どうしてこんなに心細いのか

October 14 [Wed], 2015, 17:16
今日も体調が優れない。


せっかく大学の旧友と会って筑波山に登ってたのだけれど、
お腹がたまらなく痛い。
帰ってきてからはだるいし、気持ち悪い。


これが病気の症状なのだろうか。


気を遣わせたくなくて
平然を装ってたけど、
ひとりになったらなんだか悲しくて、
涙が溢れてくる。




私の病気はいつになったら良くなるのだろうか…不安。


もう、だいすきなスノボも、
旅行も、飲み会も、
楽しめなくなっちゃうの…??


一番悲しいのは、
そうやって落ち込んだ気分になってる自分。
病は気からというけれど、
不安で夜もあんまり眠れなくて。
仕事にも行きたくなくて。


もー、全部終わっちゃえばいいのにって思う自分がいる。
私はなんて弱い人間なの。


強くならなきゃ。
強く生きなきゃ。

家族

October 13 [Tue], 2015, 0:39
今日、ずっと昔にお母さんが書いてくれた手紙を見て、
涙があふれた。


私はいつも家族のことは二の次に考えてきた。


いつになったら、家族を大切に思えるんだろうなんて思ってた。


社会人になって、
やっと家族の大切さに気付けた。


お母さんの無償の愛に感謝して、
お父さんの強さを尊敬している。




今までずっと家族に対して冷たかった私。
でも家族が嫌いだった訳じゃない。


怖くて辛くてたまらなかった。
お父さんお母さんが私のことを愛してくれてるのは知ってたから、
私の心配をして心を痛めて欲しくなかった。


傷つけたくなかったから、
自分から家族を遠ざけようとしていた。


家族が私を見放さないのも知ってたから
それに甘えて強がっていた。


そして私は、家族の当たり前の優しさの中で、
どうしても家族じゃない人たちに好かれたくて、
ずっと外の人間にばかり気を遣っていたのだと思う。




気付くのが遅くなったけれど、
私は気付けて良かったよ。


失ったものはあるけど、
そのおかげで大切なものに気付けたんだ。


頭の良い人は失う前に気付けるのかな。
私は大抵気付けないことばかりで、
後悔ばかりで。


でも、何となく気付けた。
人生ってそうやって、
今までの当たり前を失って初めて、
その大切さを知るんだなって。




家族がいなかったらどんなに楽か。
どんなに辛くないか。
自分のことだけ考えて生きれたら
どんなに自由か。


なんて思ってた。


私は自分だけが傷付けばいいだなんて思ってたけど、
そんなのただの自己中なんだ。


家族は私が心配するほど弱いもんじゃない。
私と一緒に闘いたいって
そう思ってくれるひとたちなんだ。

不治の病

October 07 [Wed], 2015, 23:31
もう、治らないんだそうな。
私の病気。


ある日突然降りかかる。
今まで当たり前にしてきたことが
できなくなるなんてことがあるんだ。


友達と平等じゃないと思うと
健康なままの人が羨ましい。
私が薬を買って診察代払ってるお金で
友達は美味しいものを食べて
楽しい時間を過ごしてるんだな、
って思うと。




ただでさえ、なかなか好きになれない自分自身。
最近その自分が、歳をとるにつれてどんどん衰えていくのがわかる。
不自由なとこがどんどん増えてく。
それでも自分を愛しながら生きていかなきゃならないんだね。


こうやって人は、生まれてからあちこち壊れていって、最期はぜんぶなくなっちゃうんだ。


もちろん、こんなに辛いと思う私よりも
辛い想いしてる人はこの世界にたくさんいるんだ。


健康って大切だね。


だけど、傷付いた人にしかわからないことってあるよね。
私は昨日の私より、人の傷みをわかってあげれる人間になれる。


私には、きっと


この病気が必要だったんだ。

空がすきなのはこの先もずっと

September 16 [Wed], 2015, 1:01
??


上はこの間の台風が去った後の空の写真。


こういう雲が空を立体的にしてるような日がすき。


一生のうち、空を見る回数って


自分が思ってる程多くないんじゃないかってたまに思う。


特に、この日みたいに雨上がりの空とか。


雨上がりのあの時間に、


外にいて、空を眺めていないと見れないものだから。




空は等しく皆の上にあるもの。


誰でも見上げればそこにあるもの。


誰もが手を伸ばしても届かないもの。







話は変わりますが、


写真を見返してると思うのです。


大切な仲間に恵まれてた日々のことを。


大切な人たちに


いつまでも大切だと思ってもらえる自分でいること


いつ会っても恥じない自分でいること


結局はそれが


自分の目標だったりするのかなぁ。


なんて、思う今日この頃。


うん、辛いことも多いけど


もうちっとだけ頑張ろうっと。

みんな違うんだよ、だから

August 13 [Thu], 2015, 18:11
世の中には色々な人がいる。


色々な人がいるから


色々な考えがあるし


こんなにも発展してきたのに…




会社はまるで


自力で生きていけない奴はいらない、


と言っているみたいだ。




気が強い人だけが生き残れるような環境が


本当に多様性を認める社会だろうか。


確かに動物社会では


弱肉強食かもしれないけれど


精神が強い人だけが生き残れるセカイなんて


私は絶対居たくない。




傷つきやすい人は、


感受性が豊かな人なのかもしれないし


人の傷みがわかる人なのかもしれない。


強い人は、


あまり人間関係を深く考えずに


人の気持ちを理解しない人なのかもしれない。


私は傷ついた人を見て見ぬふりをしながら


自分の仕事のことだけ考えるなんてしたくない。




誰かの為に頑張れてるって思うことが


私にとって1番のやりがいだと思うから




私は私のやりたいことをしたいなって思う


空を見るとそう思う


私の辛いところは大切なひとには隠したい

June 10 [Wed], 2015, 16:31
人生の中で


辛いこと苦しいことはそりゃもうたくさんあるでしょう


今辛いんだけど


きっと私より辛い想いしてる人はたくさんいるし


今後私の人生に今より辛いことがあるかもしれない


その道から逃げていくか


乗り越えていくか




今逃げたって いつか辛い想いするなら


今乗り越えて 次に進んだ方がいいかな!






