう。

が。。 またまた問題発生。。 (笑)

市バスをおり、空港に向けてとことこ歩いてみるが。。。 ターミナルが見えない。。 飛行機は見えるのに。
しゃーないので、犬の散歩中のおじさまに道をたずねてみると。。。

”あー、空港間違えてるよ。。 この空港はプライベートジェットなんかが使う空港だからね。 国際空港はもっと街の南だよ。 うーん、どうやっていったらいいんだろうね。。。”

と衝撃Newsを私に伝えつつも親切に一緒に困ってくれ(笑)どうやら交通機関がなさそうなのと、時間もまったくなかったため、あきらめてタクシーで空港に向かうことに。 

ってなわけで、無事にみんなと合流できました。。 よかったよかった。 

久しぶりの再会で4人でイタリアンを食べにいきました。 手作りパスタのお店。 おいしかった。
そして、今回の旅行ではまっこが大蔵省で家族分のご飯代を受け持ってくれるという。。
わーお、太っ腹。。 ありがたや。。 職なしの姉はおとなしくおごっていただくことに。
すばらしき、家族旅行。 いままでより断然贅沢。 そして、気持ちもラクラク。 

明日は一気にレイクルイーズまで大運転! 8時間。。。 大丈夫か。

たびにっき 40日目 Victoria (ビクトリア)

September 16 [Wed], 2009, 16:48
旅も後半戦に突入しました。 大分体も疲れてきているようで、そろそろどっかでゆっくりしたいなと思う今日この頃です。 昨日は約5週間ぶりにジャスパーに戻り、一緒に旅してるMの誕生日パーティに参加してきました。 久しぶりにジャスパーの町を見て、ジャスパーの人に会い、鋭気をやしない、バンクーバーへ向けて出発したわけです。 

しかし、このあたりからどうやら厄日が始まったらしく、深夜一時、バスに乗ろうとバスディ−ポに行ったら、バスが2時間以上遅れてて、深夜3時までこないとのこと。。 あの。。 どこにおれっちゅーねん!! 友人Mとしょうがなく近くのPubにいき、時間をつぶし待つこと3時間。 夜中の4時にやっとバスに乗れました。 眠い。。 そして、翌日午後3時半、3時間遅れてバンクーバーに到着。。。 そしたら、どうやら、大事な私の帽子をバスの中に忘れてきた模様。。。。 やってしまった。。 厄日だ。。 そして、私のバックパックからは異様なほどにボディーソープのにおいが。。。 かばんの中でボディーソープがもれまくり荷物がべたべたに。。。 厄日だ。。

そして、バンクーバーで、レンタカーをして、ビクトリアへ。 レンタルした車のトランクの調子がよくなく、ぜんぜん開かない。。。 厄日だ。。 そして、ビクトリアに行くため、レンタカーで港へ。 ビクトリアはバンクーバーからフェリーに乗らねばならないのです。 夕方6時ごろに船着場に着くと、7時発の船は混んでるので9時発まで待たなきゃいけないとのこと。。 厄日だ。。

でも、このあたりで厄日は終わったらしく、運良く7時のフェリーに乗れ、気分爽快。 夕日をみながらフェリーを楽しみました。 そして、8時半、フェリーはビクトリアの港に到着。 そして街中へ。。  州議事堂がライトアップされてたりと素敵!! せっかくなので写真をとろうとかばんを探ってみたら。。。 カメラがない。。 げっ。 よくよく思い返してみると、フェリーで寒かったのでウインドブレーカーをきて、そのポケットにカメラを入れてたことに気づく。 で、ウインドブレーカーを探してみたけどない。。。 どうやらフェリーにおいてきたらしい。。。 ショック。 この前かったばかりなのに。。 カメラもショック。。 やっぱり今日は厄日のようです。 これだけ抜けるのは本当に久しぶりだったので、少々自分に嫌気がさした一日でした。。 ま、財布はちゃんとあるんだけど。。。 明日はいい日になることを願って寝ます。。 ま、自分の不注意なだけなんだけどさ。。。

ってなわけで、ブログに写真が載せられなくなりました。。 あらら。。 どうしようかな。。カメラ。。

たびにっき 33日目 再びカルガリー

September 08 [Tue], 2009, 12:31
カナダ横断旅行を始めて、早一ヶ月たちました。 ジャスパーから出発し、東の端のNewfoundlandまでいき、そして、今朝、カナダ西部のカルガリーに戻ってきました。 初めてカルガリーにやってきたのが8月7日なので、ちょうど一ヶ月まえになります。 時がたつのは早いもんだ。 一ヶ月の間にずいぶんと涼しくなり、秋なかんじになってきました。 今日はレイバーデイで、どこもかしこもお休み。。 ってなわけで、私たちも休養デーにしました。 うちも友達も二人とも米に飢えていたので、今日はスーパーでお米を買ってきて、大量に炊いて久しぶりに白いお米をたらふく食べました。 おかずはハンバーグとわかめの味噌汁。 豪華晩御飯!!で二人とも大満足。 一人だとご飯も栄養偏ることが多いけど、二人で割り勘できるからとおかずも結構豪華にできるのでいいかんじです。 明日から4泊5日でWaterton Lakes National Parksってとこにキャンプしにいってきまーす。

