三千院 

May 05 [Thu], 2005, 18:43
5/3京都 大原野の三千院に行ってきました。とても美しい所で久々に日本の風情を体感しました。 

孤独 

March 01 [Tue], 2005, 1:58
誰しも時には感じることだと思う。
人生とはなんて孤独なんだろう。
大人になるにつれますます強く感じるようになった。
誰かと一緒にいても、いつも心のどこかに不安と寂しさが隠れている。
大声で笑っていても、同時に虚しさと冷めた自分がいる。
生きる喜びとは何なのか
人生を終えた時いったい何が残るのだろうか
私は本当にこの世に生まれてくるべき人間だったのだろうか
私の存在を必要としてくれている人がいるのか
そして、私は誰かを愛し愛されているのだろうか
生きていくこと自体が不安で、自分に自信がない

楽しいことや嬉しいことがないわけではない
しかし例えその時、瞬間的に喜びを感じたとしても 常に人生に対して否定的な私がいる
いつからこんな風になってしまったのか
もっと夢や希望を持って生きたいと思っているのに
自分の力ではどうしようもない何かがある

どうすればこの空虚な自分の心を満たすことができるのだろう

お久しぶりです ^^; 

March 01 [Tue], 2005, 1:45
12月以来ずっと日記を書くのを怠っていました。私は別に誰にも公開せず、一人で書いているだけなので書くことが面倒くさくなるとおしまいです・・
とうとう卒業試験もすべて終わってしまい、後は卒業式を迎えるのみとなりました。
無事卒業できるようなのでそのことに関しては一安心ですが、やはり寂しい
今はやるべきことが多く、感傷に浸っている暇はないはずなのに悲しくて悲しくて、この気持ちをどう表現すればよいのかわかりません。
人生先はまだまだ長いのだからもっと前向きに考えなきゃね。
頑張るっちゃ

秋の京都 

December 12 [Sun], 2004, 1:57

これも同じく友達のパクリです。
すみません・・・デジカメ持ってないんです。。
でも画像入れたいんです。。。

クロアチア 

December 12 [Sun], 2004, 1:47

友達のページから盗みました(笑)
路地裏だそうです。私はこういう感じ、結構好きです。

最後のクリスマス会 

December 09 [Thu], 2004, 23:09
4年間毎年続けてきた恒例のクリスマスパーティー
今年もやってきました!
私達の学年のピアノ科の約半数の人達で集まって食べたり飲んだりしながら、わいわい盛り上がります。
いつもは下宿してる子の家でやるのですが、今年は河原町のあるお洒落な中華のお店で開催されることに。
約\2000で好きなだけ食べ放題 とても美味しく、接客サービスもなかなかよかった
なにしろどれだけ食べても二千円だもんだから、みんなかなりの勢いで注文してました(^_^)
最後のほうはみんなだんだん何を頼んだか分からなくなってきて、それでも次から次へとでてくる料理・・まだくるんかいっ!?ってな感じでした(^_^;)
それにしてもKちゃんとSちゃんの胃はどうなっているんだろう??
特にSちゃんはこれでもか!っていうくらい食べ続けていました。(^^)
みんな本当に面白くてお腹が痛くなるくらい笑いました。

9時頃、とりあえずお店をでてその後近くでプリクラを撮りに行きました。
先ほど食べ過ぎて気分が悪くなっていたKちゃんの体調もその頃には回復し、またみんなを盛り上げてくれました。

今日はとても楽しかった!ありがとう
みんな幸せないい子達だなぁと改めて思いました。
このメンバーとももうすぐお別れだなんて信じられない気がします。
そして何よりすごく寂しいです。
これからもみんなずっと友達でいられるといいなぁって思います!
それではみなさん、素敵なクリスマスを・・・

