機械化した、人間

November 21 [Mon], 2011, 0:25
なんで、いつも私は家政婦なのでしょうか
こう在りたい自分から、離れてゆく
嫌な私になっていく

最低だ

共同責任ならば、一緒に来てよ
私だけ満身創痍で行かなくちゃいけないのどうして
もう疲れたんだよ
劣等感ばかり募るから、もうやめたいんだ
なにもかも、捨てて新しく生きたいのに

アルカリ性

February 06 [Sun], 2011, 15:56
最近、はじめて過呼吸が起きて、
心臓がどくどくいってもう飛び出しそうで手足が急に冷えて汗をかいた。
呼吸をおさえないと狂ったまま倒れて意識を手放しそうになって深呼吸深呼吸。
頭からすう、と酸素と血が引いてじんと麻痺したようになる。

とにかくどくどくの心臓を抱えてタクシーに飛びこんでそのまま病院に行ってきたんだけど。

それ以来なんだかそとに出るのが怖くて、昨日も近所のコンビニに行っただけであれが蘇ってきそうになったから、あわてて帰った。血がアルカリ性になるんだって、二酸化炭素が減ってしまうと。

スーパーにも行けないよ。どうしよう。

がんばって行ってくるけど、僕は大丈夫だって。
そう言い聞かせて。

泣いていた

February 04 [Fri], 2011, 1:44
さっきはひどく声をあげて泣いていた。
こんなふうに号泣するのなんて本当に久しぶりだ。今までもほとんどなかった。
理由は、幾つかあるのだけれど、

頭も働かない、ほとんど眠って副作用に苦しんで、調子がわるい自分が6畳間にずっと彼といっしょにいることについて、こんな惨めな醜態を晒しながら恋人としてつきあっていくのはとてもとてもつらいことだったんです。まるで、動物園の檻の中のよう、見世物にされている気分で自分自身が耐えられなくて許せなかったんです。
どうしてあのすずめやカラスは自由に空を飛べるの。どうして彼らは自由なのに、僕はみんなの痛い視線を浴びてあれこれ言われなくちゃいけないの。

とても耐えきれないこの状態に、きっと心が精神が悲鳴をあげていたのでしょう。

なにもなにも出来ていない自分、なにもなにも。

やりたかったことはすべてもう水の泡です。非現実というか、今では考えられない。
人と会ったりするのも。

カウンセラーと話す2週間にいちどの時間でさえ苦痛。なにも言うことはないのに。もうなにも話すことはなくて感情も自我もむちゃくちゃに崩壊してなにがなんだかわからない。もうなにも言いたくない。

音楽も今は聞きたくない。
ハルシオン2錠のんで音楽聞いていたんだけどそれの記憶もあいまいでさっきふと思い出された。健忘っていうのだっけ、こういう副作用。

何も僕を解放してくれない。

結局は自分で行動に出なくちゃいけないんだけども、わかっているんだけど。それが出来なくて困っているんです。




仕事しなくちゃとか学校やめてうらやましいとか、何がわかるの。
働けるなら、学校だって行けたよ。うらやましいならやめればいいじゃん。
本当はこんなふうになりたくてなってるわけじゃない。本当は本当は本当はいちばんなりたくない自分がここにいる。

どうしてうまくやれなかったんだろう。もうこんな生き方は疲れた。つらい。自分が自分であることがとても疲れる。

無題

January 29 [Sat], 2011, 12:57
疲れた。
もう誰にも会いたくない。会えない。
彼を追い出してしまった。無理だと思ってしまった。

ハルシオン飲んで昼間から寝ます。
つらいからもう何も見たくないからもういやだから寝ます。

お金もないしバイトもできない着る服もない最低こんな自分にいちばんなりたくなかったはやく消え失せろ、自分。

いなくなりたい最初からいなければよかったのに生きてる理由はなに

忘れる

January 27 [Thu], 2011, 15:17
お金がない。

着る服もない。

出掛けられない。

ひとに会いたくない。

そうすればいいのかわからない。

なにも食べたくは、ないんだけどそうしよう。ああ、
















僕はだんだん壊れてゆくのがわかります。
こういう過程をたどって、おかしくなってしまうんでしょう。僕はもう生きていけないかもしれないと思う。この汚い街にきれいなアパートを借りていても、なにも変わらないんじゃないかと思う。どうでもよくて、どうしようもないので、しばらく家から出ません。誰も呼びません。約束を断るのはすごくつらいけれど電車に乗ったりひとと出会うのはもっともっと怖い。

なにも気力がわかない。

さっきまで肌を切って血を流すことしか考えていなかった。そして、剃刀を買った。
家についたらどういうわけか気分が晴れた。
でも常に罪悪感と嫌悪感で一杯なのです。

うまくいってるひと、僕の理想のことをできているひととは会いたくない。劣等感しかかんじられないから。

でもうつ病のひともいや。面倒だから。

そんな自分がいちばん病気で気がくるってるとはわかるんだけれど。
お風呂に入ってセロクエルのんで、寝よう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Saria
読者になる
なにも言えることはない
2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/lithium1000mg/index1_0.rdf