お父さんお母さんは


きっと私より辛い想いして生きてきた


それは私にはわからない


でも 自分に子どもができたらわかるんだろう


自分が辛い想いするより


大切なひとが苦しむ方が もっと辛いんだってこと




私が辛い想いをしていたら


お父さんお母さん悲しむだろうなっていつも考える


それは私が愛されている証拠なのだと思う


親に悲しんでほしくないから
今も自分の辛いのは隠してる


昔っからこのクセは変わらない


これが私


いいんだ、これが私なんだから

幸せって、雨の降る日のことを言うのかな

June 05 [Fri], 2015, 23:27
仕事では辛いことばかり。


自分のしてることが良いことなのかもわからない毎日。


辛いなぁっていつも泣いてる。




でも


だいすきなひとがいるって幸せ。


自分が死んだ時


悲しんでくれるひとがいるってなんか幸せ。


ほんとはこんなこと考えるの良くないかもしれないけどね。


辛くて会社に出てこれなくなったとしても


心配してくれるひとがいるとしたら


それってとっても幸せじゃないかな。


梅雨生まれの私は


雨の日がちょっぴり好きなの


静かで水色な景色が落ち着くから




私、幸せだ


辛いけど励ましてくれるひとも


支えてくれるひともいるから




ひとつ 悩むとすれば


思い浮かぶ顔が今


あのひとだってことかな


どんどん 惹かれてるってことかな

卒業式

March 15 [Sun], 2015, 17:46
後輩たちの卒業式を祝うため、久々に大学に行きました。


大学時代がどれだけかけがえのない時代だったのか
改めて思い知らされた気がします。


何をするにも
常に一緒にいた仲間。


朝から夜までだいすきなひとたちとのんびり過ごした時間。


あの4年間にどれだけ戻りたくても
時間は巻き戻せないんだよね。


私は他のどの大学でもなく
あの時あの場所にいれたことを心から感謝しています。


みんなに会えて
笑って泣いてたくさんの思い出が作れて
本当に本当に良かった。


これからもずっとずっと
私の心の真ん中で
思い出は輝き続けるんだと思う。

幸せ者です

June 07 [Thu], 2012, 0:49
ありがとう。

私の周りのすべてのひとへ。

私のことを心配してくれているすべてのひとへ。

いつもお世話になっているのに

私は何も返せてません。

あなたが辛い時

私はこんな風に気にかけていないよきっと。

それでも声をかけてくれるひとがいる私は

幸せ者だ。

こころの底からそう思う。


なのに幸せな気持ちでいられないのは

私の努力が足りないからかな。

もっと我慢して笑わなきゃいけないのかな。

全部みんなに話したら

私は大切なものを失ってしまう気がして。

私の居場所

June 07 [Thu], 2012, 0:43
大好きだったサークル。

どんなに辛くても どんなに疲れてても

みんなに会いたくて行ったサークル。

たとえ自分が見たくないものを見せつけられても

それでも休まずに通ったサークル。


サークルに行かないことなんて

ありえなかったはずなのに。



涙が出るの 家に帰ってくると

私の居場所が無いように思ってしまうの

自分はなんて最低な人間なんだろうと

思わされてしまうの


だから、今は行きたくない

明日も雨が降ればいいのに。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:浜瀬 琉夏
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:6月27日
読者になる
こんにちは☆
浜瀬 琉夏(hamase ruka)といいます♪
社会人1年目・・・
辛いことも嬉しいことも
自分の心のままに綴っていきたいと思います。

記事をみてくださった誰かが
共感したりhappyな気分を見つけられますように・・・

☆好きなアーティストさん☆

BUMP OF CHICKEN
ASIAN KUNG-FU GENERATION 
UVERworld
aiko
Aqua Timez
19
いきものがかり
レミオロメン

です♪

よかったら仲良くしてください☆
2015年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像Hiro
» いつか思うのだろうか (2012年03月05日)
アイコン画像浜瀬 琉夏
» 笑顔でいたい (2012年02月26日)
アイコン画像浜瀬 琉夏
» 叶わない、今まで通り (2012年02月26日)
アイコン画像Hiro
» 笑顔でいたい (2012年02月22日)
アイコン画像Hiro
» 叶わない、今まで通り (2012年02月22日)
アイコン画像浜瀬 琉夏
» ただ ただ 悲しいんだ (2012年02月20日)
アイコン画像Hiro
» ただ ただ 悲しいんだ (2012年02月20日)
アイコン画像浜瀬 琉夏
» 出ない答 (2012年02月18日)
アイコン画像Hiro
» 出ない答 (2012年02月18日)
アイコン画像浜瀬 琉夏
» バレンタイン (2012年02月17日)
カテゴリアーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる
P R
http://yaplog.jp/little-dolphin/index1_0.rdf