休日 

December 04 [Sat], 2004, 15:06
今日は久しぶりに一日お休みの土曜です。
昼前から西北の美容室に行き、そのままチェンバロの練習をするため大学に行く途中、十三で初めて阪急そばを食べました。
しかも一人で…(^^)
色気はないけど、安くて速いし味もそこそこおいしくて満足◎
カットは何故かいつもそうなんですが、切ってもらった直後より2週間くらいたってきた時の方がいい感じなんです(・・;)
一度でいいから切ってもらったその時にすかっとしてみたいもんだ。
でもそこも安くていい店長さんなので、しかも日がたつにつれてカットの満足度が上昇するためついそこに行ってしまうんだな…
話は変わりますが、そろそろ大学卒業が近づいてきて、最近とてもセンチメンタルな気分です。
今までは小中高と卒業してもまだずっと学生でいられたけど、今度こそ本当に学生生活が終わってしまうんだと思うとたまらなく寂しくなります。
その時その時は嫌な事や辛いこともあったけど、こうして振り返ってみると楽しかったなぁと感傷的になると同時に、一日一日がもう二度と帰ってくることはない日々なんだって思い知らされます。
現役大学生として学校へ通える残された時間を大切に、充実した毎日が送れるようにしたいなって思います。
私は沢山の人と出会ってきて、私なりにその度に色んな事を感じたり考えたりしました。
でも今この時程、時が止まってほしいと思ったことはないような気がします。
そして同時に生きることに対する自分の執着をこんなに実感したのも初めてです。
今まで苦しんだりした時は、すべての事から逃げ出したくなったことも何度もありますが、今、私は「生きたい」って心からそう思います。
またそんな風に思えるのは私が自分一人では立っていられない時に沢山の人に助けられて支えてもらえたからなんだということ。
本当に感謝しています。

これからも素敵な出会いがたくさんあるといいな。


P.S.なんだか最初と話がずいぶんそれてしまいました…

大好きなピアニスト 

December 04 [Sat], 2004, 1:47

ペトラルカのソネット 

December 01 [Wed], 2004, 1:35
この曲は、私が大好きなリストの作品の1つです。
その音楽のもとになった詩を載せてみたいと思います。

  平和を見出せず、戦うでもなく、
  畏れ、待ち望み、燃えては氷結し、
  空高く飛ぶかと思えば、地上で凍てつく。
  内に閉じこもり、しかも世界を抱擁する。

  牢獄に入れ、開放せず、錠もかけず、
  妨げもせず、縄を解くでもなく
  愛の神は私を殺しもせず、自由にもさせず
  生かしておこうともせず、身を引かせもしない。

  眼がないのに見つめ、舌がないのに叫び
  死を望みながら助けを求める。
  自分を嫌悪しながら他人を愛している。

  苦しみを糧として、泣きながら笑い
  死も生も同じように疎ましい。
  ここまで追い込んだのは、夫人よ、あなたです。

                          (巡礼の年 第2年  「イタリア」 より)

この詩を初めて読んだ時、すごく衝撃的でした。
そして音楽も詩と一体となって、とても感情的でロマンティックなものが紡ぎだされてゆくのです。
リストって本当に愛を表現するのが上手いですよね
こんな作品を捧げられたらどんな気持ちがするんだろ〜(^_^)

保健室 

November 26 [Fri], 2004, 19:36
今日、夕方保健室に行きました。
2回目です。
大学にはいってから今まで行ったことありませんでしたが、ちょっと悩みことがあって、先先週 相談室の予約をしようと思って行ったのが初めてでした。
今日昼に相談員の先生にも色々お話を聞いて頂いたのですが、その後また 保健室の先生とお話したくなりました。
私はその保健室の先生に色々悩んでいることを聞いて頂いて、お話を聞かせてもらうととても癒されます。
やっぱりこういう事って仕事としてやっていらっしゃる方より、一人の人間として親身になって聞いてくれる人の方が安心できるのかなぁって思いました。もちろん、個人的なフィーリングが合ったということもあると思いますが・・
私も誰かが落ち込んだり悩んだりしている時、そんな風に何かほっとするような言葉がかけられるようになれたらいいなって思います。
先生、ありがとう☆
また遊びにいきます(^O^)
P R
2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:liszt-0212
読者になる
Yapme!一覧
読者になる