モーガンと水沢

April 15 [Fri], 2016, 9:30
年間20万円超の利益をFX投資によって出すことができたなら、忘れずに確定申告するようにしましょう。その申告の時に、FX運用を行う上で必要な諸々の必要経費分はもちろん利益分からはマイナスしておけることになっています。それから、利益を上げられなかった場合であっても、とりあえず確定申告は済ませておくと、損失分を翌3年間は繰り越せることになっていますから、損が出ていても先々利益を出すつもりなら、確実に確定申告をしておく必要があるでしょう。

FXで損失しないために、暴落の危険をしっかりと考えることが大事なのです。
暴落する可能性が見られない場合でも一応はその危険を考えたトレードをしましょう。FXに確実という言葉はないので、ひょっとして、ということも考えておくことです。例えば、ドルの場合は利益を出すことが難しいですが、その代わりにリスクも少ないものなのです。
FX投資で獲得した利益には税金を納めなければならないのでしょうか?FX投資による儲けは税制上、「雑所得」扱いとなります。
一年間の雑所得の合計が20万円以下であれば、税金はかかってきません。でも、雑所得を合計して20万円を超えるときには、確定申告が必要になってきます。

税金を払わないと脱税になりますので、気に留めておいてください。
流行りのFX投資ですが、これで利益を出すことができたらそれは課税対象となりますから、うっかり税金を払い忘れることのないよう用心しておくべきです。大きな利益を狙いやすいFX投資で利益を上げ、それを申告しなかったり忘れてしまう人もいて中には、税務署から税務調査されてしまって税金を追加で支払うことになった人も存在するのです。



具体的な額として20万円より大きい利益となった時には、忘れずに確定申告を行うようにしましょう。
FX投資で得た利益は課税対象なので確定申告をしなけれればなりませんが一年間で資産を増やせなかった場合にはすることはありません。

しかし、FX投資を続けるなら、利益が出なかった際にも確定申告をしておくにこしたことはありません。確定申告を記入し提出すれば、損失の繰越控除が使用できるため、最も長くて3年間、損益を通算できます。外国為替証拠金取引が初めての人は知識も経験もないので、負けることが多々です。
FXが初めての人が負けないためには、損切りのポイントを設けておくというのが重要です。
また、1回のやりとりではなく、全体で損益を考察するようにしましょう。

9回の取引で勝ちが出ても1度のビッグな損失でプラスではなくなってしまうこともあります。

一般的な大部分のFX業者は、初心者向けあるいは自社のツール紹介も兼ねて実際の取引と同じ画面で疑似体験できるデモトレードを設置していますので、これは必ず使ってみるようにしましょう。


バーチャルトレードですからどう転んでも損が出ることはなく、なによりチャートをはじめとする業者ごとのツールの使い勝手を知ることができます。性急に手持ち金を注ぎ込んで本物のFX投資を始めてしまうのは大変無謀ですから、FX取引がどういうものかを感覚的に理解できるようになるまでバーチャルの取引をデモトレードで繰り返すのがおすすめです。さまざまな投資がありますが、そのひとつにFXがあり、FXで取引を行う上で強制ロスカットという必ず知っておかなければならないシステムがあります。これは、未決済のポジションの損失が膨らみすぎて、前もって定められた水準を超えた場合、FX業者による強制的な決済が行われるのです。

ただし、強制的なロスカットが行われる水準に近づくとそれを知らせるために事前にマージンコールが発生し、証拠金を追加で入金すれば不本意な強制ロスカットを回避することもできます。
注意点としては、強制ロスカットの基準となる証拠金維持率というものは利用するFX会社によってそれぞれ異なるので忘れてはいけません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:トモヤ
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/litnbftaesekcs/index1_0.rdf