たびにっき30日目 Quebec city (ケベックシティ)

September 04 [Fri], 2009, 16:03
モンモラシーの滝では滝の霧と太陽の反射で虹がきれいに見えました。こんな間近ではっきりと虹をみた記憶があまりなかったので、ちょっとうれしくなりました。 ここのところ都会続きであまり自然に触れてなかったので、ひさしぶりに滝の轟音を聞きながらぼーっと滝を眺めて癒された一日でした。

ケベック最終日、バスのスケジュールが夕方4時過ぎだったので、それまで再度、町の散策と、あとちょっと豪華なランチを食べにいきました。 まずむかったのはCitadelle (シタデル)と呼ばれる要塞。 今でも軍事基地として使用されている施設です。 オタワで見た衛兵交代式がここでも見られるということなので、行ってみました。 しかに、入場料を10ドルも取られるっていうことで、中に入るのは断念。。 高すぎる。。。 ま、オタワでみたからいいかってことで。  Citadelleの門の前で記念撮影だけして、帰ってきました。 

せっかくケベックに来たので、ケベック料理を食べてみよう!!と意気込み、いろいろ調べたところ、ケベック料理はシチューのような煮込み料理、ウサギや鹿など野生動物の肉料理などが主だったところのようです。 さすがにウサギなんかはちょっと食べる気になれず、結局ランチのコースが20ドルで食べられるちょっと高級なレストランでランチをすることにしました。 今まで、外食を避けてきただけに、ひさしぶりの外食でした。 しかもめっちゃ高価。
 店内の雰囲気。 ちょっとぼけてあるけれど、カントリー調のかわいらしい店内でした。 ウエイトレスはみんな民族衣装みたいなのを着てました。 前菜はシェフスープ。 普通のチキンスープで無難においしく○。 メインはケベックパイ。 とりあえずケベック料理なのでためしてみました。 つけあわせで、じゃがいもやインゲンの煮物が添えてあり、ほっとする味でした。 個人的には好きな味で、ぺロリでした。 デザートはシェフデザート。 ラズベリーとヨーグルトと、なんか甘いものがかかってました。 豪華コースワインもついて、20ドル。 高いランチだった。。。 でも、満足。  


ケベックを後にし、カナダ西部へと向かいます。 また2日近くバスに乗り、Winnipeg(ウイニペグ)、Calgary (カルガリー)へと逆戻り。 ケベックシティをもってカナダ東部の旅は終了!!

たびにっき 29日目 Quebec City (ケベックシティ)

September 03 [Thu], 2009, 15:31
ケベックシティの町を歩いてると、様々な看板が目に入ります。 一軒一軒ちょっとこった看板がかかってるのです。 そんな看板を見てるだけでも楽しい! ちなみに写真は写真現像のお店の看板です。 ほかにもこんな看板が。。    

                    アイスクリームやさん!!


ケベックシティ3日目、郊外にあるモンモラシーの滝を見に行きました。 あのナイアガラよりも落差があるらしい、カナダでも有数の滝だそうです。 百聞は一見にしかず。

 見事!!!!

たびにっき 27,28日目 Quebec city (ケベックシティ)

September 01 [Tue], 2009, 14:52
今回の旅行は北米を網羅しているグレイハウンドバスの2ヶ月間乗り放題パスを使って旅行してます。 このグレイハウンドバスのパスは優れもので、とりあえずバスの出発時間にバス停にいってパスさえ見せれば乗れるというシステム。 予約も何もいりません。 そんなパスなんですが、最近パスが使えるエリアが狭まり、モントリオールより北のケベックシティに行くためには、別のバス会社のチケットを購入しなければなりません。。 そんなわけで、ケベックシティに行くかどうするかちょっと迷ったのですが、ちらっとみたガイドブックの写真が素敵だったので、ま、お金だして行ってみようかなと思ったわけです。  結果。。。 お金をだして大正解。 モントリオールよりもこじんまりしており、さらにヨーロッパ調の景色が広がる素敵な町でした。

      

 最初の写真は、ケベックのランドマークでもあるフェアモントホテル。  とにかく大きい。です。 ケベックシティは、街自体がユネスコ世界遺産に指定されてます。 ケベックの旧市街はぐるりと城壁に囲まれており、さまざまな歴史的建造物が当時のまま保存されてるためです。 なので、門をくぐり旧市街に足を踏み入れるとそこは完全に別世界。 タイムスリップをしたのか、ヨーロッパにとんだのか、石畳の素敵な景色が広がります。 小さな雑貨やさんが並び、街を散策してるだけでも楽しい。 観光だけなら、一日あれば十分回れるのですが、街の雰囲気がよかったので、予定よりも一日延長し、3泊4日することにしました。言語はやっぱりフランス語だけど。。(涙) 
P R
2009年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30