1月の決心? 

2005年07月15日(金) 1時08分
さてさて。
決心なんてタイソウナものじゃないんだけどね。


例のお兄さんに悲しいことが起こりましてね。
何もできないわけです。



なんて言ってます。
離婚した奥さんとね、話し合いの結果 娘さんとは会えないことになったそうで。
最後のお別れを娘さんが眠ってる間にそっとしてきたって聞いた日。
そんな一月。
だって、なーんもできないんだもの。無力だなあって思った。


そんでも、

でも私にそばにいてほしいというから。

そう言うから。

せめて、何があっても私だけは一緒にいようと思った。


って思ったのは本当。
気持ちなんてお互い変わるものだし、先のことなんてわかんないんだけども。


でも、せめて辛くない時期が来るくらいまでは、いれたらいいなと。


なんか本当に誰も傍にいなくてね。
びっくりするくらい あたししかいないって言う・・・。
世の中、孤独な人って結構いるものなのかもしれないって思った。


幸せになってほしい人なんだけどね。


この時はホントにそう思ったなあ・・・・。
最悪、自分とでなくてもいいからシアワセになってほしいなーって。
なんてボロボロな人なんだろうって思った。



今?・・・・今は・・・・。

自分がシアワセにしたいって思ってるけどね(腐)!
他の人と一緒じゃ嫌。



でもあの時も今も、同じことは思ってる。



これから、どうなるんだろう。


12月の呟き・2 

2005年07月13日(水) 18時17分
そういうわけで付き合いだした二人のどこにでもある話。
相方君のことを、こんなふうに書いています。


やっぱり、やさしい人です。
わがままを言えない自分に、ちゃんと思ったことは
言うように言ってくれる心の広い人です。
でもっておそろしく気の長い人(笑



何を惚気てんだ このあほー!(苦笑)って感じですがっ。


根本的なところが自分と似ていて、実は同い年だったのにやたら物を知ってる人で

更にこんなことも言ってるわけだ・・・・。
まあ、本当に彼はあたしとものすごく似てる部分と、正反対な部分があって、
なんだかその辺がすごく面白い。
ものの価値観とか視点とか傷になっている部分とかが近いけれど、
考え方とか行動とか対処の仕方とかが全く違う。


なんつーか・・・・
ああいう人には初めて会ったわけなんでね。



って言ってる(笑。
どこまで一緒にいれるかわからないし、いつまでお互いがお互いを好きで
いられるかなんて全くわからないけど。
ただ、この人あたしの半分なのかもしれないって思ったのは事実。
半分、半身。ハーフ。


先のことなんて全くわからないけどね。










12月の呟き・1 

2005年07月13日(水) 18時15分
色々あって、11月に口説かれたわけですが(笑。
周りにはこの頃言ってなかったんですねー。
ちょっと人目を避けてみたり何でもないふりしてたり。
そういう状況を「嫌だ」って思ってたみたいですね、この頃の日記は。


しんどい と言うのは、多分自分が感情の上では納得できてないから。
だと、思う。
公表してもしなくても、んなことどうでもいいや〜と思う自分と。
なんでこんなことで気を使わなくちゃいけないんだろう、と思う自分がいる



なぁんて言ってます(大笑。
口説かれはしたけど、彼もまだ気持ちの整理がついてなくて
あたしもどー立ち振る舞っていいのかわからない時期でしたー。
でも、ただ好きだった時期かな。
一寸先は闇。でも一緒にいたい。
そういう時期だったかもしれない。

11月のあたし 

2005年07月13日(水) 6時41分
11月の日記を見てみると、混乱っぷりが出ていて面白かった。


どーやら、あの人に「ほうっておけない」って言われたらしい(笑。
わりとね、言われたことある台詞なんだけどね。
10代の頃好きだった人とか、仲のいい友達とか。
あたしを好意的に見てくれる人からよく聞く言葉。


この頃、あたしはすっごい混乱期だった。
あの人には彼女がいるのだと思っていた時期だし。
だけど、なんかあたしの傍にいるし。
なんか構ってくるし。
あたしのこと、好きっぽい発言をするけど、友人としてにしては・・・アレで(どれだ)
だからと言って決定的なことはなく。
でも近づくとするっと逃げてくような感触があって、暖かいのか冷たいのか
どうにもわからない人だと思ってた。
憧れてた人との距離のとり方もどうにも測れない時期だったし。


まあ、後からわかってみれば彼は2年別居してた奥さんと別れた頃で。
精神的にボロボロだったようで。
色々あってかなり人間不信状態だったらしいし。
この状態で人を好きになったらいけない、みたいなのもあったらしいし。

なんだか、アップダウンの激しい頃だったなあ・・・気持ち的に。

10月のにっき 

2005年07月12日(火) 18時34分
次は10月の日記から(笑)

ちょっと自分の性格的な悪いところが今日はっきりと浮き彫りに!
どんどん馴染んでいくほかの人に比べて、なかなか一定の姿勢を崩せない自分。


新しい世界に足を踏み入れたばっかりで、居場所のなさみたいなもんを感じてたころかなぁ?
ようやく仲良くなれそうな集団になってきて・・・でもなかなか素と言うか地が出せずにおたおたしてたのかな。
あたしにはよくあることだ・・・・・

そして次のくだり。

すごく気がついて話を聞いてくれるお兄さん的人もいて、
「考えすぎだ」とか「気をつかいすぎだ」とは指摘してくれるんだけれど。


えーと、あの人にあったころだー(笑。
今、あたしが好きで、あたしを好きな人。
この頃は、まだ「お兄さん的」な人扱い・・・・・・・(大笑。


生来の世話焼きってかお節介であたしに近づいてきたあの人。
初対面の時の会話ってなぜか覚えてる。
「もっと気楽に」「あなたらしく」。
なんだか、この人カウンセラーか何かかしら??って当時は本気で思ってた。
この当時は、よき相談相手でした・・・。

9月のある日 

2005年07月12日(火) 18時22分
あちこちに書き散らしている日記をちょっとまとめようかと思った。
まずは一番古いあたりから。


9月の日記では、あの人と知り合った頃のことが書いてあった。

偶然、最近知り合った友人と誕生日が一緒なことが
わかりました!
うーん。すごい。


・・・なんて書いてある(笑。
今ではすっかりいぢられキャラなあたしだけれど、
当時はお互い距離がもっとあって探り探りだったのかなあ?


年上かな?と思っていたら・・・年下だったことがわかりました。
ほぼ同い年でしたが、結構ショックでしたね。
中身が私よりはるかにしっかりしていたので・・・。
自分の成長具合を思うとちょっと凹みました



うん、彼はオトナでしたねー。中身がオトナ。
泣き言言わないし、ちゃんとしてるし、でも気遣いのできる人。

ホントは彼は三つ下なんだけど、ついサバを読んで一個下と言ってしまった乙女心・・・・(コラ
いや、「何年?」って変則的直球で聞かれたんで、相手より下だったらいいなー・・・くらいの
出来心で答えたらそれでも一個上だったっていう哀しい出来事だった・・・・。


誕生日に会えるかどうかまだ不明ですが、会えたらお互い
おめでとうを言い合えるといいなと思ってます。



誕生日には会えなかったけど、次の日に会えた。
向こうから、「俺とゆんちゃんおめでとう!」って言われたんだったなあ。
懐かしい。
あの頃、彼は憧れの人だったなー。
今も大好きな友人だけどね。

2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:littlekingdom
読者になる
Yapme!一覧
読者になる