女性にとって最大の問題、それは静電気!美容にも良く

April 09 [Thu], 2015, 9:42
   ,バーキンバッグ;   女性にとって最大の問題、それは静電気!美容にも良くなかった・・・。

 

静電気を感じるだけでなく、栄養素も流出してしまう

 冬に静電気が発生しやすいのは、空気が乾燥しているから。

体の表面にたまっていた静電気が金属などに触れて一気に放電されることで起こる現象です。

その時、静電気帯電の状態を続けていると単に「ビリッ、バチッ」とくるだけでなく、「カルシウム・ビタミンC」などが流失しますので、健康、美容にも良くありません。

肌荒れを招いてしまう 

静電気による悪影響はビタミンCやカルシウムが流出し、肌荒れ、貧血、免疫力低下の恐れがあると言われています。

静電気の刺激によって皮膚が傷つき、炎症を引き起こす可能性がある。

皮膚が傷ついてしまうと、皮膚が本来持っているバリア機能が失われてしまう可能性があるため、肌荒れにもつながってしまう。

 静電気はヘアスタイルに影響するだけでなく、髪や頭皮にダメージを与えてしまうこ人気の財布とも。

静電気はプラスの性質があるため、マイナスとプラスがぶつかり合って髪表面のキューティクルが荒れたり損傷したりする。

キューティクルが剥がれると、髪内部のたんぱく質や水分などの栄養分が流出します。パサつきがひどくなり、絡んだりもつれたりして枝毛や切れ毛の原因になります。

静電気は花粉を引き寄せる 

最近は、花粉の飛散する季節に、静電気の力で花粉が衣服に吸い付けられることによって、花粉症の症状をより悪化させているといった現象についても注目されるようになりました。

どんなに花粉を避けたくても、外出をすればたくさんの花粉を「衣類」につけて家に持ち帰ることになってしまいます。

特に衣類がこすれあって静電気が発生すると、花粉がたっぷりと吸い寄せられ、簡単に落とし切ることはできません,エルメス財布コピー

たとえば冬に出番が増える「ウールのセーター」「フリース」は、とても危険な組み合わせ。

とくにウールのセーターと綿のシャツを比べると、セーターの方が花粉の付着量は多くなる傾向にあります。

花粉を衣類に「つけない」「持ち込まない」ポイント | Lidea(リディア) - くらしとココロに、いろどりを。

バーキン コピー 通販
家の中に「花粉」が持ち込まれる原因の1つは、衣類への付着。しかし、しっかり対策すれば、花粉の「付着」や「持ち込み」を十分に防ぐことが可能です。そこで今回は、その対策方法をご紹介します。 

静電気を貯めこまない環境・体質つくりも大切!

 静電気防止グッズはいろいろありますが、静電気を溜めこんでしまう体質や環境を改善してしまえば、「バチッ!」を怖がる必要はなくなります。

静電気が気になるという人は、肌や手などが乾燥していませんか? たとえ雨や雪の多い地方でも、暖房などで空気が乾燥している場合は、静電気が起きやすくなるので要注意です。

マイナスイオン不足を解消するには、マイナスイバーキン偽物オンを放出する加湿器を使う、ミネラルウォーターを飲む、などの方法があります。

ミネラルウォーターを飲む

 マイナスイオン不足(マイナス電気不足)を引き起こす事によって帯電体質、つまり自然放電できにくい、静電気を溜めやすい体質になってしまいます。

ミネラルウォーター(電解質飲料)はマイナスイオン摂取に最適です。ぜバーキン25ひ、定期的に飲むようにしましょう。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/lissombvqguho/index1_0.rdf